テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.02.22

高速のガソリンが高い理由

 だいぶガソリンが高くなっていますが、実は高速自動車道のガソリンスタンドは一般道よりもさらに高い値段になっています。なぜ高速道路で給油すると高いのでしょうか。ここでは現状を確認しながらこの理由を考えてみましょう。

高速道路のガソリン価格

 まずは実際に地域別のガソリン価格を見てみましょう。取り出した価格はレギュラーガソリン、1リッターあたりの単価です。比較しやすいように「24h営業」「セルフではない」「上り線」という条件のもと、大まかな地域ごとに無作為にピックアップしています(調査日は令和4年(2022年)2月3日)。

<東日本エリア>
道央自動車道 輪厚PA 178円
東北自動車道 蓮田SA 178円
関越自動車道 越後川口SA 181円
上信越自動車道 横川SA 180円
北陸自動車道 米山SA 181円

<中日本エリア>
東名高速道路 足柄SA 188円
中央自動車道 談合坂SA 183円
名神高速道路 多賀SA 182円
東名阪自動車道 御在所SA 176円
北陸自動車道 賤ヶ岳SA 187円

<西日本エリア>
中国道 西宮名塩SA 188円
山陽道 三木SA 184円
米子道 蒜山高原SA 186円
高松道 豊浜SA 188円
九州道 古賀SA 179円

 ハイオクの場合この価格に一般的におよそ10円から11円プラスした価格、軽油であれば11円から12円引いたくらいの価格になります。エリアによってばらつきはありますが、おおよそ全国的に180円と少し、と考えていいようです。これに対して、経済産業省が2022年2月2日に発表した「レギュラーガソリン1リットル当たりの給油所店頭価格(1月31日時点)」は、全国平均で170円90銭となっています。高速道路のガソリン価格は全国平均から10円と少し高いことがわかります。

SAの特殊事情

 1リッターあたり10円強の違いとなれば、レギューラーとハイオクくらいの違いはあるわけですが、ではなぜこのような差が生まれるのでしょうか。くるまのニュースの記事によると「営業時間と人件費」が挙げられています。高速道路でガス欠が起こるとたいへん危険です。高速道路のガソリンスタンドは万が一に備えて営業する必要があります。そうなれば、年中無休24時間営業が多くなるわけですが、もちろんこれには人件費などがかかります。

 さらに高速道路でのガソリンスタンドは特殊な環境と言えそうです。一般的なガソリンスタンドは給油だけではなく、そのほかのさまざまなサービス(オイル交換や洗車、タイヤ交換、整備、そのほか販売など)でも収益を上げることができますが、高速道路での売り上げはほぼ全て給油となります。この点で収益源であるガソリン価格にあらゆるコストが転嫁されてしまいます。

 さらに高速道路のガソリンスタンドは一般のようにスタンド同士の競争によって価格が下がるということはありません。その上、輸送にもコストがかかる場所が多いです。このようなコストがかかることから、2008年まではSAの燃料価格には上限があったようです。現在では撤廃され、市場原理に沿って価格設定されています。

ガソリン価格はしばらく高い予測

 高速道路に限らず、ガソリンの市場価格全体に目を転じてみても、2022年はじめの現状ではかなり高い状態と言えます。新型コロナウイルスの流行で停滞していた経済活動が動き始めたことにより、需要が急回復しているということが一番の理由のようです。また、この先もしばらく、状況の好転は見込めないという話もあります。

 新型コロナの行く末の不安だけでなく、ロシアやサウジアラビアなど産油国の地政学的問題も不安定の度合いを増しています。日本には自前の資源はほとんどありません。原油をめぐる問題は、かなり複雑な事情が絡み、一筋縄ではいきません。もちろん政府も国内のガソリン高騰を抑えるべく、補助金の発動などで対策を講じています。これにより当面、街中のガソリンスタンドではレギュラー単価170円を超えないように調整されるようです。

<参考サイト>
サービスエリアのガスステーション|ドラプラ(E-NEXCO)
https://www.driveplaza.com/sapa/shisetsu_service/gas_station/
ガスステーション|NEXCO中日本 ドライバーズサイト
https://sapa.c-nexco.co.jp/guide/gs
施設・サービスガイド | 給油・給電|NEXCO西日本
http://www.w-holdings.co.jp/service/gas.html
なぜ高速道の「ガソリン価格」は高い? 数十円もある一般道との差! 安くならない背景とは|くるまのニュース
https://kuruma-news.jp/post/467675
【一般道とは事情が違う?】なぜ高速道路のガソリンスタンドは高いのか?|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/column/124846
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授