テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.12.31

車のエンジンがかからない時の原因と対処法

 さて出発、という時にエンジンがかからない、といった経験はないでしょうか。焦るかもしれませんが、こういう時は深呼吸。落ち着いてしっかり状況を確認しましょう。考えられる理由は多くはありません。まずは基本操作を行いしましょう。

基本操作の確認

 日本で主流のAT(オートマチック)車の場合、シフトレバーがP(パーキング)かN(ニュートラル)になっていて、かつブレーキを踏まないとエンジンが作動しません。またブレーキを踏んでいても踏み込みが甘いと反応しないこともあります。これらの操作を確実に行ってからエンジンをかけ直してみましょう。またハンドルロックは解除されているでしょうか。ハンドルを左右どちらかに軽く操作しながらエンジンをかけてみましょう。

 電子キーの電池が切れているかもしれません。電子キーは多くの場合、電池が切れてもエンジンのスタートスイッチに触れれば認識されます。電子キーの電池の寿命は意外と短く、1年から2年程度です。また家電製品など、磁気の強いものの近くに置いておくと消耗が早くなってしまうようです。1年ごとに交換するようにしておくと、いざという時に焦らなくてすみます。

ガス欠の確認

 次に燃料の量を確認しましょう。ガス欠は最もよくある原因です。近くにガソリンスタンドなどがあれば、ガソリンをもってきてもらうことも可能かもしれません。もしくは任意で加入している自動車保険のロードサービスなどでサポートを受けることも可能です。また、ガソリンの量は十分でも給油してから時間が経過していた場合、品質の劣化によりエンジンがかからないこともあります。ガソリン(軽油、灯油ともに)は気温の変化が少ない冷暗所では半年程度で劣化します。こうなった場合、JAFや自動車修理業者のレッカーを呼んで、古いガソリンを抜いてもらうしかなさそうです。

 一方軽油車の場合は、燃料に空気が入ることによりエンジンがかからなくなることもあるようです。この場合、空気を抜く操作が必要になります。ただし比較的新しいディーゼルエンジンであれば、軽油を補給すれば問題ないこともあるようです。電気自動車であれば充電切れ(電欠)は起こり得ます。その場で充電できない場合、レッカーサービスやレスキューサービスなどを利用して最寄りの急速充電設備のある場所まで運んでもらう必要があります。

バッテリーの問題

 気温が低いとバッテリーの放電が正常に行えず、エンジンがかからなくなることもあるようです。また、バッテリーが上がってしまうとエンジンがかからなくなります。自動車の電気はカーステレオ、パワーウィンドウ、ヘッドライトやルームランプなどでも消費します。エンジンを始動させる時にはセルモーターが電気によって動く必要があるのですが、これに必要な電力がバッテリーに残っていない場合が、バッテリーが上がっている状態です。

 こういった場合、ジャンプスターターを準備していれば、これを使って一時的に電力を供給してエンジンを始動させることも可能です。こういった準備がない場合、他のガソリン車に救援してもらい、ブースターケーブルで電力供給を受ける、もしくはJAFなどに救援を依頼する必要があります。最近では、モバイルバッテリーと同じような小型のジャンプスターターも出回っているようです。万が一の時のために準備しておいていいかもしれません。

 また、バッテリーが液漏れしている、液漏れにより腐食が起きている、もしくはバッテリー液の量が不足しているといったこともあるようです。こういった問題の他にも、バッテリー自体が寿命を迎えていることもあるかもしれません。すぐにバッテリーが上がるようになったら、速やかに交換しましょう。一般的なバッテリーの寿命はおおよそ2年から4年程度といったところのようです。

基本操作の問題でなければロードサービスに連絡

 こういった問題でない場合は、なにか車体に問題が起きている可能性があります。考えられるのはセルモーターの故障、エンジンの故障、電気系統のトラブルなどいくつかありますが、この辺りの原因究明や修理はプロの整備士に任せるしかなさそうです。エンジンがかからない場合、まずは基本操作をしっかり確認します。その上で解決できなければ、安全が確保できる状態であることを確認したのち、ロードサービスにお願いしましょう。こういった事態を避けるためには、まずは日頃からのメンテナンスが大事です。車の点検は車検だけに頼らず、月に1回くらいで日常点検する意識を持っておくといいようです。

<参考サイト>
エンジンがかからない!?その原因と対処法について|おとなの自動車保険
https://www.ins-saison.co.jp/otona/oshiete/car/engine-trouble.html
車のエンジンがかからない|ZURICH保険株式会社
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-engine-crank-wont-start/
EVが電欠になったらどうしたら良いの?|CarMe
https://car-me.jp/articles/11140
ジャンプスターターおすすめ人気ランキング15選|使い方も解説|Motor-Fan.jp
https://car.motor-fan.jp/article/10017788
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者