テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.06.22

素足の季節!かかとの悩みの解決法は?

 素足で過ごす日が多くなるこの季節。かかとのひび割れやガサガサが気になる方も多いのではないでしょうか。人目が気になる夏に向けて、正しいケアを確認しておきましょう。

かかとが荒れる原因1)乾燥&刺激

 皮膚の一番外側には、角質と呼ばれる層があります。角質は皮膚を保護する役目があり、古くなると垢となってはがれ落ちて、その下から新しい角質が表に現れます。これが肌の新陳代謝(ターンオーバー)と呼ばれるものです。

 歩行などの摩擦により常に刺激を受けているかかとは、刺激をやわらげようとして角質が固く、厚くなります。かかとのひび割れのほとんどは、この角質が重なり続け、分厚くなる「角化症」の進行が原因です。角質が厚くなりすぎてしまうと、水分が行きわたりづらくなり、乾燥してひび割れてしまうのです。

 冬場はもとより、素足でかかとを痛めやすいこの季節では、乾燥対策プラス刺激による角化症対策が必須といえるでしょう。

かかとが荒れる原因2)栄養不足

 肌の保護に必要な栄養素、特にビタミンや亜鉛の不足も、かかとが荒れる一因です。偏った食事や生活の乱れが、ガチガチかかととなって表れているかもしれません。

かかとが荒れる原因3)水虫などの雑菌

 水虫など、雑菌による疾患によってかかとが荒れることがあります。水虫にかかったかかとはプツプツと斑点状に皮がめくれたり、白く粉を吹いたりして、通常のケアでは治すことが難しくなります。しかも足の指の水虫と違って、かかと水虫はかゆみなどの自覚症状がないため、荒れていても「乾燥のせいだ」と思う人がほとんど。

 乾燥対策をしてもなかなか改善しない、という人は、感染を疑ったほうがよいかもしれません。

これで安心!かかとのケア

 では荒れてしまったかかとは、どのように改善をすればよいでしょうか。各症状によるかかとの改善方法、そして日頃のケアについてご紹介します。

<角質が厚くなっている場合>

1)適度に角質を落とす

 まずは重なった古い角質を取り除くため、肌を温めてやわらかくしましょう。お風呂上がり、足湯の後などが効果的です。ただしお湯が熱いと肌が乾燥しやすくなるので、ぬるま湯で入るのがベター。

 角質を落とす時は、しっかり水気をふきとってから行います。一般的にはかかと専用のヤスリやスクラブを使うといった方法がありますが、やりすぎると肌を傷つけ、さらに角質が厚くなることも。週一程度を目安に、できれば専門家のアドバイスを参考にして行いましょう。

2)保湿をする

 角質を落としたら、保湿をして乾燥を防ぎましょう。保湿クリームを塗る、オイルマッサージをするなどの方法があります。

 クリームの成分をより浸透させやすくするため、クリームを塗る前に、化粧水をしみこませたコットンなどをあてて保湿をしましょう。現在は様々なかかと用のクリームが販売されていますが、ワセリンでもOKです。

 クリームを塗布したあとは、靴下をはいて乾燥を防ぎます。ただし長時間保湿を続けると、ふやけて肌のバリア機能が弱まってしまいます。履く靴下は、通気性のよいものを選ぶとよいでしょう。

3)栄養を補う

 栄養不足によるかかとのガサガサには、食生活を見直すことが必要です。特にレバーやチーズに含まれるビタミンD、ナッツ類に含まれるビタミンE、カキやシジミなどから取れる亜鉛を中心に補いましょう。食事からが難しい場合は、サプリを利用するのも手です。

<雑菌によってかかとが荒れている場合>

1)市販薬を使う

 保湿を行ってもガサガサやひび割れが改善しない場合、かかと水虫の可能性が考えられますので、市販の塗り薬を使ってみましょう。ただし効果が現れるまで数ヶ月かかる場合があります。

2)皮膚科を受診する

 実際のところ、一目でひび割れの原因を特定するのは難しいものです。誤った判断から放っておくと足の指や爪に感染し、足裏全体のトラブルになりかねません。乾燥によるひび割れか雑菌の感染か、自分で判断しづらい場合は皮膚科を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。 

日頃のケアで、ツルツルかかとを目指そう

 以上、かかとの悩みの解決法について解説しました。

 深刻な状況になる前に、予防するのが一番。自分に合った靴を選ぶ、素足は控える、部屋ではスリッパやルームシューズを履くなど、普段からかかとへの負担を最小限にすることが大切です。

 おしゃれも健康も足下から。しっかりとかかとケアして、今年2018年もさわやかな毎日を過ごしましょうね!

<参考サイト>
・エーザイ:角化症とは
http://www.eisai.jp/diseases-and-symptoms/detail/pbaid_3_nodeid_266_faqid_261_detail.html
・肌らぶ:かかとがひび割れる原因は2つ!今すぐ試してほしい対策!
https://hadalove.jp/cracks-in-the-heel-106101
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本企業の弱点と人材不足の克服へ(1)膠着する日本経済の深層

日本経済はこの20~30年行き詰まりの状態にある。理由としては、会社の多角化によって生まれた各事業部の規模が小さすぎることが挙げられる。また、「技術があればいい」というマーケット軽視の姿勢も理由の一つだ。日本と業態...
収録日:2020/10/28
追加日:2020/12/27
西山圭太
東京大学未来ビジョン研究センター客員教授
2

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

地政学入門 歴史と理論編(5)地政学理論の先駆者たち

地政学の理論は、歴史的な事象の読み解きを可能にするだけでなく、同時代的な軍事的動向にも影響を与えていた。今回はその先駆的な提唱者として、アルフレッド・マハン、フリードリッヒ・ラッツェル、ハルフォード・マッキンダ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/28
小原雅博
東京大学名誉教授
3

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
4

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
5

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

石田梅岩の心学に学ぶ(8)鈴木正三『万民徳用』を読む(下)

江戸初期の商人は利を求めるのに忙しく、信心と離れた存在だと自らを卑下していたようだ。鈴木正三は『万民徳用』の「商人日用」において、彼らに対し、利益を追求するには「身命を賭して、天道に抛(なげうっ)て、一筋に正直...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/27
田口佳史
東洋思想研究家