10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.05.29

化粧ノリが変わる!メイクブラシのすすめ

 朝のメイクがうまくいくかどうかは、女性にとっては一日の気分を左右する大事な問題。しかし、「メイクの仕上がりがなんだかいまいち決まらない…」そう感じることがある人も多いはず。

 そんな方にオススメしたいアイテムが「メイクブラシ」。使うか使わないかで仕上がりは大きく変わるため、多くのプロも使用しているアイテムなのです。今回はそのメイクブラシについて調べてみました。

なぜメイクブラシがいいの?

 そもそもメイクブラシとは、基本的にパウダータイプの化粧品を使うときに用いるアイテム。

 メイクブラシを使うことで「手が汚れない」「厚塗りを防げる」というメリットもありますが、プロの視点から見れば「肌の細かい凹凸にもフィットするのでメイクが崩れにくくなる」「光をキレイに反射するので理想のツヤ肌になれる」というメリットも。同じ化粧品を使っていても、メイクブラシを使うかどうかで仕上がりは大きく変わってくるといいます。

メイクブラシの選び方

 一言でメイクブラシといっても、用途によって筆の太さも形も素材もさまざま。

 ファンデーションは太い筆を使いますが、パウダータイプなら毛先がそろったフラットタイプがオススメですし、リキッドタイプならコシがあって先端が薄くなったブラシが良いでしょう。メイクブラシを使うことで厚塗り感のない、ナチュラルな肌に仕上がります。

 チークで使うメイクブラシの定番の形は丸平型のものが定番で、なりたい印象や輪郭の形によって選ぶのも良いでしょう。丸形のブラシでかわいさを演出したり、斜めカットのブラシでシャープなチークを演出したりもできます。

 その他にもアイシャドウ、リップなどでも細めのメイクブラシを使うこともあります。アイシャドウはもともとブラシがついている場合もありますが、リップでブラシを使うと輪郭をはっきりと描くことができるのでオススメです。

 メイクブラシを買ったことのない人は「何を買えば良いか分からない」と不安になるかもしれませんが、メイクブラシがバラでもセットでも発売されています。まずは6本程度あれば充分なので、最低限の本数のセットからチャレンジしてみるのも良いでしょう。

使用する上で気を付けたいこと

 メイクブラシを使う上で気を付けたいことは「毎日お手入れをすること」。

 長く使えるのがメイクブラシのいいところなので、使ったあとには必ずブラシをキレイにするのを忘れないようにしましょう。洗うのをサボっていると雑菌が繁殖して肌荒れの原因になってしまうことも。洗うのが面倒くさい、という人にはお手入れが簡単なシリコン素材のメイクブラシもオススメです。

いつものメイクをワンランク上に!

 使うだけで仕上がりがガラリと変わるメイクブラシ。プチプラからデパコスまでさまざまなお店でメイクブラシセットや単体で販売しているので、「なんとなくうまく決まらない」「化粧のときに手を汚したくない」「崩れにくいメイクをしたい」と思ったことのある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい