テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.10.05

上場企業1,841社の「平均年収」とは?

 2018年決算の上場企業平均年間給与額が、東京商工リサーチから発表されています。2591社の平均年間給与は606万2,000円(中央値593万5,000円)で、前年より7万円(1.1%)増加。民間企業平均の432万2,000円(国税庁調べ。平成29年分)と、2017年の段階で167万円の差があります。

8年連続増加の好成績だが、格差は広がる?

 実際、上場企業の平均年間給与は、2011年以来8年連続で伸びつづけています。業績好調を背景に、上場企業の平均年間給与は上昇をたどっているものの、中小企業は人材確保による人件費アップを避けられず、規模による収益格差は広がっていると、東京商工リサーチでは分析しています。

2011年 563.7万円
2012年 570.1万円
2013年 571.6万円
2014年 579.1万円
2015年 589.3万円
2016年 595.5万円
2017年 599.2万円
2018年 606.2万円

 経団連の集計によると、今春の大手企業(売上高500億円以上の東証1部114社)の賃上げ率は2.43%で、6年連続の2%超。景気回復とともに政府の賃上げ要請を受けての実績ですが、3年ぶりに前年を下回ったことにも注目。足元では景気の先行き不透明感が強まっており、賃金引き上げに慎重な企業もありました。

業種別で、やっぱり強い/弱いのは?

 業種別にみると、建設業(718.7万円、前年比1.6%増)が4年連続でトップ、また不動産業(696.4万円)も大きく持ち直しています。人手不足を踏まえて人材確保のため、多くの業種で待遇改善が進んでいるのも、昨年度の特徴でした。

<業種/平均年間給与/前年比>
建設業/718.7万円/1.6%
水産・農林・鉱業/693.6万円/▼0.14%
金融・保険業/692.7万円/▼0.19%
不動産業/696.4万円/3.1%
電気・ガス業/672.5万円/▼0.12%
運輸・情報通信業/659.5万円/0.7%
卸売業/623.5万円/0.18%
製造業/629.2万円/1.1%
サービス業/540.5万円/0.28%
小売業/473.8万円/0.5%

 伸び率の最高は、唯一3%台の増収となった不動産業。民放ドラマでも描かれたように女性が増えて、以前よりもソフトなイメージになったのが幸いしたか、都市部を中心に活発な市況が業績に反映したものです。

 卸売業(1.8%増)、建設業(1.6%増)、製造業(1.1%増)も好調。10業種中マイナス成長となったのは、金融・保険業(▼0.19%)、水産・農林・鉱業(▼0.14%)、電気・ガス業(▼0.12%)の3業種のみ。減少率の最も高い金融・保険業は2年連続で前年を下回り、金融機関の収益環境の深刻さを浮き彫りにしています。

グローバル企業と純国産企業が肩を並べる?

 個別企業の平均年間給与トップは、GCA(株)の2,063.3万円。日米欧をまたぐグローバルM&Aのアドバイザリー・ファームですが、前年の1,559万円より大幅に増加し、唯一2,000万円台の数字を出しました。ベスト10では、不動産業や大手総合商社の躍進が目立ちます。

<会社名/平均年間給与/業種/所在地>
GCA/2,063.3万円/サービス業/東京都
ヒューリック/1,636万円/不動産業/東京都
三菱商事/1,540.9万円/卸売業/東京都
伊藤忠商事/1,460.9万円/卸売業/東京都
三井物産/1,419.9万円/卸売業/東京都
日本商業開発/1,368.5万円/不動産業/大阪府
ファナック/1,347.4万円/製造業/山梨県
丸紅/1,322万円/卸売業/東京都
日本M&Aセンター/1,319.5万円/サービス業/東京都
住友商事/1,304.1万円/卸売業/東京都

 ベスト10が民間平均の3倍以上の年収を確保しているのは例年通り。そんなうらやましい上位グループのうち、地方に本社を置く企業として、不動産業の日本商業開発が顔を出してきました。独自の不動産投資手法「JINUSHIビジネス」を基本戦略に、大阪から海外(米国)展開もスタートしています。また、製造業で唯一、しかも連続でランクインしているのが山梨県のファナック(株)。工場自動化設備に特化したメーカーとして、工作機械や産業用ロボットで世界をリードしています。本社・研究所・工場などの設備を富士山直下に置いていることでも有名です。

 令和改元で景気復活を願う層と、いよいよ曲がり角の到来と予測する層。オリンピックに向けて、景気と年収増は加速してくれるのでしょうか。

<参考サイト>
・東京商工リサーチ:2018年決算 「上場企業2,591社の平均年間給与」調査
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190527_01.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
2

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

編集部ラジオ2024:7月10日(水)

今回の会員アンケート企画では「メンタルヘルスについて」というテーマでご意見をいただきました。

メンタルヘルスとは「こころの健康状態」のことを指します。
こころの健康状態が崩れてしまうことは誰にでも...
収録日:
追加日:2024/07/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア