テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.02.10

ネットで横行するサクラレビューを見破る方法

 レビューを参考にネットショッピングしたらとんでもないモノが送られてきた、そんな経験をしたことはありませんでしょうか。

 ネットストアでは、同じような商品が出品されていたり、出店者も複数あることから、多くは評価レビューを参考にすることと思います。昨今、こうした消費者行動を逆手にとって、自作自演で評価を高めるという悪徳業者のフェイクレビューいわゆる「サクラレビュー」が横行しているのです。

サクラレビューとは?

 業者は、レビュー作成を一般に募り、商品購入から良い評価レビュー投稿までを確認し、商品購入代金を支払うという仕組み。請け負った一般レビュアーは無料で商品を手にいれることができるだけでなく、業者によっては数百円から千円程度の報酬が見込めるというメリットがあります。

 このようなレビューは商品の正当な評価レビューではなく、売るためだけの評価レビューであることから、結果的にそれを信じて購入した消費者をだましていることに。つまり、こうした行為は、商品を売るためにレビュー機能を利用したステルスマーケティングに該当し、日本のみならず米国でも訴訟に発展しています。

 ちょっとしたアルバイト感覚でステルスマーケティングに加担していたということにもなりかねないので、ネットでの儲け話には注意していただきたいところです。

サクラレビューを見破る方法は?

 巧妙化しているサクラレビューにダマされないために、ユーザーサイドでサクラを見抜くポイントとしては

・評価レビューの偏り  →レビュー数が少なかったり、よい評価ばかりであること
・レビュワーのプロフィール  →一つだけしかレビューしていない、プロフィール情報が少ない
・レビューの内容  →日本語として意味が通らない(自動翻訳)
・商品名の表記  →商品名が異常に長く、メーカー名が入っていないもの

 というような事があげられます。

 また、近年こうしたサクラレビューを見抜くWEBサービス「サクラチェッカー」を活用するのもよいでしょう。このサービスは、Amazon.co.jpに投稿されたレビューを分析し、サクラ度を見抜くというもので、当該サイトに製品URLを貼り付けることで、「サクラ度○%」「危険/警告/合格」といった結果が表示されます。

 サクラチェッカーを開発したきっかけは、「高評価のワイヤレス充電器を購入したら全然充電しなくて困った」「高評価のUSBディスプレイアダプタを購入したら3日で壊れた」ことがあり、Amazonレビューが信じられなくなったことだと、開発者であるユウさんは明かしています。

 サクラレビューが多い商品カテゴリーは、比較的製造しやすいものに集中しているようです。例えば、「イヤフォン」「モバイルバッテリー」「PC周辺機器」「ゲーム周辺機器」「美容系家電」「折りたたみ傘」「枕」などです。サクラチェッカーでは、トップ画面でサクラ度が高い商品カテゴリーを知ることができます。

レビューの公平性

 誰でも投稿できるレビューについて、公平性を担保したり、企業のステルスマーケティングを防ぐことはなかなか難しい状況にあります。Amazonばかりでなく、グルメ系口コミサイトでも、運営サイドは否定していますが、報酬を得て高評価レビューをするサクラの存在などが指摘されています。

 サクラレビュー問題は、こうした情報操作に個人が関わらないようにすることが解決のために必要不可欠です。合わせて、「サクラチェッカー」や東京大学発のスタートアップ企業TDAI LabAIが開発したレビューの信頼度をスコアリングするサービス「WISE REVIEW」といったサイトを活用しつつ、ネットショッピングを楽しみたいものです。

 さらにいうなら、レビューが少ないモノやサービスでも良いものはたくさんあるので、ネット情報の目利き感というべき、正しく情報を読み解くリテラシーを鍛えていきましょう。

<参考サイト>
・サクラチェッカー
https://sakura-checker.jp
・ITmedia:Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/22/news010.html
・ITmedia:AIが「本当においしいラーメン店」を判定 頼りは口コミ、偽レビュー排除の仕組みを開発者に聞く
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/11/news105.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之
2

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恆存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
3

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
4

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
5

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地政学入門 歴史と理論編(2)なぜ地理が重要なのか

国際政治を地理的要素に着目して分析するのが地政学だが、なぜ地理が国家間の政治を考える上で重要な要素になるのか。その理由は地理が持つ「不変性」にあると小原氏は言う。また、地理を考えるときに欠かせないのが地図で、見...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/07
小原雅博
東京大学名誉教授