10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.05.28

【仕事と年収】管理栄養士(30歳女性)の場合

 「管理栄養士」は、栄養士養成施設を卒業すると資格が与えられる「栄養士」とは異なり、国家試験に合格した人に与えられる国家資格で、いわば“栄養のプロ”です。主な職場としては、大学病院や総合病院、福祉施設の他、小・中学校、給食会社などがあります。

 今回はそんな「管理栄養士」のリアルな年収とその仕事内容について、お話をうかがいました。

――――――――――

30歳「管理栄養士」の年収は…

 今回お話をうかがったのはこちらの方。

【年齢】30歳(女性)
【住まい】関東地方
【独身or既婚】独身
【職業】管理栄養士

・経歴を教えてください。
 短大卒。在学時に大学編入を目指したものの、不合格。栄養士として就職する気になれず、フリーターで、パートとアルバイトの掛け持ち後、再度、管理栄養士になることを決める。栄養士として今の会社に入社、働きながら独学で国家試験に合格した。勤務6年目。

・年収/月収/賞与を教えてください。
 年収342万円/月収19万/賞与(年2回)114万

・貯蓄額はおいくらですか?
 200万円。

・年間休日は?
 126日。

仕事の内容は?残業はどれぐらい?

 大手企業工場内の社員食堂勤務。(委託会社。委託と言っても大手企業の子会社のため、勤務地は変わらない。)仕事は、献立作成・栄養計算・発注・衛生管理・調理、食堂内の掲示物作成と情報発信、喫食者へのアンケート配布及びデータ集計。工場内の食堂だったため、ISO関連資料作成や小集団活動といったことも行う。

 誰かが休むと調理作業をカバーしないといけないため、栄養士の仕事は残業で行うことが多い。小学校の卒業式がある時期はパートさんの休みが重なるので、手間のかからないメニューに変更するといった配慮もする。

 また、社内のパーティーも請け負っているため、3,4月や9,10月の異動がある時期はその需要が高く、帰りが22時を過ぎることも増える。

 残業は平均で繁忙期は30時間、普段は10~20時間。残業代、資格手当(5千円/月)がつく。

この仕事の良い点は?

・自分の好きなメニューを献立に組み込むことができる。
・新しいメニューも自分で好きなように配合できる。
・作ったものを「美味しかった」と喫食者に言われると、やりがいを感じる。
・管理栄養士は1人の職場のため、仕事量を調節しやすい。
・基本、8時~17時勤務で勤務が楽。時期によっては定時退社も可能。
・土日休み、年末年始・GW・夏季は各9日程休みになる。

 私は食の情報発信も行いたかったため、上司や関係部署の協力を得て、色々な資料作成し、情報を発信することができるのは良かった。

この仕事の悪い点は?

・限られた時間、限られた人数でお昼までに食事の準備を間に合わせるため、緊張感がある。自分が立てた献立の組み合わせが悪いと、作業の効率が悪く、皆に迷惑がかかる。

・仕事量が多い。調理師は調理と片付けをすれば終了だけど、栄養士はそのあとに事務処理や先の献立作成等があるので大変。

・一方で調理をしないと、周りから文句を言われてしまう。実際に他の工場では、管理栄養士が全く調理を手伝わず、不満が出ているという話を聞いた。年上の調理師とは相談しつつ仲良くなって、こちらの状況も分かってもらう必要がある。

・体力勝負。重いものを持ったりするので、疲れる。私は会社で2度ぎっくり腰になり、うち1回は立てなくなるほどの重症だった。それでも栄養士の仕事ができる人はいないので、会社にいかなくてはいけなかった。

・管理栄養士の仕事の中でも、社員食堂が一番働きやすいと思う。保育園や小学校はアレルギー対策、病院や老人福祉施設などは病気の対策が細かくあり、交代勤務も多い。

・栄養に関する最新情報は自分から取りにいかないといけない。食堂は他と関わることが少なく、隔離された空間で働くので、知識も古いままになってしまう。

・管理栄養士といっても勤務場所(病院や学校など)によって必要な知識は違うため、職域の違うところに転職する場合は一から勉強が必要。病院を希望しているのなら、始めから病院に勤務して経験を積むと良い。途中から病院で働きたいと思っても、経験者を求めているので採用されるのは厳しい。

――――――――――

 なお、国税庁の民間給与実態統計調査によると、30~34歳女性の平均年収は315万円となっていますが、今回お話を伺った30歳女性の年収は342万円と平均以上の額でした。なかなか知ることのできない「管理栄養士」のお仕事、少しはご理解いただけたでしょうか?

<参考サイト>
・国税庁HP「民間給与実態統計調査」より
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf
(10MTV編集部)