テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.09.18

女性から見た初デートでのチェックポイントは?

 男女の出会いでは第一印象も大切ですが、その後の初デートも同じくらい重要です。今後の関係が決まると言っても過言ではない初めてのデートで、あなたは相手のどんなところを見ますか?

 今回は女性達に、その時男性のどんなポイントを注意深く見ているのかをアンケート。男性が心掛けたい初デートでの振る舞いをチェックしましょう。

女性25 人に聞く「初デートで男性をチェックするポイント」は?

 20~40代の女性25人に「初デートで男性をチェックするポイントは?」とアンケートした結果、以下の5項目が特に多く集まりました。

【時間や約束を初回から守れるか】
 時間や約束が守れるかによって男性の性格や本気度を見ている女性が多数。「初デートから時間にルーズな人は、その後もっとひどくなると思うので大事なチェックポイント」「初デートなのにリスケや遅刻があったら、少し距離をとって冷静に男性を見るようにする」など、初デートが約束通りスタートできるかどうかは、男性がどう見られるかを決める要素に。もし退っ引きならない事情で遅刻や日程変更するなら、誠意を持ってフォローしましょう。

【割り勘?おごり?金銭感覚】
 デートの支払いも男性の印象を左右する重要なポイント。「別に全おごりでなくてもいいが、高い店を予約しておいて割り勘…はナシ。思いやりや気遣いのない人です」、「デート中ずっとタクシー移動し、とにかく高級店連れて行けばいいだろ的な人は金遣いが荒いなと注意して見る」「チェーン店で偉そうにおごってくる男はモラハラ系が多い」など、ケチかどうかよりも、男女お互いにとって適切なお金の遣い方ができるかという点が大切なようです。

【身だしなみや匂い】
 「かなり年上な男性とデートしたら、服はおしゃれなのに加齢臭がハンパない。ファッションより清潔かどうかも要チェック」、「シワひとつなくアイロンがあてられ柔軟剤の匂いのする男性は、他にも女がいるか、女性にも厳しいタイプが多いので、そこを探ることにしています」など、良過ぎても悪すぎても女性の目を引くポイントが身だしなみや匂い。ファッションは多少ダサくても付き合ってから変えられるので気にしないと豪語する女性も。

【どのくらい女性馴れしているか】
 気が利かないから、不器用だからダメだという訳ではなく「女性馴れしていないだけ」と好解釈する女性もいる一方、「スマートで女性の扱いがうまいと一瞬いい気持ちにはなるが、遊んでそうだなーと警戒心も生まれる」など、女性経験を鑑みて男性の言動をチェックしている手厳しい女性達も多くいました。また、初デートで元カノ含め、他の女性の話がどのくらい出るかどうかも男性の女性関係を判断する材料になるとの声も。

【マナーや礼儀作法】
 「食べ方がきれいかどうか」「料理を残さず食べるか」という食事シーン、「タクシーの運転手さんや店員さんへの態度」、「電車内でお年寄りに席をさっと譲れるか」など、育ちや社会性などが透けて見えるマナーや礼儀をチェックポイントに挙げる女性も多数。実は前出のどの項目よりも「ここは譲れない」「これが引っかかると次は絶対ない」という、厳重チェックカテゴリーとして認識している女性が多かったというのも見過ごせない点です。

「今日の2人」ではなく「明日の2人」を見ている!?

 アンケート結果から分析すると、総じて女性達が初デートで細かくチェックしているのは、男性のファッションやジェントルマンな振る舞いやデートプランといった上辺のカッコ良さよりも、「この先付き合ったらどうなるか」「もし結婚したらどうなるのか」という”その先”が伺える点だと言えるのではないでしょうか。

 男性としては、素敵なデートを企画して女性を喜ばせたい、自分の長所や魅力を伝えたいと張り切る初デートですが、経験も経て来た女性陣としては「楽しかった」では済ませられないのが初デートというタイミング。良い悪い、ではなく相性や価値観の相違、人となりまで初デートでチェックしようとしているのが女性と思って、男性は心して初デートに挑むべきなのかもしれませんね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
2

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
3

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授