テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.05.25

夫の年収1000万超でも不満?妻の「ホンネ」

 女性が結婚相手に求める年収、かつては最低600万円なんて言われていましたが、今では400万円あれば大丈夫、とラインが下がっているという説もあります。では、いざ結婚をした女性たちは夫の年収に満足しているのか、それともいないのか。生々しい調査結果が明らかになりました。

稼いでも稼いでも…夫はつらいよ

 与信管理に関するコンサルティング事業などを手掛けるリスクモンスター社が行った「離婚したくなる亭主の仕事」は、20歳から49歳の既婚女性600人を対象に、夫の仕事に対する不満の有無を調査したものです。夫の給料が低いと感じている女性はなんと全体の73.5%で、年収が上がるにつれ不満を抱く割合が下がる傾向はあるのですが、一部で逆転現象が起こるのが面白いところ。例えば年収800~1000万円は33.3%と調査全体で最も低い割合ですが、1000~1500万円、1500万円超だと50%に跳ね上がるのです。

 平成29年の民間給与実態統計調査によると、年収1000万円超の男性はわずか6.2%。それだけ限られた上位層にも関わらず、妻からは給料が低いと感じられてしまうなんて、夫が求められるハードルは高いですね。中でも1500万円超の層は「残業が多い」と感じている妻が100%で、高給取りにも関わらず「転職して欲しい」という割合が40%に達していたため、額面の給料は高くても激務過ぎるという考えがあるのかもしれません。

 さらに妻が不満を感じるポイントのトップ3は上から「給料が低い」「残業が多い」「休みが少ない」。給料が最大の理由ではありますが、次いでワークライフバランスも妻が不満を抱く大きな要因になっていることがわかりました。

結婚前は500万円台でいいと言っていたのに

 一方で結婚願望のある20~39歳の未婚男女を対象にした「イマドキ男女の結婚観」によると、女性が結婚相手に求める年収の平均は546.6万円。アンケート対象が異なるため単純に比較できるわけではありませんが、結婚前と結婚後では随分求める基準が変わってしまうものですね。

 「離婚したくなる亭主の仕事」と反する「結婚した男性の職業」というランキングも見てみましょう。マイナビウーマンが行った調査によると、1位が公務員、2位が会社員・サラリーマン、3位が医師という結果でした。会社員・サラリーマンは幅が広すぎてイメージがつかみにくいですが、公務員と合わせて考えると安定した職業が人気ということでしょうか。3位の医師は高給取りという点では申し分ないですが、激務の傾向もありますので、結婚後に妻が不満を抱くパターンかもしれません。

 未婚男性にとっても既婚男性にとってもなかなか世知辛い調査結果だったでしょうか?1500万円以上稼いでも2人に1人の妻が不満を抱くということを考えると、稼いでも稼いでも妻の不満は解消され難いわけです。となると、お金以外の部分で不満の芽を摘むことが肝心とも言えるかもしれませんね。

<参考サイト>
・リスクモンスター 第6回「離婚したくなる亭主の仕事」調査
https://www.riskmonster.co.jp/press/pdf/20190327_rismon_survey.pdf
・平成29年分 民間給与実態統計調査
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/pdf/000.pdf
・イマドキ男女の結婚観 | イマドキ男女の結婚観に関する調査2017 | メディケア生命保険
https://www.medicarelife.com/research/021/01/
・結婚したい職業ランキング~男性・女性別~|「マイナビウーマン」
https://woman.mynavi.jp/article/170426-15/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授