テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2022.04.16

盗難されやすい車ランキング

 自動車の盗難対策は万全という人も要注意。窃盗グループはこちらの油断をついてきます。車両の盗難件数はここ数年減少していますが、それでも年間数千件起きています。ということでここでは、どのような車が盗まれやすいのか、またどういったエリア、どういった時間帯に多いのかといった情報を見てみましょう。

盗まれやすい車トップはランドクルーザー

 日本損害保険協会は2000年度から毎年、車両本体の盗難や車上狙いの件数で保険金を支払った事案の件数を公表しています。これによると2021年(第23回調査)における車両盗難件数は2,425件となっています。2020年は2,964件、2019年は3,800件であることから、車両盗難件数は減少傾向にあることがわかります。

 また、それぞれの年ごとに盗難された車種名のワースト10も公開されています。これによると2021年に盗難された車の車名別ワースト10は以下の通り。件数は1年間で盗難に遭った件数、右のパーセンテージは構成比です。

1位 ランドクルーザー 331件 13.6%
2位 プリウス 266件 11.0%
3位 レクサスLX 156件 6.4%
4位 アルファード 138件 5.7%
5位 クラウン 81件 3.3%
6位 ハイエース 78件 3.2%
7位 レクサスRX 58件 2.4%
8位 ヴェルファイア 41件 1.7%
9位 レクサスLS 36件 1.5%
同9位 ハリアー 36件 1.5%

 1位はランドクルーザー(トヨタ)、2位はプリウスとなりました。ランドクルーザーは2019年、2020年のデータでは2位となっています。また2019年、2020年の1位はプリウス。ここ3年間のデータではランドクルーザーとプリウスでおよそ全体の2割超から3割弱を占めています。

ランクル、プリウス、レクサスLXが盗まれる理由

 ランドクルーザーといえば高級SUV。どこでも快適かつタフに走り回る車として世界的に人気です。この世界的に需要が高いことがあだになっていると言えるかもしれません。こういった車のパーツは、中古補修部品としても需要が高いことから、分解して海外に運んだ後も売りさばき易いという理由があるようです。

 またプリウスもランドクルーザー同様、世界的に人気が高い車です。特にプリウスに関しては、「希少金属」を使用している割合が高いことが関連しているのではないか、という記事もあります。さらにハイブリッド車は静かであることから、窃盗団が夜間に活動するときの足になっているという話もあります。

 続いて3位のレクサスLXは、2019年は5位、2020年と2021年で3位となり、年々盗難件数が増えています。レクサスLXはランドクルーザーをベースとした高級車です。狙われる理由の大きな部分はランドクルーザーと同様ですが、レクサスならではといえる理由も関係しているかもしれません。

 車情報サイトベストカーでは、レクサス車の「純正セキュリティをつけていることの油断」があることを指摘しています。窃盗団はすでにセキュリティやGPSユニットの場所を熟知しているようです。この辺りを取り外したりする作業をマニュアル化してしまえば、あとは繰り返しで簡単に盗まれてしまいます。レクサスブランドの車は他にも7位にレクサスRX、9位にレクサスLSがランクインし、この3車種を合わせるとワースト10全体の10%以上を占めています。

盗難の多い都道府県1位は愛知県

 日本損害保険協会の資料には盗難の多い都道府県の情報も掲載されています。これによると、2021年におけるワースト10は以下の通りです。右のパーセンテージは構成比です。

1位 愛知県 448件 18.5%
2位 千葉県 287件 11.8%
3位 大阪府 283件 11.7%
4位 埼玉県 225件 9.3%
5位 茨城県 221件 9.1%
6位 神奈川県 154件 6.4%
7位 栃木県 127件 5.2%
8位 東京都 89件 3.7%
9位 三重県 80件 3.3%
10位 岐阜県 78件 3.2%
そのほか 433件 17.9%

 1位は愛知県。愛知県自動車盗難等防止協議会が2021年4月末に公開した啓発動画によると、愛知県内の盗難車の4割は「レクサスLX・レクサスRX・ランドクルーザー」とのことです。また動画では、後付けのセキュリティ装置(ハンドルロック、タイヤロックなど)を複数組み合わせることや、音や光を発するセキュリティ装置の使用を推奨しています。盗難する際に時間をかけさせることで防犯力は高まるとのこと。

 また2021年のデータで盗難発生の多い時間帯は、1日を3つの時間帯に分けたとき、深夜(22時から朝9時)が55.2%と最も多く、ついで日中(9時から17時)が29.0%、夜間(17時から22時)が8.7%となっています。2019年のデータと比較すると、深夜の盗難件数は約4%減少し、日中の盗難件数が約4%増加しています。犯行はだんだん大胆になってきていると言えるかもしれません。油断大敵です。

<参考サイト>
自動車盗難事故実態調査|一般社団法人 日本損害保険協会
https://www.sonpo.or.jp/about/useful/jidoshatounan/index.html
ランドクルーザーが車名別盗難ワースト1  ~「第23回自動車盗難事故実態調査結果」を発表~│@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/300235
【要注意!!】レクサスLX 1000台中50台が盗難に!?? なぜこんなに盗まれるのか?|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/289982
【独自】旧型プリウス盗難相次ぐ、「希少金属」狙いか…車両価格より高価な例も|読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20211013-OYT1T50050/

あわせて読みたい