テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.01.16

「女性トイレの行列問題」なぜ解消されないのか

 大型イベント会場やショッピングセンターに行ったとき、男性トイレは行列してないのに、女性トイレだけは長蛇の列になっている光景を目にしたことがある方も多いでしょう。なぜ女性トイレは男子トイレに比べて行列してしまいやすいのでしょうか? そして、多くの人が困っているのに、なぜ解消されないのでしょうか。

女性トイレが行列しやすい理由

 行列の理由として、設置できる器具の数の違いがあります。女性トイレはすべて個室なので、男性トイレと同じスペースがあっても設置できる数は少なくなってしまいます。一度に使用できる人数が限られるため回転が悪くなってしまっているのです。

 また、男性に比べて用を足す際の工程が多いことも理由として挙げられます。服と下着をおろすにしても、女性の場合はタイツやストッキングを着用していたら脱ぎにくいので余計に時間がかかってしまいますし、用を足したあとに紙で拭き取る必要があります。さらに生理の場合にはさらに工程が増えてしまったりと、男性よりもトイレで行う作業が多いという現実があるのです。実際、中日本高速道路会社が2014年度にトイレにかかる時間を調査したところ、男性が小便器を利用した場合は平均37.7秒だったのに対し、女性が個室を利用した場合には平均93.1秒と2.5倍の時間がかかるという結果も出ています。

 さらに周りの目がないことを良いことに、個室内でメイクをしたり携帯電話を操作したり、居眠りをしてしまう女性もいるといいます。こうした非常識な振る舞いをする人がいると個室1つを占領されてしまうので、ただでさえ悪い回転が悪化して長い列ができるのもやむを得ないですよね。

解消に向けた取り組みも

 多くの女性を悩ませ苦しめているトイレの行列問題ですが、解消に向けた取り組みも進められています。

 例えば、トイレの数が多い場合にはどこが空いているか分からない状況になることも珍しくありません。その事態を避けるために、空いているときは分かるようにドアに設置した青のランプが点灯する、「空」の文字が見えるような工夫がされているのを見たことがある人もいるでしょう。高速道路のサービスエリアなどでは、トイレの入り口に使用中か空室かを電子パネルで一目で分かるようにしているところもありますね。

 また、商業施設やスポーツ観戦のスタジアムでは入り口と出口を分けることで人のすれ違いを避け、スムーズに動けるような配慮がされている場合もあります。

 日本同様、海外でも女性トイレの行列は問題となっていますが、イギリスでは女性向けの小便専用トイレ「PEEQUAL(ピークアル)」が開発され、話題を呼んでいます。このトイレは個室ではなく、立ち上がると上半身が見える高さの仕切りで分けられているだけ。しゃがんで用を足し、使用した紙はゴミ箱に捨てる、といういたってシンプルなつくりになっています。トイレは汲み取り式になっていて、タンクにたまった尿はリサイクル技術によって発電に使用されるといいます。便器に触れないので衛生的であること、環境にも配慮された仕組みであることから注目を集めていて、すでにマラソン大会や音楽フェスなどで導入されています。

 女性トイレの行列はさまざまな取り組みも進んでいますが、何より大切なのはひとりひとりが譲り合いの精神を持つことでしょう。女性トイレの個室は休憩所ではないので、特に待っている人がいる場合には用を足したらすぐ退出して、周りに迷惑をかけないように心がけたいものですね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(5)ロレンス『黙示録論』と人を愛する道

戦時下にあってロレンスの『黙示録論』を翻訳し、戦後にはその出版にこぎつけた福田恆存は、同書から思想的に大きな影響を受けていた。近代化によって個人主義と全体主義の板挟みとなった人間は、どのようにして他者との愛を育...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/14
浜崎洋介
文芸批評家
2

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
3

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
4

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授