10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.03.25

プロ野球開幕!注目のイケメンルーキーを徹底解説

 プロ野球開幕。昨年秋にドラフト指名され、さっそく1年目から活躍しそうな選手たちにも注目が集まっています。

 そんな中から、ルックスと実力を兼ね備えたイケメンルーキーたちをご紹介。ひとあし早くお気に入り選手を青田買いして、プロ野球をもっと楽しんでみませんか? 『野球太郎』編集部の持木編集長にお話をうかがいましたので、濃く確かなイケメンルーキー情報をお伝えします。

実力No.1のワイルド系イケメン 高山俊(阪神・外野手)

 浅黒い肌に、強い目力。オーラのある風貌のこのイケメンは、甲子園優勝経験に加え六大学野球でも際立った成績を残し、1位指名の野球エリート。クールで硬派と評判です。持木編集長も、実力はナンバーワンと太鼓判。ルーキーがいかに活躍できるかは監督にどれだけ買われているかが重要とのことですが、金本監督も高山選手を連日オープン戦に出場させ7試合連続安打を記録。飛距離の出せる長打者としての活躍が期待されています。

王子感漂う爽やかイケメンピッチャー 原樹理(ヤクルト・投手)

 「じゅり」というキラキラネームも話題となった原投手は、元甲子園のアイドル、涼しげな正統派イケメンです。スタイルのいい細身の身体を持ち、投球フォームもピッチャーのお手本のよう。ヤクルトの好成績が今季も続けば、新人王を獲る可能性も、と持木編集長。ピッチャーが不足しているヤクルトにとって、その成績は原樹理投手次第という見方も。オープン戦では切れのいい投球や、瞬発力の高い動きも見せ、ますます期待が高まります。

いまどきイケメンVS 昭和なイケメン

 いまどきイケメン 今永昇太(DeNA・投手)

 駒澤大学で活躍していた頃から、野球青年のイメージとは違う長い襟足のヘアースタイルでいまどき感たっぷりの今永投手。ドラフト指名の際に、お笑いにも自信があると、ラミレス監督お得意ギャグ「ゲッツ」を披露した明るい笑顔が印象的でした。そんなチャラそうなイメージとは逆に、開幕一軍が期待される安定感のある投球で、監督もお気に入りの選手。ケガなく順調に進めば、即戦力としてベンチ入りの可能性も高いイケメンです。

 昭和なイケメン 熊原健人(DeNA・投手)

 一方こちらは、日活俳優のような昭和ハンサムな熊原投手。俳優の高良健吾さんをコッテリさせた顔立ちです。持木編集長によれば、最近はスマートな投球フォームの選手が主流のなか、彼はダイナミックで全身全霊を込めて投げる古典的な投球スタイルとのこと。甲子園経験はなく、実家の神社をつぐ予定が野球を続けるため仙台大学に進学と、際立った目立ち方をしてきた選手ではありませんが、コツコツ地味に頑張ってきた努力派。プロでも花開いて欲しい投手のひとりです。

高卒イケメンなら、平沢大河(ロッテ・内野手)

 現在ロッテのイケメントリオとして、平沢大河・成田翔・原嵩のルーキー3選手が売り出し中ですが、なかでも抜群のイケメンが平沢選手。切れ長な瞳に白い歯が輝く、気の強そうな整った顔立ち。昨年夏の甲子園では、準優勝ながらチャンスに強いスター性や長打力で魅せ、ヒーローに。オープン戦では苦戦しつつも打撃力を見せ、内野手が手薄になっている今のロッテでチャンスをつかめば、トントン拍子にベンチ入りする可能性も。「持ってる」選手としていっきに人気の出そうなイケメンです。

気になるイケメンルーキーはいましたか?

 ほかにも、少年のような魅力の鈴木昂平選手(オリックス)や、育ちの良い雰囲気の柴田竜拓選手(DeNA)がイケメン選手として人気が出るかもと、持木編集長。またイケメンとはちょっと違いますが、走・攻・守と抜群の能力を持っている重信慎之介選手(巨人)もルーキーとして要注目です。

 この春は、イケメンルーキーを観に、球場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

取材協力:『野球太郎』編集部
http://makyu.yakyutaro.jp/
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事