10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.11.13

フェイクニュースの温床?まとめサイトの実態

 みなさんは「まとめサイト」なるものの存在をご存知でしょうか? 巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」の各スレッドや、TwitterなどSNSに投稿されたコメントを抽出し、まとめたサイトです。

 スタッフのなかにも主にプロ野球の実況版として機能している「なんでも実況版ジュピター(通称「なんJ」)のまとめサイトの愛読者がいます。「なんJ語」と呼ばれる独特の言い回しで面白おかしく野球を語る、名もなき人たちのコメントを楽しんでいるとのこと。

 野球だけでなく芸能、政治、ペットや子育てなど、様々なジャンルのまとめサイトが数えきれないくらい多く存在しており、上記のスタッフは最近、ニュースをまとめサイト経由でチェックすることが増えましたと話していました。

無断転載のアフィリエイトサイト

 このまとめサイト、楽しいだけでなく様々なトラブルの温床となっているのも事実です。

 一つはまとめサイトがアフィリエイトサイトであること。

 アフィリエイトは、サイト内の広告を閲覧者がクリックすることで、サイト運営者が金銭を得られるというネット広告のシステム。まとめサイトの運営者はこのアフィリエイトで収入を得ているわけですが、コンテンツのほとんどは2ちゃんねるの投稿をコピペするだけ。ひと様のものを利用して収入を得ているということで、世間からの風当たりが強くなっています。

 もちろん、2ちゃんねるの投稿者たちも、アフィリエイトサイトに利用されていることを快く思っていない人が多いのです。スレッドによっては投稿者欄にわざわざ「無断転載禁止」の文字が躍る仕様になっています。

 ただ、2ちゃんねるは利用規約で、投稿の著作権は投稿者でなく2ちゃんねるに帰属するものと定めています。さらに、2ちゃんねるの創設者である西村博之氏自身がまとめサイトへの転載を容認しているため、この「無断転載禁止」は、実は法的にはあまり意味がなかったりもします(抑止力にはなっているでしょうが)。

恣意的に内容を作り替えた「フェイクニュース」に用心

 それよりも深刻な問題となっているのが、今回(2017年10月22日)の選挙でも少し話題になった「フェイクニュース」の増加です。

 まとめサイトは2ちゃんねるの投稿を拾い集めて構成されているサイトですが、全部の投稿を転載しているわけではなく、サイト運営者が「おもしろい」「必要」と感じた投稿が抽出されています。つまりそこには運営者の「編集」が介在しているわけで、片方の意見ばかりが抽出されている可能性もあるのです。

 「フェイクニュース」とは、虚偽の情報でつくられたニュースのことで、最近はフェイクニュースの作成を専門に請け負う会社まで誕生しています。日刊SPA!のインタビューに応じたフェイクニュース屋によると、2ちゃんねるに社員たちが一方の意見を書き込み、それを自社が運営するまとめサイトに掲載することもあるとのこと。編集を通り越して、もはやねつ造です。

正しい情報を常に追い求めたい

 新聞社やテレビ局が運営するサイトを閲覧するよりも手っ取り早く情報が手に入れられるまとめサイトですが、確固たるメディアリテラシーを持たず、収入や話題性だけを求めて運営されているサイトが多いのは否めません。

 現代を生きる私たちには、まとめサイトの情報を鵜呑みすることなく、常に正しい情報が何かを追い求める姿勢が求められているのです。

<参考サイト>
・netgeek:【速報】2ちゃんねる西村博之が神対応
http://netgeek.biz/archives/50874
・日刊SPA!:ネトウヨを煽って月収30万! フェイクニュース屋の儲ける手口
https://nikkan-spa.jp/1406093
(10MTV編集部)

あわせて読みたい