テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.10.06

男性に「捨てられやすい」女性の特徴は

こんな女性はすぐ捨てられてしまう

 おしゃれや言葉遣いに気を配っていて笑顔が素敵で……告白されることも多いのに、なぜかすぐ捨てられてしまう女性っていますよね。告白されるくらい魅力的な女性がどうして?と思ってしまいますが、それはつまり、つきあってからはじめて「これは無理」と相手に感じさせる欠点を持っているからです。捨てられやすい女性のどんな特徴が、恋人の心を遠ざけてしまうのでしょうか。

 束縛したがる:相手の行動を制限して自分が決めたルールに従わせようとするのは、捨てられやすい女性の大きな特徴です。「自分をないがしろにしたり、浮気したりなんて絶対に許さない」という思いは誰にでもあるでしょう。しかしそれが強すぎて「毎日帰宅したら連絡」、「友達と出かけたら一緒にいる写真を送る」などのルールで束縛するようになると、相手は「信頼されていない」とか「制限ばかりで窮屈」と感じて心が離れてしまうのです。

 自己中心的:自分勝手なデートプランを立てたり、真夜中に「今すぐ来て」と言いだしたり、相手より自分の都合を優先してわがまま放題の女性も捨てられやすいです。わがままを聞き入れてもらえないと不機嫌になるのもマイナスポイント。また、相手が自分の全部をわかってくれないと気がすまないので、説明もなしに「察してオーラ」全開で「どうしてわからないの」と自分の気持ちを押しつけることも。強要ばかりされていたら相手は疲れてしまって当然です。

 感情が重い:相手への思いが高じて尽くしすぎる女性も、捨てられないよう注意が必要です。相手が望むことばかりしていると、あまりの重さに息苦しく感じられたり、場合によっては都合のいい女にされたりしてしまいます。さらには、相手から拒絶されると「こんなに尽くしているのに」と逆上しやすいのもこの女性。こうなると相手は、恐怖さえ感じるようになります。

こんな態度の男性は本気ではない

 捨てられやすい女性の特徴は、愛情が冷めてもしかたないものばかりです。しかしその特徴を持っているとしても、程度は人によって違いますよね。また、恋人側からしても束縛は絶対にNGという人も、少しくらいなら自己中心的でも目をつぶれるという人もいます。こうなると捨てられやすい女性が気になるのは、「相手が本当に自分を受け入れてくれているか」ではないでしょうか。そこで、本気ではない男性が取りがちな態度をご紹介するので、参考にしてみてください。

 デートが突然の誘いばかり:デートが相手の都合で急に決まってばかりなら、都合のいい遊び相手としか思われていない可能性が高いです。捨てられやすい女性の特徴である「自己中心的」とよく似ていますが、男性の場合はより本能的にセックスだけ求めていることも多いので、流されて会っていると自分を傷つけることにもなります。

 だんだんお金を払わなくなる:男性は女性にいいところを見せたがるものなので、はじめのうちは食事をおごってくれたりプレゼントを買ってくれたりします。しかし本気ではない場合、だんだんと割り勘になったり買ってくれなくなったりします。ポイントは、慣れてくると態度が変わるということ。はじめからケチな男性なら、単にお金がないだけで心は本気ということもありえます。

 周りに紹介しない:家族や友人に恋人として紹介しないということは、本心では恋人ではないと思っていると推測できます。なぜなら、どうせすぐ別れてしまうのでわざわざ周囲に知らせる必要がないからです。それどころか、「なにかひどいことをしたのではないか」と周囲に疑われたり責められたりするかもしれないので、本気ではない相手の存在を知られたくないわけです。

捨てられない女性になるために

 本気ではない相手に引っかからないためにも、捨てられやすい女性は離したくない女性に変わるよう意識しましょう。捨てられやすい特徴は、基本的にすべて自信のなさからきます。自信がないから恋人に依存して振り回してしまうのです。

 とはいえ、いきなり自信を持つのも難しいですよね。そこでまず、「自分は自分」と考えるようにしてください。これは、自己中心的になることとは違います。自分を自立した存在と認識することで、他人を他人として尊重できるようになるのです。こうすることでお互いを客観的に見て、都合にも配慮できるようになるでしょう。

 自立したメンタルが持てれば恋人に依存することもなくなり、相手を追いかけ回す重い女性から卒業できます。そしてそれと同時に、恋人から追いかけて離したくないと思われる女性になれるのです。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授
2

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
3

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
4

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(2)最大の危機と予兆

佐久間氏は自身の苦境を乗り越えるにあたり、松下幸之助の「最大の危機」を参考にしたという。それは1964年7月、松下関係者と販売会社・代理店のトップ200名を集めて行われた「熱海会談」である。(2023年12月1日開催日本ビジネ...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/17
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授