10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

AIやビッグデータを活用した車が自動運転の中心になる

自動運転が社会を変える(1)自動運転の民主化

加藤真平
東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授
情報・テキスト
自動運転の実用化は既定路線だが、加藤真平氏によると、その目安は2020年の東京オリンピック前後になるだろう。では実際に実用化されると、そのような社会になるのだろうか。そのポイントについて解説する。
時間:11:06
収録日:2018/10/23
追加日:2018/12/01
≪全文≫

●近い未来、自動運転の実現化は既定路線である


 東京大学の加藤真平です。私は、株式会社ティアフォーというベンチャー企業を創業しています。そこで今回は、自動運転に関して、どういう未来が訪れるのか、今大学でどういう研究が進んでいるのか、あるいはベンチャー企業やわれわれが一緒に活動している大手の企業がどういうビジネスを描いているのか、そういったことを講義の内容にしたいと思います。

 自動運転がいつ実現されるのかについては、市場の立ち上がり、世界の動き、高齢化の進み方などによる社会のニーズ、こういったものによりますので、「この年に来ます」と断定することはできません。ですが、自動運転が実用化することは規定路線だと考えていいと思っています。目安としては、日本では2020年に東京オリンピック・パラリンピックがありますので、やはりその前後に自動運転の実用化が始まると思います。


●自家用車の自動運転機能は自動運転の一部にすぎない


 自動運転の話をする際、一番最初に感じるのは、自動運転という言葉に対して多くの方がおそらく少し違ったイメージを持たれているのではないかということです。ですから、世の中に今、どのような自動運転があるのかということから、話を始めたいと思います。

 今の社会において、あるいは皆さんの中で、自動運転はどのように捉えられているでしょうか。おそらく、自分の家にある自動車に自動運転機能が付いていて、好きなときにその車を自分が運転することができ、自分が運転をしたくないときには車が勝手に運転してくれる、そういった捉え方をされている方が多いのではないかと思います。

 これは、テレビのコマーシャルや、自動車メーカーさんのマーケティングなどから来るイメージです。つまり、個人に車を販売することが自動車メーカーさんのビジネスですから、そのビジネスに向けたマーケティングの効果によって、自家用車が自動運転化されるのではないかと多くの方が考えているということです。

 これは、ある意味で正しい理解です。実際に、少し高い高級車を買うと、自動運転機能がすでに付いている状態です。例えば高速道路や、一般道でも白線がしっかり見えているようなエリアなど、非常に限定的ではありますが使えるということで、今の市販の自動車にも自動運転の機能が付いているのです。そして、このような状況はこの先も続くでしょうし、皆さんがお持ちの車が自動運転機能を持つという未来は、遅かれ早かれやってくると思います。


●AIやビッグデータを活用した無人の車が自動運転の中心になる


 しかし、今の世の中で非常にホットトピックになっている自動運転は、AIやビッグデータといったテクノロジーが入ってくるような自動運転のことで、実のところ、皆さんが所有する個人の車をメインターゲットにはしていません。これからの時代の自動車は、もしかしたら、その在り方が大きく変わってくるかもしれません。今までは、一家に1台が当たり前のように、皆さんが自分の自動車を所有していました。それが、これからある程度の長い年月をかけて、徐々に自動車を所有しなくなってくるかもしれません。実は、自動運転という技術が実用化に近づいていくと、そういった社会がやってくるかもしれないのです。

 なぜそうなるかといいますと、自動車が自動運転化されるとき、その車の中に人が乗っていなくても、道路を走れるようになっていきます。そうすると、皆さんが今、車を駐車している時間が著しく減っていく、あるいはその時間を減らすことができます。そして、無人の車がその辺りの道路を走るようになるかもしれません。

 また、今存在しているサービス事業として、タクシーというものがあります。自動運転という技術が実用化されていくと、さまざまな乗り物をタクシーのように使えるようになってくるかもしれません。それは、ロボットがタクシーを運転しているようなイメージです。


●自動運転技術によって、これからの車社会は所有から利用へと進む


 そして、そういったロボットカー、あるいはロボットタクシーが増えていくと、今度は、皆さんが車を所有しなくなってくるかもしれません。なぜならば、道路を歩いているとき、ロボットタクシーに出くわす機会がどんどん増えていくからです。少し先の街に出かけるときや、あるいは職場に行くときでもいいですが、ある地点から別の地点に1キロメートルや2キロメートルほど移動をするようなシチュエーションを、想定してみてください。この場合、自分の車で行って駐車場に止めておくよりは、走ってくるロボットタクシーに乗って目的地に行った方が、駐車場代はかからないですし、車の保険も個人で負担しなくてもいいですし、そもそも交通渋滞がどんどん減っていくと思われます。

 このように、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。