テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.12.01

男性がドキッとする女性の仕草とは?

 「あざと可愛い」「モテ仕草」、そんな言葉を最近よく耳にしますが、特別な美人ではなくても仕草や振る舞いで男性の心を掴んでいる女性もいます。女性の何気ない仕草ひとつで、理屈抜きに「なんだか気になる」「この子いいかも」と思ってしまう男性も案外多いようです。

 そこで今回は、25~50歳の男性25人に「ドキッとする女性の仕草」をアンケート。気になる男性を振り向かせる女性の仕草を探ってみました。

ドキッ! 男性が思わず女性を意識してしまう仕草とは

【目が合ったら笑顔でアイコンタクト】
 多くの支持を集めたのがこちら。「待ち合わせで自分に気づいた瞬間、笑顔で駆けよられたりしたらイチコロ」、「話した事もない職場の女性ですが、廊下やエレベーターなんかで目が合うといつもニコッとしてくれてドキドキ」など、顔を合わせた時に笑顔を向けられるとドキッとしてしまう男性多数。もしかして自分に気がある?とか、感じのいい女性だから話しかけてみようかな、など距離が縮まる感覚がポイントのようです。

【髪を後ろにキリッとまとめる動作】
 髪をほどく時にドキッとするのかと思いきや、「髪をキリッとまとめて結ぶ時に、首筋があらわになる感じにドキっとする」「髪を結ぶ時って、胸から脇や腕まで上に上がって体のラインがセクシーで目が奪われる」等の声が。隠れていたうなじが見える瞬間や、女性らしいカービィーな体が強調されるのが、無防備で色っぽいようです。中には、「仕事にスイッチが入った時って感じで、髪をまとめるのはグッとくる」という男性も。

【ネクタイを直したりゴミを取るソフトタッチ】
 ネクタイが曲がっているのを直してくれたり、肩についた糸くずを払ってくれたり。そんなことを女性にされるとドキッとする男性多し。「距離が近くなるのと、女性が自分に気を許してるのがたまらない」、「さりげないボディタッチなのに、気に掛けてくれてる感にキュンとします」と、僅かな接触がドキドキ感を増しているよう。肩や腕をツンツンされ話しかけられるのも同じく人気ですが、バシバシ叩く感じのボディタッチはオバサンぽいと不評なのでソフトタッチで。

【恥ずかしがって照れる姿】
 いじられたり、褒められたりした時に「照れて手で顔を隠する女性の仕草にドキッとする」「いつもはクールなのに、褒められると顔を真っ赤にして照れる女性とか可愛いなと思ってしまう」と、女性の照れる仕草は大人気。「照れ」を隠そうと、自虐的な謙遜をしたりバカ笑いでごまかそうとする女性も多々いますが、それだと控え目感や可愛らしさも消えて自滅。女性が恥ずかしがっている雰囲気にドキドキしてしまうのが男性の性なのでは。

【身を乗り出し、近づいて話す姿勢】
 周囲がうるさい時に近づいて話したり、内緒話を耳元で話されたり、近い距離で女性に話されるとドキドキしてしまう男性も多数。「横並びで飲んでいる時も体をひねって顔を向けられたり、前のめりになって話しを上目遣いで聞く姿勢なんかもドキッとする」と、女性の気持ちが体の向きや体勢に顕われているのが男性のハートをくすぐります。好きなのかも?嫌われてないのかも?と女性の好意を感じる感覚がポイントのようです。

【唇が目立つ、食べ方飲み方】
 意外と女性の食べる姿をしっかり観察している男性は多いです。中でも「熱い飲物とかたこ焼きなんかをフーフーしている唇にドキっとする」、「ストローを吸う時や、ペットボトルからグビっと飲む時の唇が色っぽいとドキドキしてしまいます」と、唇が目立つ飲み方食べ方は男性の目を奪うようです。その時に、プルっと肉厚でみずみずしい唇だったり、濃い口紅やツヤツヤなグロスが塗ってあれば尚更。女性は「唇は見られている」と意識しましょう。

モテ仕草は、ハートに着いた火を燃やす燃料になる

 その他にも「しゃがんだ時の胸元や腰のライン」「薄着の季節が始まって、二の腕や脇が見えた時」というセクシー系から、「怒ってキレた顔」「まさかの咥えタバコをした時」というマニアックな意見、「あくびや伸びをした無防備な姿」「寝顔」という萌え系の声も。男性それぞれの女性のドキッとする仕草は突き詰めればフェティッシュな部分もありますが、大きくまとめると以下のようなポイントになります。

1:自分に好意があると感じさせる仕草
2:チラリズムのある仕草
3:ギャップや意外性を感じる仕草
4:距離を女性自ら縮めてくる仕草
5:セクシーな妄想を膨らませる仕草

 あからさまではない程度に、女性の好意や色気を感じる仕草が最強のよう。仕草ひとつで完結するのではなく、「その先をもっと知りたい」、「違う一面ももっと見てみたい」と男性の心に火をつける仕草を、モテたい女性は研究してみてもいいのではないでしょうか。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授