テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2022.01.10

スマホの電源が急に落ちる原因と対処法

 スマホを使っていて突然電源が落ちたことありませんか?アプリなどの強制終了以上に、電源がすぐに落ちてしまうのは困りモノです。そんな不便を回避するために、考えられる原因と解決方法を解説いたします。

電源が落ちる原因

 考えられる原因はいくつかあります。

・容量不足

 複数のアプリを同時起動するとスマホの容量が一時的に不足し、電源が落ちることがあります。機種にもよりますが、一般的にスマホの空き容量が10%以下になると、頻繁に電源が落ちることも。

・熱暴走

 スマホは熱を持つとシステムが暴走したり、セーフティ機能が作動して電源が落ちることがあります。スマホ本体が熱くなっている場合は「熱暴走」の可能性があります。

・バッテリー寿命

 バッテリーの劣化によって電源が落ちることがあります。

・SIMカード

 SIMカードに何らかの不良が発生すると、自動で再起動するようにプログラムされています。SIMカードとは、契約者の識別番号や電話番号などが記録された通信のためのICカードのこと。

・OSとアプリのバグ

 スマホのOSとアプリとの相性、不具合やバグによって、電源が頻繁に落ちる場合があります。OSとは、機種ごと、システム全体を管理し、さまざまなアプリケーションソフトを動かすための最も基本的なソフトウェアのこと。 

電源が落ちたときの対処法

・アプリやデータの削除

 スマホのメモリにかかる負担を減らすため、使わないアプリはできるだけ削除します。起動しているアプリを終了させる「タスクキル」を定期的に行い、メモリの負担を減らすように心がけましょう。写真や動画など、データの本体保存は、容量不足を起こす原因となります。機種ごとのクラウドサービスなど別の場所に保存しておくことをオススメします。

・放熱させる

 スマホ本体が熱く、熱暴走が原因である場合、次の順序で放熱させてください。

1.充電器からスマホ本体を外す
2.カバーも外す
3.立ち上げているアプリを終了する
4.キャッシュを消去する
5.スマホの背面部を上にして、日陰の涼しい場所に置き、クーラーや扇風機の風を当てる

 注意したいのが、急冷です。早く温度を下げようと、冷蔵庫に入れたり、保冷剤を当てたりするのは厳禁です。スマホ内部に結露が発生して、腐食やショートする恐れがあります。

・バッテリーを交換

 購入から1年以上経過している場合、バッテリーの状態をチェックして、バッテリー交換しましょう。バッテリー交換は機種ごと公式の修理窓口への依頼をオススメします。

・SIMカードを入れ直す

 SIMカードにゴミが付いていないか、キズがないかなどを確認しましょう。SIMカードを抜き差しするときには、スマホ本体の電源を切ってから行います。

・OSとアプリのバグ

 電源が落ち始めた時期にインストールしたアプリがないか確認し、あればそのアプリを削除して、様子をみてください。

それでも解決しない場合は

 上述した対処法で治らない場合は、速やかに修理もしくは、機種変更などの購入をオススメします。
 
 修理する場合、iPhoneであればApple StoreやApple正規サービスプロバイダー、また、「総務省登録修理業者制度」に登録されている修理店だと安心できます。

あわせて読みたい