テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.08.20

なぜ昔の車には「つり革」が付いていた?

 車の見た目は時代によって大きく変わります。形自体も違うという点もありますが、今では見かけなくなったパーツというものもあります。たとえば「アースベルト」は一時期、流行したといえるでしょう。これは車の後部に地面と接するようにゴム紐を垂らすもの。先に吊革のような「輪っか」がついていることもありました。これは一体何だったのでしょうか。

静電気対策? ドレスアップ?

 この「アースベルト」、スマホのストラップに指を通して落下を防ぐタイプのものがありますが、この形に近いかもしれません。紐の部分は太めのゴムでできていて、1メートルほどあります。「アースゴム」とも呼ばれ、一時期はカー用品店で広く販売されていたようです。おおよそ1970年代から1980年代に流行しています。その頃の一部の車は、これをリアバンパーにつけて垂らして走っていました。

 機能としては車の帯電を防ぐとされ、もともとはカーオーディオやアマチュア無線の愛好家がノイズ除去を目的として装着したようです。ただしドレスアップアイテムとして、つまりかっこいいアイテムとして装着されることも多かったようです。特に車高を落とした車はこの紐が地面にぺったりとくっつくことから、車高の低さをアピールすることもできたようです。

 その後、おおよそ1985年以降になるとポール型アンテナ(車載テレビや自動車電話のアンテナ)が「空気中に静電気を放電する」として人気になります。こうして「アースベルト(アースゴム)」は少しずつ減っていたようです。さらに2000年代になると、電装系にアースケーブルを追加する「アーシング」という放電の方法も流行ったようです。

タイヤは電気を逃している

 ただし現在では、どれもあまり見かけなくなりました。理由としてはいくつか考えられますが、そこまでの効果が得られなかった、ということが一つ挙げられるかもしれません。このことで、流行の変化に流されるように消えていったということではないでしょうか。実際のところ特に現代の車では、走りながらタイヤを通して放電しているので、特にアースベルトを使う必要はありません。

 タイヤは電気を通さないと思われがちですが、実はタイヤの成分のうちゴム(天然ゴム・合成ゴム)が占める割合は50%程度。他にもタイヤは100種類を超える原材料でできています。このなかでもたとえば補強財の一つで、タイヤが黒い理由の一つである「カーボンブラック」は電気を通します。またタイヤの強度や形状を保つために一定程度スチールも含まれます。これらが道路と接することで車全体の帯電はある程度防がれる仕組みになっています。

 最近はタイヤに「シリカ」を配合するようになっています。このことで燃費性能も向上するのですが、問題はこの物質が電気を通さないという点です。しかし、この点についても「導電スリット」と呼ばれる微細な溝を設けて、そこから静電気を逃すようになっています。こうして現在ではグリップ性が優れていながら、ある程度道路に放電しながら走れる快適なタイヤが増えています。

<参考サイト>
・タイヤの原材料|GOOD YEAR
https://www.goodyear.co.jp/knowledge/rawmaterial.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恒存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授