テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.01.13

地元とどう違う?上京して感じた東京と地方の差

 2度目のオリンピックも控えている日本の首都、東京。都知事は「都民ファースト」の政策を掲げていますが、国内全体レベルで見れば、官公庁機能や人口の一極集中も問題となっています。

 そんな東京都は2018年11月、「都民生活に関する世論調査」(平成30年7月実地)のアンケート結果を発表しました。名前の通り、東京都民に向けられたアンケートですが、今後も東京に住みたいと答えた人は回答の約8割を占めています。東京暮らしのメリット・デメリット、地方との差はどんなところにあるのでしょう。東京都外出身の都民の声を拾ってみました。

その1「公共の交通機関が便利」

「電車・バスがとにかく便利です。本数はやたら多いし、乗りそびれても次を待てば良いし。地元は乗り逃すと次まで30分は待たないといけなかった(27歳公務員)」
「通勤ラッシュに唖然。大柄な自分が人混みに押し上げられて、一駅間まったく床に足がつかなかったことも……(42歳会社員)」

 車を持っていない都民が少なからずいることに納得したという意見が多く寄せられました。それなりに大きい駅からは羽田や成田に直行するバスも出ているので移動手段には事欠かないのは確かですね。「都民生活に関する世論調査」の「東京に今後も住みたい理由」の第1位に交通網の発達があげられていました。

 一方で、通勤ラッシュや悪天候への弱さ、トラブル発生となると駅構内に溢れかえる人の群れに思わず天井を仰いだという声も届いています。在京10年以上でも未だに東京駅や新宿・渋谷駅の中で迷子になるという人も多いようです。

その2「やっぱり人が多い」

「駅前にとにかく人が多い。私の地元は県庁所在地だけど、夜間はひっそりしている(33歳会社員)」
「子供がたくさんいる。上京したら公園にも図書館にも子供がたくさんいて驚いた、少子化は地方の方が顕著(70歳無職)」
「婚活サイトの登録者数がぜんぜん違う。東京で仕事辞めて地元に帰ってきたら、同じサイトを同条件で使っているのに該当する候補数が3分の1になった……(31歳SE)」

 上述の通勤ラッシュにも通ずるものがありますね。良くも悪くも人が多いのが東京らしさと言えるようでしょう。子供の数は出身地によっては、むしろ東京は少なく感じるという印象を持つ方もいましたので、地方差があるようです。

 コメントをしてくれた方はいずれも知名度のある街の出身ですが、それでも人の多さに驚かれる傾向にあります。人口密度の高さは悩みどころでもあり、「東京に今後は住みたくない」と回答した理由の第2位が「人や車が多すぎる」でした。

その3「都民は冷たくて地元愛が希薄?」

「男の人が(他人の)子供にも優しいのに驚きました。地元だと子供が公園ではしゃいでいるだけで怒鳴られるとかあったり……(44歳主婦)」
「東京の人は冷たいっていうよりドライ(19歳大学生)」
「東京生まれ東京育ちなのに都内の名所に関心がない人が多い。六本木ヒルズもジブリ美術館もスカイツリーも行ったことないって、もったいなさすぎでしょ!(26歳OL)」
「方言あって羨ましいって言われて複雑な気分(20歳大学生)」

 東京の人は冷たいと定型文のように語られがちですが、これは良くも悪くもと意見が分かれました。地方のしがらみから逃れてきた人々の住まう場所が東京、なんて回答をしてくれた方もいましたが、案外的を得ているのかもしれません。

その4「都会の中の自然にビックリ」

「ゴキブリがでかい……(27歳会社員)」
「蝉の鳴き声が地元と違う!(30歳保育士)」
「都会の中にタヌキorハクビシンorスッポンが棲息していてビックリ(複数の方)」

 想像していたよりも緑が多いという意見も寄せられました。公園を作る、緑地政策の推進も積極的なのでその効果が出ているということでしょうか。棲息地域が狭められて街中で暮らさなければならない野生動物がいること、逃げ出した食材、ペット動物の繁殖は望ましいことではありませんが、意外と目にする機会は多いですよね。

 また、北国出身の方にゴキブリのサイズは脅威的なようです。人生で初めて殺虫スプレーを買ったきっかけは上京だったという声もありました。関西圏出身の方からは、蝉の種類が違うとの指摘も。身近な動植物だからこそ違いに気がつきやすいのかもしれません。

 江戸時代から、東京は上京民が圧倒的に割合を占める町でした。所変われば品変わるとはよく言ったもので、積もった雪を見物しようと船を出している江戸っ子を、雪国出身の人らは何が面白いのかと首を傾げていたそうです。上京してきた人々がカルチャーショックを受けるのは今も昔も変わらないのでしょう。

<参考サイト>
・『「都民生活に関する世論調査」結果』東京都
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/11/27/01.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

急成長するインドネシアとトルコ、その理由と歴史的背景

急成長するインドネシアとトルコ、その理由と歴史的背景

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(3)インドネシアの成長とトルコの外交力

グローバル・サウスの中でも高度経済成長を遂げているのがインドネシアだ。長期のスカルノ時代とスハルト時代を経てその後に民主化が進んだ、東南アジアで最大のイスラム教国である。また、トルコは多国間に接する地理的特性と...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/17
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
2

多神教の日本と民主主義…議論の強化と予備選挙の導入を

多神教の日本と民主主義…議論の強化と予備選挙の導入を

民主主義の本質(4)日本の民主主義をいかに強化するか

民主主義の発展において、キリスト教のような一神教的な宗教の営みがその礎にあった。では、そうした宗教的背景をもたない日本で、民主主義を育てるにはどうしたらいいのか。人数が多ければ正しいというのは「ポピュリズム」の...
収録日:2024/02/05
追加日:2024/04/16
橋爪大三郎
社会学者
3

26歳で老中首座…阿部正弘が幕末の動乱期に担った使命とは

26歳で老中首座…阿部正弘が幕末の動乱期に担った使命とは

徳川将軍と江戸幕府~阿部正弘編(1)若き老中首座・阿部正弘の使命

阿部正弘は幕末の若き老中首座として、徳川家斉・徳川家慶・徳川家定の時代を支えた。黒船で泰平を揺るがしたペリーが再来し、日米和親条約が結ばれ、鎖国政策は終わりを告げる。近代日本への舵取りを果たしたと評価される阿部...
収録日:2021/03/29
追加日:2024/03/09
4

きわめて特異的な「ウイルスと宿主の関係」

きわめて特異的な「ウイルスと宿主の関係」

ウイルスの話~その本質と特性(1)生物なのか、そうではないのか

ウイルスとはいったい何なのか。彼らは生物とは異なり、自分でエネルギーを生み出して生存するわけではなく、遺伝情報のみを持ち、他の生物の機能を利用して自らを複製している。そうした「ウイルスと宿主の関係」はきわめて特...
収録日:2020/02/17
追加日:2020/03/12
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
5

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

チームパフォーマンスを高める心理的安全性(1)心理的安全性が注目される理由

「心理的安全性」は近年もっとも注目されるビジネスバズワードの一つともいわれている。その背景には、コロナ禍におけるリモートワークの増大、社会全体が未来予測の難しい「VUCAの時代」に入ったことがある。職場環境が多様に...
収録日:2022/04/26
追加日:2022/07/23
青島未佳
一般社団法人チーム力開発研究所 理事