10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.06.23

一般家庭の「光熱費と水道費」の平均は?

 除湿や冷房に、エアコンが活躍する季節になりました。となると、気になるのは電気代を始めとする光熱水道費。みんなは一体どのぐらい使っているのか。一般家庭の光熱水道費の平均額などを、総務省統計の数字から深掘りしてみました。

夏場の電気代、みんな意外に節約してた

 総務省統計の家計調査によると、一般家庭(二人以上世帯)における7月~9月の水道光熱費の平均支出額は、以下のようになります。

[7月~9月の光熱水道費の推移]



 夏場の電気代はその年が冷夏か猛暑かによって大きく異なります。そこで、3年間のこの期間の平均を取ってみると、9,765円という結果になりました。たいていは引き落としにしている水道光熱費ですから、家計の余裕に直接かかわってくる費目ですね。

ピークは2月、6~7月が需要の底?

 夏場だけでなく、年間を通してみた電気代はどうなのでしょうか。実は全国平均値を追っていくと、電気代のピークは1月から2月。日照時間が短いうえ、暖房にも電気が必要だからです。3月以降は徐々に落ち着いて、冷房も暖房も必要なく、日照時間の長い6月が最も電気代の低い月です。真夏から残暑にかけては冷房のための電気代がかかるため、8月・9月ではまた山を迎えます。

[月別電気代の推移(2016年)]



 北海道や東北、中部地方でも日本海側のような夏も涼しい地方では、8月~9月の電気代が低いのが特徴。その分冬の電気代は高くなります。年間を通した電気代の全国平均額は約1万円ですが、地方によってどのぐらい違いがあるでしょうか。

[電気代が高い順5都市(2016年)]



[電気代が安い順5都市(2016年)]



 最も安い神戸市の7,332円と最も高い福井市の12,416円では、約1,7倍の差があります。一般に大都市は光熱費が高いと思われがちですが、必ずしもそうではないようです。電気代の高い都市は、夏のフェーン現象が起こりがちな地域。そのあたりも関係するのかもしれません。

ガス代をめぐる攻防はこの先どうなる?

 2017年4月1日に都市ガス自由化を迎え、注目されているガス代はどうでしょうか。

 ガス代については、給湯(お風呂をふくむ)と調理器具が中心となりますが、やはり水温の低い冬場は高く、夏場は低い傾向があります。直近のデータを見てみましょう。

[月別ガス代の推移(2016年)]



 年間を通した2016年の平均は4,897円。ガス代については、電気代以上に都市単位での格差が大きいのが特徴です。全国主要都市の高い順と低い順で、5つずつあげてみましょう。

[ガス代が高い順5都市(2016年)]



[ガス代が安い順5都市(2016年)]



 ガス代の支出額が最も安い宮崎市は2,852円、最も高いさいたま市の6,079円とは倍以上違います。これはいくら節約しても手の届かない現状があったから。すなわちプロパンガスか都市ガスかという違いです。一般に「プロパンガスは高い」と言われがちですが、決してそうではなさそう。自由化を迎えて、もう一度考え直してみたい費目です。

なぜ神戸市の水道光熱費は全国でも安いのか

 最後に、水道光熱費全体を都市で比較してみましょう。2016年の全国平均額は21,177円でした。

[光熱費が高い順5都市(2016年)]



[光熱費が安い順5都市(2016年)]



 高い都市に東北・北海道がずらりと並ぶのには納得。しかし、神戸市が九州の主要都市より水道光熱費が少なくて住む理由は、いったい何なのでしょうか。神戸市では水道料金の据え置きを大きくアピールしていますが、それよりも電気代やガス代のかからなさが一番響いています。1995年の阪神・淡路大震災以来、ライフラインの貴重さを痛感したのが神戸市民だという説もありますが、果たしてどうなのでしょうか。

<参考サイト>
・総務省:2000年以降の時系列結果-二人以上の世帯=zenh-n.xls
・総務省:1世帯当たり年平均1か月間の収入と支出/都市階級・地方・都道府県庁所在市別/二人以上の世帯=a101-1.xls
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001172945
(10MTV編集部)

あわせて読みたい