テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2023.08.22

トラックのタイヤが浮いている理由

 大きなトラックにはタイヤがたくさん付いている場合があります。これは重い荷物を運ぶ際に、タイヤへの負荷を分散させることが主な目的です。ただ高速道路などでは、トラックがタイヤを複数本浮かせた状態で走っている様子を目撃することもあります。これはいったいどうなっているのでしょうか。またなぜこのようなスタイルで走っているのでしょうか。

「リフトアクスル」でタイヤを浮かせている

 トラックは大量の荷物を運ぶための車です。特に大型のトレーラーの場合、最大20トン前後の荷物を積むこともあります。こうなるとタフなタイヤが複数求められることになります。このために、トレーラーの後部にはタイヤがたくさん付いています。またそれぞれのタイヤもホイールに2本並列させたデュアルタイヤ(ダブルタイヤ、ツインタイヤ)が使用されていたり、シングルタイヤであってもかなり大きなものが装着されていたりします。

 ただし、荷物を下ろした後のトレーラーは一気に軽くなります。こうなると荷重に耐えなくてよいので、複数のタイヤを使う必要性はなくなります。この時には、必要のないタイヤをリフトアップして地面につかないようにして走ります。この機能は「リフトアクスル」と呼ばれます。「リフト」は「上げる」、「アクスル」は「車軸」の意味です。つまり、時折高速道路などで見かけるタイヤを浮かせた車は「リフトアクスル」した状態(車軸をあげた状態)の車です。

タイヤを浮かせると高速道路料金が変わる

 タイヤを浮かせて走ればそれだけタイヤは摩耗しないので、タイヤ自体を長持ちさせることができます。同様にこれらのタイヤに関わるブレーキの摩耗や足回り周辺部品の劣化も防ぐことができます。また摩擦によるエネルギーロスも防ぐことになり、燃費の向上にも役立つでしょう。加えて、カーブなどでの操作性もよくなります。さらに、もっとも大きなポイントは「リフトアクスル」しているかどうかで、高速道路の料金が変わるという点です。

 高速道路の料金区分は、トラックでは「特大車」「大型車」「中型車」が該当します。トレーラーを牽引(連結)していない状態のトラックは「中型車」となります。残り「特大車」と「大型車」の区別は車軸数によります。車軸数が4本以上の場合は「特大車」、車軸が3本以下の場合「大型車」です。つまり、「特大車」は車軸を上げることで「大型車」となります。このことで、およそ40%程度も高速道路料金を節約することができます。頻繁に高速道路を使う場合、かなり大きな恩恵を得られるといえるでしょう。

荷物を積んだら「リフトアクスル」は使えない

 ただし、荷物を積んだ状態であればタイヤは全て接地していなければ危険です。リフトアクスルしたままだと、接地しているタイヤへの負荷がかかりシャーシなどにも問題が生じます。もちろんこの状態で走行すればトラックの寿命が縮みます。またタイヤやシャーシに問題が起こった場合、走行中にタイヤが外れて他の車や歩行者などにぶつかったり、車が横転したりするなどかなり大きな事故を引き起こします。

 このことから、規定を超えた積載量の状態で「リフトアクスル」機能を利用していた場合、道路整備特別措置法によって「30万円以下の罰金」ならびに「免れた通行料金の3倍」が請求されることになります。また最近ではこの「リフトアクスル」はドライバーが操作するのではなく、重量センサーが状況を検知して自動で制御されるようになっているようです。

<参考サイト>
・トラックのリフトアクスルはメリットたくさん!役割や注意点も解説│株式会社シマ商会
https://shima-corp.com/labo/truck/truck-lift-axle

あわせて読みたい