10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.04.09

リンスはどこへ消えた?コンディショナーとはどう違う?

 紫外線、摩擦、髪染め、パーマと現代人の髪は常にストレスを受ける環境にさらされています。髪のダメージケアに重きがおかれている今、ヘアリペア商品が増えました。とくにノンシリコンや自然派の洗髪材は当たり前になっていますね。シャンプーとともに店に並んでいるのはトリートメントやコンディショナー。あれ、何かが足りない?

 少し前までは主流だった「アレ」がありません…そう、「リンス」です!

 場所によってはまだ置いてあるところもありますが、リンスというもの自体がなくなっている気がします。

そもそもリンスって何?

 リンスとはもともと、「すすぐ」という意味があり、アルカリ性だったシャンプーを中和するため、酸性よりにつくられた中和剤でした。しかし時代とともに品質も役割も変わってきました。

 リンス、コンディショナー、トリートメント。シャンプーの後につけるのだから、どれも同じなのでは?

 東京・国分寺にたたずむ美容院、LUCE hairの小沢さんにお話をうかがいました。

 「もともとリンスとトリートメントは、まったくの別物なんです。リンスは髪を保護するコーティングの役割、トリートメントは髪自体を補修する役割を持っています。ですので、シャンプーで汚れを落とし、トリートメントをしてからリンスでコーティングするのが正しい使い方ですね」

 リンスは髪の外側をつるつるにして肌触りを良くしてくれるという効果も期待できます。

消えたというわけではなかった!?

 某化粧品会社に聞いてみました。リンスは消えた、というわけではありませんでした。実はみなさんもよく見かけるコンディショナーが、リンスの役割を引き継いでいたのです。

 でもコンディショナーの方がちょっと油っぽい気がする、と思いそのこともつっこんで聞いてみますと、やっぱりそれは気のせいではなかったようです。より保湿効果が高く髪の表面をまとめてくれるため、リンスの強化版として考えると良いようです。つまり概念としてはリンス=コンディショナーだったということです。

 さらに、最近のトリートメントにはリンスやコンディショナーの効果もついているというので、正直これだけで済んでしまいます。髪の修復ができる上にコーティングまでしてくれるなんて、贅沢ですね!

 髪を染めたり、縮毛矯正をかけたり、と髪を傷める現代人には、リンスよりもトリートメント、またはコンディショナーが求められるということなのですね。

それでもリンスが欲しい

 それでもあの、さらっとした仕上がりのリンスが欲しい!普段髪をいじらないから修復までいらない!そんな方のために、リンスはちゃんと売られています。

[おすすめリンス]

・サクセス

 さっぱりした洗いあがりが魅力のサクセスは、リンスもさっぱり!それなのに潤いもしっかりキープしてくれるのが嬉しいです。

・シャボン玉 無添加せっけんシャンプー専用リンス

 肌があれちゃうから優しいせっけんシャンプーで、というかたにはぜひこちらを。きしみがちなせっけんシャンプーの欠点を補ってくれます。

・メリット リンス

 コストパフォーマンスの良さと、リンスならではのさらさら感を味わえます。リンスインシャンプーもありますが、それぞれ効果が違うものなので、できれば分けて使うのがベター。

 ということで、リンスはちゃんと生きていたのです。今はすべてがそろっているトリートメントが主流ですが、自分に合ったものを選んで、サラサラの髪を手に入れてくださいね。
(10MTV編集部)