テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.03.29

WindowsとMacどっちがいいのか?

 Windows95が発表され、初代iMacが登場した1990年代後半以降、「Windowsにするか、Macにするか」は、パソコンユーザーを悩ませてきました。4半世紀の対決に、決着はつくのでしょうか。

シェアで見るWindowsとMac

 世界全体を見渡すと、デスクトップOSシェアのトップはWindowsが73.7%で圧倒的シェアを誇り、2位のOS X(Mac)15.3%に大差をつけいます(2021年12月StatCounter調べ)。日本国内の状況もほぼ同じで、Windows71.1%、OS X(Mac)12.4%となります。

 何と言っても多くの組織で一括導入されているのは、圧倒的にWindowsマシンです。しかし、新型コロナの流行に伴うテレワークや在宅学習の用途で買い替えや買い増しの需要が増えたなか、とくに個人市場のシェアではAppleがじわじわ伸びを見せています。

 というのも、現在多くのオフィスで使用されているWindows 10マシンの多くが、そのままでは11にアップグレードできないという問題を抱えていることが明らかになったためです。Windows 10のサポートは2025年10月に終了が決定していますが、ギリギリまで使って様子を見ようというユーザーも増えています。

 一方、政府のGIGAスクール構想によって小中学校で一人1台配布された端末の内訳は、Chrome OSのシェアが43.8%、iPad OSが28.2%、Windowsが28.1%となっています(2021年2月MM総研調べ)。iPadで育ち、iPhoneを持つ子どもたちが成長してWindowsになじめるのかどうか、首をひねるところです。

Windowsマシンはユーザーに自己責任を思い出させる?

 では、実際、WindowsとMacでは、何がどう違っているのでしょうか。両者の長所と短所、機能やコスパを見ていきましょう。

 Windowsの利点は、何よりも価格帯で選べるバラエティの広さでしょう。ただ、それだけに自分がどのようなスペックを重視しているか、細かく自覚して比較検討する必要があります。また、標準アプリはインストールされていますが、メーカーにより選ばれているアプリの種類が違うので、ここでもユーザー側が比較検討タイムを設けて、豊富なサードパーティアプリから機能を充実させていくことになります。

 ただし、こうしたサードパーティアプリに対するセキュリティのガイドラインについて、WindowsがMacほどの厳しさを備えていない点はよく指摘されます。Windowsに「ウイルスが多い」と言われるのは、そのためです。ユーザーに自己責任を思い出させるのが、Windowsマシンと言えそうです。

Macのデザイン性が高いと言われる理由

 一方のMacでは、必要な機能のほぼすべてが幅広くプレインストールされています。初期設定で必要な手動入力はタイムゾーン、Apple ID、国や地域ぐらいで、再起動もスムーズです。また、Windows用に開発されたMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPoint等)などのアプリについても、App Storeからダウンロードできます。

 スタイリッシュなデザイン性の高さは言うまでもありません。デザインとは表面的なことではなく、ほとんどのユーザーが直感的に使いこなせて、迷わず作業や遊びに没頭できる洗練されたインターフェイス。

 Macにはデスクトップ型、ノート型Macのほか、タブレット型のiPad、iphoneなどのデバイスがそろっていて、データ共有も手軽。どの機器でも同様の環境を再現できる点も大きな魅力です。ただし、本体も周辺機器もWindowsに比べると高めであること、Appleに囲い込まれるような点を気にする人もいます。

普段着だから安くあげるのか、気分良く過ごすのか

 使い勝手のよさは、慣れによるものがほとんどです。初期のMacはデザイナーやクリエイター御用達というイメージでしたが、ユーザーを選んでいるわけではありません。メールや書類作り、ネット利用や動画視聴などが主であれば、どちらを選んでも大差ないのが事実です。

 ほとんどのユーザーが、家でも会社でもPCに貼り付いている時間が多い現在、PCは普段着のようなもの。多少のお金をかけていい気分でいるのか、節約を大事に割り切るのかは、それぞれの人生観の問題としか言えません。

<参考サイト>
・マイナビニュースTEC「2021年デスクトップOSシェア、Windowsが7割以上独占」
https://news.mynavi.jp/techplus/article/20220103-2242524/
・日経XTECH「GIGAスクール特需」で端末出荷大幅増、MS・アップル・グーグルの勝者はどこか
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01647/052000005/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恒存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授