テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.12.18

「友達」から「恋人」になれる男性の特徴は?

 友達にはなれるけど、恋人にまではなかなかなれない…そんな悩みを抱えている人は少なくないでしょう。友達と恋人の間の壁に悩んで、悩んでいるうちに相手に恋人ができてしまったなんてことも珍しくはありません。今回は友達と恋人の違いとは?ということに悩む男性へ、その違いや特徴を紹介していきます。

男友達と彼氏の境界線は?

 友達も恋人も「一緒にいて楽しい」「趣味が合う」「価値観が似ている」という感情を相手に抱きますが、その間にはどんな境界線があるのでしょうか。

 さまざまな判断基準がありますが「ボディタッチができるかどうか」はかなり大きな境界線といえるでしょう。手を繋いだり、抱きしめたり、キスをしたり…恋人同士のスキンシップは大切なものですが、受け入れられるかは恋愛対象かどうかを判断する大きなポイントとなります。

 また、友達の前では過度に着飾ったりはせずに等身大の自分でいられますが、恋人とのデートのときにはおしゃれをして彼女として可愛く見られたいと思うのが女心。男性に会うときに、女性がどっちのモードになるのかもひとつの判断基準といえるでしょう。

男友達から彼氏になるのはハードルが高い

 しかし、男性でも女性でも、友達関係が長くなれば長くなるほど、恋愛に発展する割合は下がってくるもの。友達になった=そもそも恋愛対象から外れたともいえますし、友達期間が長いと相手の短所も見えてきます。その結果、「友達として付き合うには良いけど、恋人として付き合うには…」と、恋愛に発展しにくくなってしまうのです。

 そして、少し気になったとしてもそれまで築いてきた人間関係を壊したくないという心理が働くのも要因としてあるでしょう。仲間たちで集まっても、その中でカップルができるとよそよそしくなったり、他の仲間に気を遣わせてしまうこともありますよね。そうなるくらいなら友達のままでいた方が良い、と考えるのも自然なことといえるでしょう。

どんな男性が恋人に昇格できるのか?

 友達から恋人への昇格はないと答える人が多いものの、男友達から彼氏に昇格した男性も少なくありません。そんな男性は何かしらのきっかけで「ただの男友達ってだけじゃないかも」と女性に思わせるものを持っているのです。

・ふとした瞬間に男らしさが出る

 「一緒に仕事をしていて、重い資料を代わりに軽々と持ってくれた」「隣を歩いていて建物側を歩くように気を遣ってくれた」など、ふとした瞬間に見せる男らしさに女性はときめいてしまうもの。こうした出来事が、ただの友達としてでなく異性として意識するきっかけになったという人も少なくありません。

・趣味だけじゃなく個人的な話をする

 友達同士では趣味の話で盛り上がることが多いと思いますが、「最近忙しいみたいだけど無理しないようにね」など、より相手にフォーカスした話題をするようになると、女性側もより距離感の近い関係を求めているように感じます。今までの友達関係とは違う距離感に、女性も意識しやすくなるでしょう。

・恋愛を意識させるような行動をとる

 2人きりででかけたり、1人だけ他の子と違うお土産を買ってきたり、特別扱いをすることで、相手の女性が「私だけ違う?」と意識するようになるケースもあります。他にもあからさまに恋人募集中だということを伝えてみたり、相手の好きな男性のタイプを聞いてみるのもありでしょう。

交際が長続きしやすい特徴も

 とはいえ、それまで友達だった相手に意識させるのはなかなか難しいことかもしれません。当然、うまくいかずに友達関係にすら戻れなくなる可能性もありますし、その結末を恐れて一歩が踏み出せないという人も多くいることでしょう。

 しかし、一度交際が始まってみると長続きしやすいのが友達⇒彼氏コースの特徴でもあります。友達期間で見てきた良いところも悪いところも知っていますし、ありのままの相手を知った上で受け入れるので、付き合ったところで今さら幻滅することがありません。友達から彼氏に昇格できないと悩んでいる人がいたら、ぜひ参考にしてみていただけたらと思います。

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
2

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(2)救済思想と人間の価値

「人の善悪は報われるのか」という山上憶良の問いは、古くは4世紀の中国仏教界を揺るがしたものであり、新しくはミュージカル『キャッツ』にみられる救済思想とも重なっている。ここで難しいのは因果応報思想との関係で、人間の...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/19
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
3

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

『孫子』を読む:九變篇(1)主導権を握るために

変化が激しいと敵の実態をつかめない。実態がよく分からないことほど恐怖に思うことはない。つまり、戦略として実態を明らかにしないことが非常に重要なのである。今回から3回にわたって学んでいく『孫子』の「九變」とは大いな...
収録日:2020/07/07
追加日:2024/07/18
田口佳史
東洋思想研究家
4

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(2)機械学習と大規模言語モデル

機械学習とは何なのか。AIはどのように「理解をしている」のか。近年の著しい進歩により、ますます身近な存在になっている生成AIだが、それがどのようなメカニズムでさまざまなデータを出力しているのかを知る機会は少ない。そ...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/16
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
5

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

「同盟の真髄」と日米関係の行方(6)アメリカ大統領選挙を占う3つの州

2024年11月に控えたアメリカ大統領選挙。民主党の候補者として現大統領のバイデン氏が、共和党の候補者として前大統領のトランプ氏が指名されることになった。激戦が予想されるが、大統領選挙には、その鍵を握る3つの州がある。...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/17
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使