テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.08.19

病気リスクがわかる?気軽にできる遺伝子検査

 「遺伝子検査」という言葉にはどんなイメージがありますか?親子関係を証明するものであったり、病気の早期発見を目的としたものなどいろいろありますが、何だか大がかりな検査をされそう、お金がかかりそう、と感じる方も多いのではないでしょうか?そうした印象とは裏腹に、最近では自宅でお手軽にできる検査が広まりつつあります。

病気のリスクや性格までDeNAで診断

 例えばDeNAが手掛ける「MYCODE」。価格は9800円から33800円で、レポートの項目数によって分けられています。最上位のプランだと病気の発症リスクや体質など280項目の調査結果を見ることができます。検査方法も唾液を採取してキットを送るだけ、とシンプルです。MYCODEと並びこの業界では大手のGeneLifeは3980円から29800円と価格帯が広く、これまでに約75万人の解析を行ったとうたっています。こちらも唾液で調べる方式で、病気のリスクを調べるプラン以外に性格やルーツを診断するという商品もあります。ダイエットに特化した遺伝子博士という商品もあります。遺伝的体質から、適した食生活や運動・生活改善を勧めてくれるというもので、太りやすい食べ物やおすすめの食べ順、太り方の特徴も指南してくれるのだとか。一点特化のサービスにしている分、7800円と上記2社の上位プランより価格を抑えています。

 実はこの業界で“老舗”とも言えるのはサプリメントでも知られるDHC。他はここ数年内に始まったサービスが多いのですが、DHCは2008年からスタート。MYCODEやGeneLifeと同じく体質の傾向や病気のリスクを調べられるキットの他、美肌対策キットなども用意しています。診断結果に合わせたサプリメントを勧める、というのもユーザーへ価値を提案しやすい事業体と言えるでしょう。4年ほど前の調査になりますが、経済産業省の「遺伝子解析ビジネス等に関する調査事業」によると、遺伝子検査を扱う事業者は369社にも上るそうです。

2社受けてみたら結果が真逆に?

 遺伝子検査をしたことがある、という人はまだ限られていますが、将来的にはこうした検査結果を元に予防医学に役立てることが当たり前になっていくかもしれません。一方で、精度という面ではまだまだ改善の余地がありそうです。医師の中山祐次郎氏が2社の検査を受けてみたところ、検査結果が真逆だった病気が複数個あったといいます。どちらかが正しいのか、両方とも正しくないのかはわかりませんが、使う業者によって結果が違うのでは、どこを使えばいいのかわからなくなってしまいますよね。
 
 サンプルが増えるにつれ精度も上がってくる可能性は十分ありますが、現在は玉石混交の期間とも言えるでしょう。科学的エビデンスに基づいた検査が確立されるのを待つか、検査を受けるとしてもあくまで参考として結果を受け止めるか、としておいた方が精神衛生上良いのかもしれませんね。

<参考サイト>
遺伝子検査・DNA検査のMYCODE(マイコード)
https://mycode.jp/
遺伝子検査のジーンライフ
https://genelife.jp/
遺伝子博士
http://dr-gene.jp/diet/
・DHC 遺伝子検査10周年記念サイト|遺伝子検査ならDHC
https://top.dhc.co.jp/shop/idenshi/10th/
遺伝子検査の将来は~医師が受けて感じたメリット・デメリット(中山祐次郎) - 個人 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20161202-00061050/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(6)スタートアップ成功の秘訣:後編

世界を変える革新的なプロダクトは、一人の天才的な経営者が生み出しているように思われがちだが、実際にはそうした経営者を支える仲間がいるケースがほとんどだという。前回は、「スタートアップ成功の秘訣」の前編として、ア...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/24
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
2

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
3

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(8)日本の新しい平和戦略

日本は戦後70年以上、日米安保の下で経済活動だけに注力してきた。そして1人当たりのGDPではアメリカと肩を並べるほどに急成長したものの、この「軽武装・経済優先主義」の代償として国民の安全保障への意識低下を招いた。だが...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/05/22
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
4

勇気とは先天的か後天的か?西洋古典が答える大事な問い

勇気とは先天的か後天的か?西洋古典が答える大事な問い

運と歴史~人は運で決まるか(6)運と知はどちらが勝っているのか

古代ギリシアには、道徳を表す「アレテー」と運や運命を表す「テュケー」という言葉がある。それぞれ東洋における「仁」と「運」に近い言葉だが、ここで一つの疑問が出てくる。それは当時から西洋の人びとを悩ませてきた、「運...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/05/23
山内昌之
東京大学名誉教授
5

隠れている好奇心をあぶり出す癖をつけるのが教養の第一歩

隠れている好奇心をあぶり出す癖をつけるのが教養の第一歩

いま求められる「教養」とは(2)教養と好奇心

教養を身に付けるには、「正解のない問いを考えて答えを見つけていく」こととともに、「相手の立場になってものを考える」ことが重要だと第1話で話された柳川範之氏。そこで大事なのは好奇心だが、「みんな、好奇心の芽を摘まれ...
収録日:2019/07/10
追加日:2019/09/16