テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.12.09

踏切がない線路「勝手踏切」はなぜ存在するのか

 「勝手踏切」とは、鉄道事業者が設置した正式な踏切ではなく、地域住民などが慣例的に通行している非正規の踏切を指します。

 国土交通省によると、「勝手踏切」の数は全国の鉄道事業者が把握している数だけでも1万7066カ所に上るといわれています(2021年1月時点)。この「勝手踏切」の数は、約3万3千カ所といわれる正規の踏切数の半数を上回っています。

「勝手踏切」での事件・事故

 当然ながら、国土交通省は「勝手踏切」を踏切として認めていません。したがって、「勝手踏切」を横断する行為は無断で線路に立ち入る行為であり、違法です。

 例えば2021年には、山添拓参議院議員が埼玉県内で「勝手踏切」を渡ったとして書類送検されたことが報じられるなど、「勝手踏切」の横断は事件となり得る行為です。

 さらに近年だけでも、以下のような痛ましい事故が起きています。

2016年:高松市牟礼町でJR高徳線の「勝手踏切」を渡っていた高齢女性がはねられ死亡
2016年:長崎県佐世保市で松浦鉄道の「勝手踏切」を渡っていた未就学女児がはねられ意識不明の重体
2021年:神奈川県鎌倉市で江ノ島電鉄の「勝手踏切」を渡っていた小学3年女児がはねられ意識不明の重体
2021年:大阪府富田林市で近鉄長野線の「勝手踏切」を渡っていた小学1年女児がはねられ死亡
2022年:島根県浜田市でJR山陰線の「勝手踏切」を渡っていた高齢女性がはねられ死亡

 しかしながら、たとえ事故につながる危険性が高くとも「勝手踏切」を渡る人が絶えることはなく、また、全ての「勝手踏切」の横断が事件化されているわけではありません。

「勝手踏切」が廃止されない理由と現状

 全国各地にある「勝手踏切」ですが、問題や事情は各地で異なります。

 例えば、「勝手踏切」での事故が多いといわれる江ノ島電鉄は路面電車が始まり線路が生活道路であったことの名残から、線路に向かって玄関や門を構える民家や線路を渡らないと自宅にたどり着けない場合もあるなど、「勝手踏切」が日常生活に欠かせないものとなっているといわれています。

 また、江ノ島電鉄は海に沿った線路の近くに住宅街があり、住宅街の裏手は崖が迫っているという地理的理由による防災の観点からも、津波や土砂崩れといった災害時の避難路として機能しているとした意見もあります。

 一方、「勝手踏切」が全国で最も多いとされる愛媛県のうち、例えば伊予鉄横河原線では「勝手踏切」の下には地域全体の公共物である用水路が流れていることや、さらにその「勝手踏切」を渡らないと畑に行けないなど、鉄道敷設前からの地域生活との兼ね合いから、撤去できない場合もあります。

 そして、同じく愛媛県の予土線は、裏が山で玄関の前を線路が通っているため、「勝手踏切」を渡らないとどこにも行けない家があるなど、江ノ島電鉄と似たような現状もあります。

 現行法である2002年に施行された「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」では、第39条にて「鉄道は、道路と平面交差してはならない」とされています。つまり、踏切を新設する場合は立体交差化が原則であり、新しい踏切の設置が高いハードルとなっています。そのため、「勝手踏切」がないと地域生活が成り立たなかったり地理的安全性を担保できなかったりする以上、現状のままでは「勝手踏切」を全廃することは難しいと考えられています。

 以上のような事情から、「勝手踏切」が存在する理由や、問題があっても「勝手踏切」が即全廃どころかなかなか廃止できない理由や現状が各地域にあることがうかがえてきます。

 しかし、踏切がない線路である「勝手踏切」が危険であることには変わりありません。たとえ「勝手踏切」が地域生活の場に必要であったとしても、愛媛県のJR予讃線のように時速100キロ超の特急が疾走する路線もあります。そうした場所の「勝手踏切」は危険性が非常に高いため、廃止やフェンスで囲う等の立ち入り禁止措置を視野に入れた協議をする必要があるといえます。

 「勝手踏切」の存在について、地域生活との合意点を探りながら合法的かつ安全な運用が求められています。

<参考サイト>
・鉄道に関する技術上の基準を定める省令 - e-Gov法令検索
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=413M60000800151
・踏切ないのに線路横断、全国1万7000カ所 国交省調査
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE30CPY0Q1A430C2000000/
・「勝手踏切」閉鎖進まず
http://www.asahi.com/area/kagawa/articles/MTW20160215380370001.html
・「勝手踏切に鍵付き扉」で万事解決にはならぬ 軒先かすめる江ノ電 渡ってはいけない命の道
https://trafficnews.jp/post/112774
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

こりごり?アイ・ラブ・トランプ?…トランプ陣営の実状は

こりごり?アイ・ラブ・トランプ?…トランプ陣営の実状は

「同盟の真髄」と日米関係の行方(7)トランプ氏の評価とその実像

「こりごりだ」「アイ・ラブ・トランプ」…いったいどちらが本当のトランプ評なのか。前大統領のトランプ氏は、過激な発言で物議を醸すことも多かったが、その人柄はどのようなものだったのだろうか。2024年11月アメリカ大統領選...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/24
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

正解がタダ!?大規模言語モデルの「自己教師あり学習」とは

正解がタダ!?大規模言語モデルの「自己教師あり学習」とは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(3)言語モデルと「自己教師あり学習」

生成AIによる出力の精度を飛躍的に向上させた大規模言語モデル。はたしてこれまでの言語モデルとはどのような違いがあるのか。1940年代に出た言語モデルの原型を手始めにその仕組みを解説しながら、大規模言語モデルの画期性を...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/23
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
3

小林秀雄から福田和也まで、日本の文芸批評史を俯瞰する

小林秀雄から福田和也まで、日本の文芸批評史を俯瞰する

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(1)曖昧になった日本人の「自然」

前近代と近代、戦前と戦後といった社会の転換期において、日本人の精神的な拠り所には大きな「ズレ」が生じていた。それを指摘し、そのズレを縫合する方法を模索したのが小林秀雄や吉本隆明といった文芸批評家である。彼らの議...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/06/16
浜崎洋介
文芸批評家
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之