テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「和歌みくじ」で運をつかむ…現代に息づくおみくじの知恵

おみくじと和歌の歴史(5)現代の和歌みくじ

平野多恵
成蹊大学文学部日本文学科教授
情報・テキスト
『おみくじの歴史 神仏のお告げはなぜ詩歌なのか(歴史文化ライブラリー583)』(平野多恵著、吉川弘文館)
平野多恵氏提供(吉川弘文館より)
明治時代に入り、おみくじは大きな転換期を迎える。神仏分離令を契機に、江戸の歌占とは違う新しい和歌みくじが作られるようになるのである。その流れで現代に至るわけだが、注目したいのが明治神宮の和歌みくじだ。神道学研究の第一人者が監修したこのおみくじには吉凶がなく、明治天皇の御製と昭憲皇太后の御歌だけでできている。明治神宮のおみくじの意義とはいかなるものか。さらに、平野多恵先生ご自身が監修した「天祖神社歌占」と「千年和歌みくじ」、さらに歌占を現代的にアレンジした「歌占カード」を取り上げながら、現代の和歌みくじについて解説する。(全5話中第5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:15:13
収録日:2023/11/10
追加日:2024/01/17
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●神仏分離令が契機――明治時代の和歌みくじ


―― 平野先生、今(第4話では)、江戸時代における歌占本(うたうらぼん)の流行について教えてくださったわけですけれども、明治維新以降、それがどのように変わっていくのでしょうか。

平野 実は先ほど(第4話で)ご紹介した漢詩みくじは、漢詩の「観音籤(かんのんせん)」とか「元三大師御籤(がんさんだいしみくじ)」というのですけれども、その漢詩みくじはすごく江戸時代に流行っていて、神社でも当時、今と違って神仏習合で、神社をお坊さんが治めていたりですとか、あるいは、お寺の中に神社があったりとか、そういった神仏習合は普通だったのです。

 それが明治維新になって、神仏分離ということで、神社は神社、お寺はお寺という神仏分離令が出されたのです。それによって、それまでは神社でも仏教の漢詩みくじを使っていたところはけっこう多かったみたいなのですけれども、神社は神社のおみくじを新しく作らなければいけないというような流れになってきて、それで、和歌みくじが江戸の歌占とは少し違う新しい和歌みくじとして作られるということになっていきました。

―― はい。先生にまたこちらも貴重なご本をお持ちいただいたのですけれども、こういうご本ですね。これは何のご本になるのですか。

平野 これは明治3年に作られた新しい和歌みくじの本なのです。『神籤五十占』といって、1番から50番まであるのですけれども、国学者が出雲大社にこもって、神様のお諭しの歌をいただいたと書かれています。

 これまでは神社でも仏籤、つまり漢詩みくじを使っていたのだけれども、明治のご維新があって、神様のおみくじを作らなければというので作られたものです。これは実は今も、例えば東京であれば王子神社ですとか、あるいは京都だったら吉田神社ですとか、いろいろなところでこのおみくじの歌が使われています。

―― 中を読みますと、ちょうど今開いたところが「第二十七号吉」とあったりしますけれども、最初に和歌が書いてあって、いろいろと、まさにおみくじのようなことが書いてあるのですね。

平野 そうですね。このお諭しの御歌は、ということで、どういう意味があるのかということが書いてあって、あとは、悦び事などの項目ごとです。訴訟とか、いろいろな項目が書いてあります。


●神道学研究の第一人者が監修した明治神宮の和歌みくじ


―― そのような形で、現代にもなじみがあるようなおみくじの形になっていくということでございました。それが果たして現代でどうなっているのかというところで、1つ例でお持ちいただきましたのが、明治神宮さんで引けるおみくじでございます。

 こちらが明治天皇の御製、こちらが昭憲皇太后の御歌ということで、本当に潔いぐらい和歌だけでできているということですね。

平野 そうなのです。こちらの明治神宮の和歌みくじは吉凶がついていないのです。それこそ先ほどから申し上げているように、神様のお告げの歌というのが、人間にメッセージとして示されて、それはもともと吉凶がついていたものではなかったのです。なので、こうして吉凶なしで、その御祭神の歌のメッセージを伝えようとされているのは、おみくじのもともとのあり方というものを思わせるおみくじです。

 このおみくじはただものではないと思うのですけれども、やはり作った方がただものではなかったのです。当時、神道史、神道学の研究者として第一人者だった宮地直一という方がいて、明治神宮の創建にも深く関わった学者なのですけれども、その方が監修し、作られた和歌みくじということです。

 明治天皇と昭憲皇太后は、生涯で2人合わせて10万首以上の歌を詠んだといわれていますけれども、その中から30首厳選して、人々のためになるような歌が選ばれているというおみくじです。

―― こちらは明治神宮ということでございますが、先ほどの浅草寺さんと同じように、ちゃんと英語の訳なども入っていて、歌の意味などもこちらに入っています。表に小さくではありますけれども、この歌をローマ字でどう読むかというのも書いてあるということで、明治神宮は外国の方も行かれることが多いと思いますので、こういう日本のおみくじの伝統などというのも解説されたりすると、またそれはそれで「それでこの歌なのだね」という話の種として非常に面白いものかと思います。

平野 そうですね。海外の方はおみくじが大好きみたいで、先ほどの浅草寺さんのおみくじも海外の外国の方が皆さん、じっと見ていらっしゃるのです。すごくたくさんの方が引かれているので、このように英語で示されるというのも、これからの時代のおみくじとしていいあり方だなと思います。

―― そうで...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。