テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2023.01.22

外国人の日本に対する「誤解イメージ」7選

 ひと昔前、外国人が日本と聞いて思い浮かべるイメージは「サムライ、スシ、ニンジャ、ゲイシャ、フジヤマ、ハラキリ」等がステレオタイプと言われていました。日本文化への興味や理解が深まり、外国人観光客も激増した現在では、もう少し日本の真の姿が伝わっているはず。とは言え、今も日本や日本人に誤解したイメージを持っている外国人は少なくないようです。今回はその日本に対する誤解イメージをピックアップしました。

それ誤解です!日本への勘違いや思い込み

・畳で暮らし布団で寝ている
 今は床はフローリングやカーペット、布団を敷かずにベッドで寝ている人が圧倒的に多い日本ですが、畳に布団を敷くスタイルが普通だと思っている外国人も多くいます。実際に日本を訪れ宿泊した旅館や温泉宿などのしつらいが日本のオーソドックスだと勘違いして帰国するパターンもあるよう。日本に来る前に「正座」の練習をしたという方もいました。

・着物や草履で生活している人も多い
 温泉の仲居や和食店の店員、寺社に勤める方など、日本らしさを感じる場所には着物姿の日本人も多く、着物で暮らす人が少なくないと勘違いする外国人も。日本からの国賓や要人の妻の正装として着物姿をニュース等で見ている外国人も、民族衣装ではなく今も日常的に着られているものとして認識しているようです。

・忍者も侍も今も少しは存在している
 忍者や侍がまだ居ると信じている人はいないのでは?と思われますが、実際に外国人に聞いてみると半数以上の人が「数は少ないが居る」「まだ残っている地域がある」と考えているそう。アニメや映画などエンターテーメント、スポーツにおける「サムライ」という日本を表す言葉の影響が大きいのかもしれません。

・家庭でも寿司を握り常食している
 インドにおける「カレー」のように、「寿司」は日本の国民食と思っている外国人も多く、家庭で寿司を握って頻繁に食べていると勘違いしていることも。日本を代表する有名な料理がほぼ家庭では作られず外食のみということに驚いた、と言う人もいます。海外では外食でしか食べられない「名物料理」的なものはあまりないのかもしれません。

・日本人はみんな仏教
 日本には驚く数のお寺があり僧侶の存在も広く知られていることから、日本人はほとんどが仏教信仰していると勘違いしている外国人も。お寺や神社にはよく行くのに、日本人は無宗教の人が多いことに「どうして?」と疑問を感じたという方も。信仰を持つのが当たり前の国の人からすると、日本人の宗教心の緩さを不思議に感じるようです。

・多くの日本人が武道をたしなんでいる
 柔道や剣道、相撲など「日本のスポーツ=武道」と思っている外国人も多く、子供の頃から誰しもが何らかの武道をたしなみ、学校の授業でも教えられていると勘違いしていることも多いようです。これも「サムライ」文化からの思い込みや、オリンピックなどの国際大会での日本人の活躍の影響が大きいのでは。

・日本人はみんなアニメやゲーム好き
 日本に興味を持つきっかけが「アニメ」「ゲーム(ニンテンドー)」だったという外国人も多く、日本人はみんなアニメやゲーム大好きと勘違いしていることも多いよう。ある50代のイギリス人は「日本に来てみたら同世代の日本人にアニメやゲームの話をしても全然通じない」。確かにアニメやゲームは日本人に広く浸透していますが、全員がコアなアニメ好きやゲーマーではないのです。

たとえ誤解でも日本に興味を持ってくれる外国人が増えることに期待

 以上、なかには思わず頬が緩んでしまうようなさまざまな誤解や勘違いもありますが、日本のイメージはいまだ完全には書き換えられていないのかもしれません。異国を感じる和風な佇まいや武士道など、これまで日本が世界に向けて発信してきた映画等のビジュアルイメージが根強く残っているのではないでしょうか。

 この先はそのステレオタイプな日本像ばかりではなく、戻ってきた外国人観光客に向けて日本のイメージを更にアップするような「ギャップ」や「刷新」を多角的に発信していくことが必要となっているのでは。たとえ誤解や勘違いから始まっても、それをきっかけに日本の「伝統」と「未来」の両方に興味を持ってくれる外国人が増えてくれると嬉しいですね。

あわせて読みたい