テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.08.18

「世界で最も親しみやすい都市」TOP10

 アメリカに本社を置くオンライン学習プラットフォーム『Preply』は世界53都市を対象にした調査から「世界で最も親しみやすい都市」のランキングを発表しました。

 いったいどんな都市が選ばれたのでしょうか。また、「親しみやすい」とはどういった基準なのでしょうか。解説します。

ランキングは「コミュニティ精神」を数値化して作成

 『Preply』は本ランキングを「コミュニティ精神(Community Spirit)」を数値化し、6つの指標をもとに作成したとしています。

 ここでの「コミュニティ精神」とは、その土地のフレンドリーさ、相互コミュニケーションのしやすさ、居心地のよさなどのことです。知らない場所や初めての土地へ行った時、地元の人に冷たい対応をされて傷ついた、逆にとても親切にしてくれていい思い出になった……という経験は誰しもあるでしょう。

 部外者に対して友好的かどうか、居心地がいいかどうかは、その土地の印象を大きく左右するものです。

 『Preply』は「最もフレンドリーで親しみやすい都市を特定することで、移住先や新しい旅先を検討している人に重要な情報を提供できる」と前置きしています。

 つまり、本ランキング上位となる「コミュニティ精神指数」の高い都市は、外国人・非ネイティブが歓迎されやすい都市であるということ。受けいれ態勢が整い、「誰でもウェルカム!」という精神が根付いた街であるということになります。

ランキングに使われた6つの指標

 ランキングのもととなる6つの指標をご紹介します。

・リピート率……その土地を旅行後、再度訪れた訪問者の割合。
・サービス業のスタッフの親しみやすさ ……「フレンドリー」に言及する宿泊施設のレビューの割合。
・治安 ……都市の安全指数スコア。(100点満点)
LGBTQ+の平等性……多様性の受けいれやすさ。(100点満点)
・総合的な幸福度 ……地元住民が感じる都市全体の幸福(ウェルビーイング)の感じやすさ。(10点満点)
・英語でのコミュニケーション力(10点満点)

 それでは、公開されているランキングのうち、TOP10を見てみましょう。

世界で最も親しみやすい都市TOP10

同率1位:トロント(カナダ)
同率1位:シドニー(オーストラリア)
3位:エディンバラ(スコットランド)
4位:マンチェスター(イギリス)
5位:ニューヨーク(アメリカ)
6位:モントリオール(カナダ)
7位:メルボルン(オーストラリア)
8位:サンフランシスコ(アメリカ)
9位:ダブリン(アイルランド)
10位:コペンハーゲン(デンマーク)
(『Preply』2023年4月掲載記事より)

 同率1位となったのがカナダ第一の都市・トロントと、オーストラリア最大の都市・シドニーです。いずれも総合得点が10点満点中7.97点となっています。

 『Preply』によるとカナダ・トロントの場合、「リピート率」が15%、「LGBTQ+の平等性」が100点満点中90点という高得点を獲得しており、何度も訪れたくなるだけでなく、あらゆる人種を歓迎してくれる包括的な環境がある都市だとしています。

 「LGBTQ+の平等性」で90点以上を獲得したのは上位10都市のうち、トロントのほかは同じくカナダのモントリオール(6位)のみです。

 オーストラリアのシドニーについては「治安」が高い評価を受けており、スコアは100点満点中65.87点。また「LGBTQ+の平等性」についても100点満点中84点と高得点を獲得しています。

 さらに「総合的な幸福度」は10点満点中7.13点、「リピート率」は16%と、トロントのそれよりも上回っています。

 『Preply』は以上2都市について「(それぞれの都市への印象や好みにかかわらず)どちらの都市でも温かく居心地の良い環境を見つけることができる」と結論づけています。

 ランキング3位はスコットランドの首都エディンバラで、総合得点は10点満点中7.78点です。中でも高評価を得たのが「治安」面で、100点満点中68.92点。トップ10位のうち、デンマークのコペンハーゲン(10位、治安73.55点)に次ぐ高得点となっています。

 ランキング4位につけたのがイングランドのマンチェスターです。総合得点は10点満点中7.72点と、3位のエディンバラとは僅差。特筆すべきは「サービス業のスタッフの親しみやすさ」で、宿泊施設のフレンドリーさに言及するレビューが14.76%と、今回調査対象となった都市の中で最高値だったと『Preply』が述べています。

 「治安」は45.09点と若干低いものの、「LGBTQ+の平等性」は100点満点中82点、「リピート率」は12%と、多様な人種に歓迎的な雰囲気です。

 1~10位の都市では、デンマーク・コペンハーゲン(10位)以外はすべて「英語でのコミュニケーション力」が10点満点。いずれの都市も地元住民の「総合的な幸福度」が10点満点中7点近くかそれ以上のスコアとなっていて、5~10位でもその傾向は変わっていません。

 5位~10位以内で「リピート率」が15%を上回っているのはアメリカのニューヨーク(5位)とサンフランシスコ(8位)、カナダのモントリオール(6位)。そして「サービス業のスタッフの親しみやすさ」で10%以上となっているのは、アイルランドのダブリン(9位)のみでした。

 10位のコペンハーゲンは「治安」が73.55点と、10位以内で断トツの首位となっています。

日本の都市は20位以内に入らず

 『Preply』が公表している今回のランキングでは20位まで、またワースト10のランキングもありますが、そのいずれにも日本の都市は入りませんでした。

 どのスコアがどの程度影響しているかは推測の域を出ないですが、おそらく「治安」やインバウンド強化の姿勢から「サービス業のスタッフの親しみやすさ」は高めと考えられるいっぽう、「英語でのコミュニケーション力」そして「LGBTQ+の平等性」において大きくランキングを落とした可能性があります。

 日本が観光立国としてトップレベルとなり、また外国人労働者の受けいれをしやすくするためにも「親しみやすい都市」の指標は参考にすべきかもしれません。

<参考サイト>
・The Community Spirit Index: The world’s friendliest cities for non-natives(Preply)
https://preply.com/en/blog/worlds-friendliest-cities/?utm_source=join1440&utm_medium=email&utm_placement=newsletter
・世界で最も親しみやすい都市 トップ20(Business Insider Japan)
https://www.businessinsider.jp/post-271456
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
2

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
3

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授