テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2022.02.19

スマホアプリの「トラッキング許可」とは何か?

 iPhoneでアプリを開くと「”〇〇”(←開いたアプリ名)が他社のAppやWebサイトを横断してあなたのアクティビティをトラッキングすることを許可しますか?」と表示されます。このポップアップメッセージに対して選べるのは「Appにトラッキングしないように要求」もしくは「許可」の2つのみ。果たしてどちらを選べば良いのでしょうか。

「ターゲティング広告を許可するか」についての確認

 このメッセージ、以前は「トラッキング」ではなく「追跡」とされていたようです。この部分は英語だと単にTrackと示されているようです。確かに「追跡」と見るとなにかリスクがあるようにも感じます。しかし、実際のところセキュリティ上なにか危険があるわけではないようです。Appleの公式サイトによると次のように示されています。

 「トラッキングが行われると、個人やその所有デバイスを特定するような情報をAppが収集し、その情報がターゲティング広告や広告効果測定といった目的で、他社が所有する App、Web サイト、その他の場所で収集された同一個人やその所有デバイスを特定する情報と紐付けられたり、App が収集した情報がデータブローカーと共有されたりします。」

 つまり、スマホに記録された行動履歴を収集していいかどうかを確認されているようです。これを許可したアプリは、さまざまなアプリの利用履歴や検索履歴、GPSの位置情報などをもとにしたターゲティング広告が流れることになります。これにより、個人が特定されるようなことはありません。ただし、無断で個人情報を収集するのは問題なので、確認されるということです。なお、このアプリごとの確認メッセージが出るのはiOS14.5以降となっています。

あとでいつでも変更できる

 設定はいつでも変更できます。「設定」アプリを開き、「プライバシー」、「トラッキング」と進んだところでアプリごとにオンオフできます。またこの項目の一番上には「Appからのトラッキング要求を許可」という項目があります。ここをオフにすれば、一括で「許可しない」設定にもできます。

 またそのアプリがどういった情報を取得しているのかということも確認する方法があります。「App Store」アプリを開き、確認したいアプリのページにいきます。下の方にスクロールしていくと「Appのプライバシー」という項目があります。この下の「ユーザーのトラッキングに使用されるデータ」に入っているものが共有される情報です。この辺りをよく確認してから設定し直すというのでもいいかもしれません。

「許可」するかどうかは個人の判断

 「許可」するかどうかは個人の判断と言わざるを得ません。ターゲット広告が表示されると、買うかどうか迷っている商品を何度も目にすることになり、つい誘惑に負けて買ってしまうという話も。一方で、これを拒否設定にしておくと、アプリを開くたびに興味のない広告がくり返し表示されたりします。これはこれで苦痛です。

 アプリの広告からは、基本的には逃れようがないと考えていいかもしれません。有料版を買うことで広告を消すことができる場合もありますが、有料版が準備されているアプリは多くはありません。どうせ表示されるなら、興味のあるものの方がいいのかとも思いますが、なかなか悩ましいところです。

<参考サイト>
iPhoneの「アクティビティの追跡」「トラッキングの許可」とは?設定確認、変更する方法|TIME & SPACE
https://time-space.kddi.com/mobile/20210901/3163
App がアクティビティを追跡してもよいか確認してくる場合|Apple
https://support.apple.com/ja-jp/HT212025

あわせて読みたい