テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス対策のポイントは?

新型コロナウイルスの克服(1)3月末までの対策の是非

橋本英樹
東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 保険社会行動学分野 教授
情報・テキスト
新型コロナウイルス問題の全体像を、どのように把握すべきか。日本の感染者数がそこまで増加していないのは、少ない検査数が原因であると考えられている。しかし実際には、戦略的な事情や法的な問題も関わっている。(全5話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:03
収録日:2020/03/27
追加日:2020/04/01
≪全文≫

●新型コロナウイルス対策で次にどのような手を打つかが一番のポイント


―― 皆さん、こんにちは。本日は、東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻の橋本英秀樹教授に、新型コロナウイルスの問題についてお話いただきたいと思います。よろしくお願い致します。

橋本 お願い致します。

―― 今般、非常に厳しい形で感染が広がっています。まず、総論的に先生からお話をお伺いしたいと思います。ここまでの日本の対応は、全体として総括した場合、どのように評価されていますでしょうか。

橋本 今(収録日)は2020年3月27日(金)でおよそ1週間後にこの動画が配信されているとすると、その頃には、状況もいろいろと変化していると思います。具体的には、ロックダウン、いわゆる封鎖措置が取られている時期だろうと想定しています。皆さん、いろいろなメディアで感染ピークの図をよく目にしたと思いますが、日本は今、ロックダウンに入ろうとする状況にもかかわらず他国に比べて、感染ピークが低めに出ていました。こうした状況になっている点については批判もあるのですが、私は全体的に見れば、日本はここまでかなりうまくやってきたと思います。その理由については後ほど触れます。問題は、これまでうまくやってきたからといって、今後もうまくいくわけではないということです。むしろ、ここまではうまくいき、時間が稼げた分、次にどのような手を打つかをじっくり考えて動く必要があります。ここが一番のポイントです。


●保健所の存在が感染者の増加を抑えている


―― 日本は欧米諸国に比べると、比較的早くから新型コロナウイルスの症例が出ました。しかし、蔓延のスピードははるかに遅かった。その理由としては何が一番大きいポイントでしょうか。

橋本 これに関しては、科学的に説明しきれない状況です。一部では、検査を行っていないため、実際の感染者数が見えていないという見解もあります。その部分も確かにあるのですが、全般的に見た際、感染者数が低い一番の要因は、幸いにして日本が島国国家で、人の移動が非常に少なかったことが挙げられます。移民の数も限られていますし、海外の動向、特に中国の動向を見て、観光客もさあっとひいていきました。その分、しばらく耐えることができたことが一番大きい理由だと思います。

 もう1つは、保健所の存在です。幸いにして日本には、保健所を中心とした公衆衛生体制があり、これが集団で地域の健康状態や疾病の動向をしっかり把握して動いています。アメリカにもCDC(疾病予防管理センター)という大きな機関があるのですが、一番問題なのは、中央がいくら優秀でも、それを末端にまで伝える組織があるかどうか、です。日本にはそれがありました。これはものすごく大きいことです。後ほど、保健所を中心とした日本の公衆衛生体制について、お話ししたいと思います。


●そもそも何のために検査をやっているのか


―― 分かりました。それではまず、こうした事柄の前段階として、検査についてお聞きできればと思います。新型コロナウイルスの感染が進んだ際、先ほどの先生が挙げられたように、検査が少なすぎるのではないかという議論が起こりました。他方で、イタリアや韓国のように全量検査を行ってしまうと、むしろ感染は拡大してしまうという議論もありました。反省的に振り返れば、どちらが正しいといえるのでしょうか。

橋本 まず、そもそも何のために検査をやっているのかという問題があります。検査は、誰が陽性なのかを調査した上でウイルスの存在を把握し、その情報を防御に用いるために行うものです。イタリアや韓国は、非常にたくさん検査を実施したのですが、それによって対応や治療が改善したわけではありません。検査には2つの使い方があり、症状で管理するかと、検査の結果を踏まえて客観的に管理するかというものですが、それだけの違いしかないのです。そのうち、今のような危機管理的な状況においてどちらがすばやく管理できるかといえば、前者でしょうが、わざわざ検査しなければいけないというほど強いものではないと思います。


●資源が限られたなか、初期段階での一斉検査は正しい使い方ではない


橋本 ただし、最終的にウイルス感染を終息に向かわせる際には、どこまで人がウイルスや抗体を持っているのか、それがどれくらいの量なのかを把握する必要があります。それにより終息の時期について目処をつけることができるからです。これを把握するためには、検査は広く実施したほうが良いでしょう。しかし、緊急の状況に入る最初の段階、つまり感染者が出始めたというときに一斉に検査を実施するのは、限られた資源の使い方として、あまりうまくない方法だと個人的には思います。

―― なるほど。それは病気の特性にも関連しているのでしょうか。例えば、もう少し...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。