テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.06.30

恋愛で周りが見えなくなる人の特徴は?

 恋愛すると女性はキレイになるというように、恋をすることは男女問わず生活に彩りをもたらす素晴らしいことです。しかし、恋をすると落ち着きを失ってしまったり、普段とらない行動を取ってしまったり、日常がままならなくなる人もいますよね。

 そんな恋は盲目の状態は、恋に落ちる人は誰しも陥る可能性がありますが、重症になりやすい人もいます。今回は恋愛をすると周りが見えなくなりやすい人の特徴を紹介していきましょう。

こんなタイプの人は要注意かも

 まず「自尊心が低い人」は、恋にのめりこみやすい特徴を持っているといえます。自己評価の低い人は他人からの愛情や好意を素直に受け入れやすく、相手への恋心を抱きやすいとされています。つまり、好意を持ってくれた相手の中に自分の存在意義を見出してしまうので、相手にのめりこみやすくなってしまうのです。

 同様に「世話を焼くのが好きな人」も、世話を焼くことで相手の中に自分の存在意義を見出してしまうので、恋にのめりこみやすいタイプといえるでしょう。あれもこれもやってあげなくちゃと思うと、いつのまにか相手のことで頭がいっぱいになってしまい、自分の生活を犠牲にしてしまう危険性があります。

 また、「思い込みが激しい人」も危うい一面があります。普段ならおかしいと思うことも、自分が好きな相手の言うことなら間違いないという思い込むことで、誤った判断を下すようになってしまうことも。そうなると家族や友人のアドバイスも受け付けなくなってしまうので、さらに孤立して相手にのめりこんでしまうという悪循環に陥ってしまう恐れがあります。

恋は盲目もいきすぎるとこんな行動に

 相手のことしか考えられなくなると、まず日常生活に支障が出てきます。仕事や勉強が手につかない、相手の連絡を待っていたらいつのまにか一日が過ぎていた、恋人以外の友人関係がなくなっていく…実はこれはとても危険なこと。他人との関係が薄れると人はどんどん孤立していった結果、恋人に依存するしかなくなってしまうのです。

 そして、金銭感覚が狂ってしまうという危険性も。相手のためにプレゼントを買ったり、自分磨きにお金をかけるのは悪いことではありませんが、自分の生活費を過剰に削ったり、借金をしたり、自分の限界を見失う行き過ぎた行動に出ることも。自分の管理できる範囲に留める理性を失ってしまうと生活が破綻してしまう恐れさえあるのです。

 恋にのめりこみすぎるとストーカー行為すら正当な行為だと勘違いしてしまう危険性があります。相手のことなら何でも知りたい、何をしているかいつでも知っていたいという行き過ぎた愛情さえに疑いを持たなくなってしまうのです。ストーカーはれっきとした犯罪行為なので、相手だけでなく多くの人に迷惑をかけてしまう結果を導いてしまいます。

 恋は自分ではコントロールできない感情ではありますが、自分が恋にのめりこみやすいタイプかを自覚していることで、ある程度理性的になれる部分もあるのではないでしょうか。もし自分にあてはまるところがあるという方は、頭の片隅にストッパーを持っておくのが良いかもしれません。

<参考サイト>
・恋は盲目…恋愛に夢中になりすぎると取ってしまう危険行動5つ!
https://koimemo.com/article/4144
・恋は盲目!陥りがちな人と盲目的に好きにさせる男性の特徴
https://cancam.jp/archives/687808
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

なぜ遣唐使は神頼み?「好去好来の歌」から浮かぶ疑問

なぜ遣唐使は神頼み?「好去好来の歌」から浮かぶ疑問

山上憶良「好去好来の歌」を読む(2)言霊の加護ある国の神様と遣唐使

山上憶良の「好去好来の歌」にはどのようなことが詠われているのか。言霊に加護された大和の国から荒海を旅する遣唐使の危険に対して、海上の道も陸上の道も大和の神々がきっと守ってくれると、その一首には詠まれている。ここ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/05/26
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
2

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
3

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
4

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(8)日本の新しい平和戦略

日本は戦後70年以上、日米安保の下で経済活動だけに注力してきた。そして1人当たりのGDPではアメリカと肩を並べるほどに急成長したものの、この「軽武装・経済優先主義」の代償として国民の安全保障への意識低下を招いた。だが...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/05/22
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

隠れている好奇心をあぶり出す癖をつけるのが教養の第一歩

隠れている好奇心をあぶり出す癖をつけるのが教養の第一歩

いま求められる「教養」とは(2)教養と好奇心

教養を身に付けるには、「正解のない問いを考えて答えを見つけていく」こととともに、「相手の立場になってものを考える」ことが重要だと第1話で話された柳川範之氏。そこで大事なのは好奇心だが、「みんな、好奇心の芽を摘まれ...
収録日:2019/07/10
追加日:2019/09/16