テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.04.23

「おうちデート」で彼に引かれるNG行動

 おでかけデートに比べ、いつもより彼と近い距離になれるおうちデート。外で会うときとは違う彼の一面を見てドキドキしてしまうこともあるでしょう。同じように彼女のいつもと違う一面を見て彼がドキドキすることもありますが、普段見せない一面で彼をがっかりさせてしまうこともあるかもしれません。今回はおうちデートでの女性のNG行動について紹介していきましょう。

裸足で家に上がる

 他人の家に上がるときには裸足で上がらないようにストッキングや靴下を履く、というマナーがあるのを知っている人も多いでしょう。裸足で家に上がると足の跡がついたり、足の汚れがカーペットに移ってしまうので、気にする人も少なくありません。

 おうちに招かれたときはストッキングや靴下を履く、または夏場でサンダルのときはフットカバーを持っていくなど、裸足で上がらない工夫をするのが良いでしょう。相手が裸足でも気にしない場合でも、きちんとマナーをわきまえている印象を持ってもらうことができます。

物を触る、部屋を物色する

 彼の家に行ったらどんな物があるのか気になりますよね。しかし、だからといって許可を得ずにベタベタと物を触ったり、部屋のあちこちを物色するのはマナー違反。勝手に物に触ったことで喧嘩になってしまい、せっかくのおうちデートが台無しになってしまうことも少なくありません。

 逆の立場になってみると分かりますが、恋人とはいえプライベートな空間で無遠慮に詮索されるのは気持ちが良いものではないですよね。気になるときは「子どもの頃のアルバム見たいな」などと言葉で伝えて、彼が見せてくれるのを待つようにしましょう。

食べものを催促する

 おうちデートではまったりとした時間を過ごすので、飲みものや食べものが欲しくなりますよね。だからといって「何か食べるものない?」など催促するような態度をとるのはNG。図々しい態度は彼に何様だと思わせてしまうかもしれません。

 デートとはいえおうちに招いてもらっている立場なので、彼がしてくれるおもてなしを受ける気持ちを忘れないことが大切。逆に手土産を用意していくくらいの気持ちを持っておくのが良いでしょう。

散らかしたまま帰る

 おうちで楽しい時間を過ごしたあと、部屋は多少なりとも散らかりますが、ゴミをそのままにして帰るのも彼氏が幻滅する行動です。長い付き合いの友達の家なら許されても、恋人となると話が違います。部屋を片付ける習慣があるかないかは、将来一緒に生活をすることになったら大きな問題になるからです。

 おうちデートが終わったら最低限の片付けはする、もし時間がないときには「片付けできなくてごめんね」と一言添えるようにしましょう。それだけでも片付けが習慣づいているちゃんとした女性とみてもらうことができます。

逆に好印象な行動は?

 おうちデートで好印象なのは、マナーがきちんとしている一面が見えること。家に入るときに「お邪魔します」と一言いう、脱いだ靴はそろえる、手土産を持ってくるなど、礼儀をわきまえている女性は好印象を持つという声が聞かれました。もし彼の実家に遊びに行くとなると、彼のご両親にも見られることになるので、最低限のマナーはわきまえておくのが良いでしょう。

 おうちデートでテンションは上がってしまうとはいえ、親しき仲にも礼儀あり。恋人同士とはいえきちんとマナーをわきまえて、楽しいおうちデートを過ごせるようにしましょう。

<参考サイト>
おうちデートでしてはいけないNG行動8選│Dear
https://dear-mag.jp/4187/2
「おうちデート」で何する?15の過ごし方と気をつけたいポイント│C CHANNEL
https://www.cchan.tv/mag/f74ab7180c434132b0e8752c33931178/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

原因と結果の迷宮―因果関係と哲学

原因と結果の迷宮―因果関係と哲学

原因と結果の迷宮~因果関係と哲学(1)因果関係とは何なのか

「机を叩けば音が出る」。私たちはこれを当たり前だと思う。しかし本当にそう言えるのか。そう思わされているだけではないか。この哲学的な難問に取り組んでいるのが、東京大学大学院人文社会系研究科教授・一ノ瀬正樹氏だ。氏...
収録日:2016/12/15
追加日:2017/01/31
一ノ瀬正樹
東京大学名誉教授
2

ペロポネソス戦争でのアテナイの失敗…地政学から見た教訓

ペロポネソス戦争でのアテナイの失敗…地政学から見た教訓

地政学入門 歴史と理論編(4)シーパワーとランドパワーの教訓

古代ギリシアでアテナイという「シーパワー」と、スパルタという「ランドパワー」が長い戦争をした「ペロポネソス戦争」がある。当時のアテナイの将軍・トゥキディデスによると、アテナイのパワーの増大とスパルタへの恐れがこ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/21
小原雅博
東京大学名誉教授
3

「正直」の徳を最初に唱えた鈴木正三『万民徳用』とは

「正直」の徳を最初に唱えた鈴木正三『万民徳用』とは

石田梅岩の心学に学ぶ(7)鈴木正三『万民徳用』を読む(上)

鈴木正三は、三河武士から出家して『盲安杖』や『万民徳用』を著した人物である。特に『万民徳用』では、「世法即佛(仏)法」を根拠に、士農工商それぞれの職分を全うすることが仏教修行に当たるとして、在家の教化に務めた。...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/20
田口佳史
東洋思想研究家
4

「バカげたアイデア」が成功する!? カギは不満と情熱と改善

「バカげたアイデア」が成功する!? カギは不満と情熱と改善

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(5)スタートアップ成功の秘訣:前編

Yコンビネーターで経験を重ね、紆余曲折を経てOpenAIの事業を成功させたサム・アルトマン。彼のように、革新的で、多くのユーザーに愛されるサービスを生み出すためには、どのようなマインドセットが必要なのだろうか。「素晴ら...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/17
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
5

「親の介護」の問題…優しさだけでは続かない

「親の介護」の問題…優しさだけでは続かない

50代からの親の介護~その課題と準備(1)突然やってくる介護の問題

親の介護は突然やってくる。そのときに右往左往しないために、今のうちに備えておくべきことがある。2020年、日本の百歳以上の人口は8万人を超えている。長寿ということで喜ばしいことだが、その反面、介護期間は長くなっている...
収録日:2021/08/26
追加日:2021/10/06
太田差惠子
介護・暮らしジャーナリスト