10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.06.18

便秘や美容にも!キウイの驚異的な力

 健康や美容のため、生活にフルーツを取り入れている人も多いでしょう。しかし実は、日本の果物消費量は世界的にも最低水準だということをご存じですか?農林水産省の資料によると日本人の果物摂取量は世界 174ヶ国中 129位とのこと。

 そんな中で、じわじわと人気を集めているのがキウイフルーツです。実はこのキウイフルーツ、美容や健康にも良い効果のあるスーパーフルーツだということを知っていましたか?

キウイは栄養満点なフルーツ

 100gあたりの栄養素をスコア化した「栄養充足率」を見てみると、キウイは主要フルーツの中でトップクラスのスコアを誇っています。他の果物と比べてみると、緑のキウイにはバナナ3本分の食物繊維、オレンジ2個分のカリウムが含まれていて、黄色のキウイにはレモン8個分のビタミン、リンゴ7個分のビタミンEが含まれています(可食部100gあたり)。キウイは生の状態ですぐ食べることができて、1個食べるだけで多くの栄養を一緒に摂れるため、まさにスーパーフルーツと呼べる果物なのです。

 キウイには、美容や健康の悩みを改善してくれる効果もあります。緑のキウイ、黄色のキウイそれぞれの特性別に紹介しましょう。

緑のキウイでお通じの悩みを解決!

 緑のキウイには1個(可食部100gあたり)で約3gと、バナナ3本分の豊富な食物繊維が含まれているのが特徴です。食物繊維には便のカサを増して腸を動かす不溶性食物繊維、便を柔らかくして排泄しやすくする水溶性食物繊維の2種類がありますが、キウイにはそのどちらもがバランスよく含まれているので、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

 また、腸内環境を整えることはお通じを改善するだけでなく、免疫力の向上にも効果があるといわれています。これは免疫に関わる細胞や抗体の半分は腸内に存在するため。腸内環境を整えるとお通じが改善されるだけでなく、風邪やインフルエンザ予防にもつながるのです。

黄色のキウイは肌や体の不調に

 黄色のキウイに多く含まれるビタミンCやビタミンEは、美容や健康には欠かせない栄養素です。ビタミンCは美肌には欠かせないコラーゲンの生成、活性酸素の抑制、免疫のキープなどさまざまな役割があり、肌や体の不調に効果が期待できます。一方で、ビタミンEは抗酸化作用が強いので、ビタミンCと摂取することで相互作用により抗酸化力がアップするといわれています。

 ビタミンCは成人で1日100mg摂取することが推奨されていますが、黄色のキウイに含まれるビタミンCはなんと161mg(可食部100gあたり)と、キウイ1個で事足りてしまうのです。しかもビタミンCは過剰摂取しても体内に排出されてしまうため摂り過ぎは問題ないのですが、蓄積することができません。そのため、毎日摂取するのに黄色のキウイはうってつけの食材といえます。

美味しいキウイの選び方

 美味しいキウイを選ぶときのポイントは「きちんと熟しているもの」を選ぶこと。表面に傷がついていたり痛んでいるもの、柔らかくなりすぎているものは避けるのがベターでしょう。熟しているかを確認するのは腹の部分ではなく、最後に熟す中央部の白い部分。頭とおしりの軸を挟むように持ってほどよい弾力があれば、中心部の白い部分までしっかり熟していることが分かります。

 キウイなら生のまま手軽に食べられるので、毎日1個食べるのはあまりハードルが高くないように感じますよね。健康や美容が気になる方、毎日の習慣にキウイ1個を加えてみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
・農林水産省:果物の需要と消費をめぐる現状
http://www.maff.go.jp/j/seisan/engei/ryutu_kako/pdf/siryou4.pdf
(10MTV編集部)

あわせて読みたい