テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.07.19

「友達」から「恋人」になれる女性の特徴は?

 男友達として付き合ってきたけど、いつのまにか好きになっていたという経験をお持ちの方も多いと思います。しかし、友達だった期間があると相手からは恋愛対象に見られてないと悩んでしまいますよね。彼女に昇格するにはどうすればいいのかについて、紹介していきましょう。

女友達と彼女の違い

 相手にとって単なる女友達なのか、恋愛対象として見られているのか、その境界線を見極めるのは簡単ではありません。まずはヒントとして、男性側の心理としてどんな違いがあるのかを紹介しましょう。

 女友達に対しては、同性の友達と同じく「気が合う」「一緒にいて楽しい」といった感情を抱きます。自分をよく見せようと取り繕う必要がないので、緊張せずに一緒にいることができます。彼女にはできないような相談をしたり、見せられない一面を見せたりと、飾らずに接することができる存在といえるでしょう。

 一方、彼女には「一緒にいるとドキドキする」「大切にしたい」といった感情を抱きます。手をつなぎたいとかキスしたいという気持ちや、相手を大切にして守ってあげたいという気持ちは恋愛対象だからこそ生まれるもの。彼女にはかっこ悪いところを見せられないと見栄を張りたくなるのも、男性の心理といえます。

恋愛対象になりやすい女性の特徴

 女友達と彼女はいずれも一緒にいたいと思える存在ではあるので、友達である時点で彼女になれる可能性は上がっているのは間違いありません。しかし、友達以上にはなれない女性がいるのも事実です。

 恋愛対象になりやすい女性との違いはずばり「女らしさがあるかないか」でしょう。友達関係であれば飾らずに接することができるので、ついつい身だしなみや振る舞いに気を抜いてしまうかもしれません。しかし、あまりにも気を抜いた姿ばかり見せていると異性だと思われなくなり、色気やかわいげを感じることもなく恋愛対象とはほど遠い存在になってしまいます。

 恋愛対象になりやすい女性は、友達とはいえ人に会うときには最低限の身だしなみには気をつかったり、ノリが良くても女を捨てるような一線は越えないようなタイプといえます。相手も「友達だけど異性なんだ」という意識を持ち続けているので、何らかのきっかけで恋愛に発展することも珍しくないのです。

彼を意識させるためにできること

 ここまでお伝えしてきたように恋愛対象になるためには、相手に異性として意識してもらうことが大切です。そのためにぜひ実践していただきたいことを紹介します。

・ギャップを見せる

 普段はあまり見せない女性らしさを出すことで、男性をドキっとさせることができるでしょう。例えば、いつもはパンツスタイルだけどスカートスタイルにしてみる、いつもは髪をまとめているけどおろしてみる、いつもはつけない香水をつけてみるなど、そのやり方はさまざま。恋愛においてギャップを感じさせるというのは効果的なので、意識してほしい相手には積極的にギャップを見せていくようにしましょう。

・2人だけで出かける

 大勢で遊んでいる中2人でいるのと、2人で出かけるのとでは意味合いは全く異なってきますよね。あえて2人で遊ぼうと誘うことは、他の友達とは違うという意思表示をすることができます。「これってデートじゃない?」と思わせることで、彼に意識させることができるでしょう。

・恋愛の話をしてみる

 意識してほしいとあれこれ工夫してみても、全く気付いてくれない鈍感な男性も少なくありません。そんな時はストレートに恋愛の話をぶつけてみるのも良いでしょう。その中で「私○○君みたいな人がタイプなんだよね」など直球な言葉をかければ、どれだけ鈍感な人でも意識してくれることは間違いないでしょう。

 友達から彼女に昇格するのは難しいといいますが、女性らしさをアピールすることで彼女への道が開けるかもしれません。悩んでいる方がいればぜひ紹介したような方法で彼にアピールしてみてください。

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

多神教の日本と民主主義…議論の強化と予備選挙の導入を

多神教の日本と民主主義…議論の強化と予備選挙の導入を

民主主義の本質(4)日本の民主主義をいかに強化するか

民主主義の発展において、キリスト教のような一神教的な宗教の営みがその礎にあった。では、そうした宗教的背景をもたない日本で、民主主義を育てるにはどうしたらいいのか。人数が多ければ正しいというのは「ポピュリズム」の...
収録日:2024/02/05
追加日:2024/04/16
橋爪大三郎
社会学者
2

26歳で老中首座…阿部正弘が幕末の動乱期に担った使命とは

26歳で老中首座…阿部正弘が幕末の動乱期に担った使命とは

徳川将軍と江戸幕府~阿部正弘編(1)若き老中首座・阿部正弘の使命

阿部正弘は幕末の若き老中首座として、徳川家斉・徳川家慶・徳川家定の時代を支えた。黒船で泰平を揺るがしたペリーが再来し、日米和親条約が結ばれ、鎖国政策は終わりを告げる。近代日本への舵取りを果たしたと評価される阿部...
収録日:2021/03/29
追加日:2024/03/09
3

失敗から学んだ石田梅岩、独学で教養を高めた少年期の体験

失敗から学んだ石田梅岩、独学で教養を高めた少年期の体験

石田梅岩の心学に学ぶ(2)梅岩の教養を育んだ少年期の体験

江戸の町人の例に漏れず11歳で奉公に出た石田梅岩だが、奉公先の商家の事情から15歳で帰郷する。失敗ともいえるこの体験が梅岩思想に与えた影響は大きいと言う田口氏。郷里へ戻った梅岩が23歳で再び奉公するまでの記録は残って...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/04/15
田口佳史
東洋思想研究家
4

インドはなぜ急激に発展したのか?2つの大きな理由

インドはなぜ急激に発展したのか?2つの大きな理由

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(2)躍進するインドの歴史

グローバル・サウスの盟主を自認するインドは、2023年に人口で中国を抜き世界最多となった。中進国にもかかわらずIT産業は飛躍的に発展し、世界の関心を集めている。しかし、インドに限らず多くのグローバル・サウスの国々は欧...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/10
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

チームパフォーマンスを高める心理的安全性(1)心理的安全性が注目される理由

「心理的安全性」は近年もっとも注目されるビジネスバズワードの一つともいわれている。その背景には、コロナ禍におけるリモートワークの増大、社会全体が未来予測の難しい「VUCAの時代」に入ったことがある。職場環境が多様に...
収録日:2022/04/26
追加日:2022/07/23
青島未佳
一般社団法人チーム力開発研究所 理事