10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.10.31

韓流ブームが過ぎ去ったコリアンタウン・新大久保の「今」

 韓国ドラマ「冬のソナタ」が火をつけ、社会現象にもなった「韓流ブーム」も今や昔。かつて「韓流の聖地」と呼ばれた新大久保は今、どのような街に変貌を遂げようとしているのでしょうか。

4年間で約4割の韓国系店舗が消えた

 新大久保は2002年に日韓共催で行われたサッカーW杯や韓流ブームの到来で勢いがついた2000年代から韓国系店舗が増え始め、2010年頃には全盛期を迎えました。「コリアタウン」「韓流の聖地」として注目され、観光地化が進んだのもこの頃からです。

 2017年のレコードチャイナの記事では「日本最大のコリアタウンとして東京・新大久保界隈にある韓国系店舗は現在計384軒」と伝えています。依然として日本最大のコリアタウンであることは変わりませんが、下火となった韓流ブームや反韓デモなどの影響で、その店舗数は実に4年間で約4割も減少しました。

韓国系店舗の代わりに増えた他のアジア系店舗

 入れ替わる形で増えたのが、中国・台湾・ベトナムなど他のアジア系の店舗です。

 その中でこれまでなかった新しいお店の一つとして挙げられるのが、2017年9月にオープンした台湾に拠点を置くDOMO株式会社の「DOMO CAFE」です。コーヒー界のアカデミー賞とも称される「Nordic Roaster 2013」で1位に輝いた台湾の浅煎り豆と、京都の人気コーヒー店「カフェ・ヴェルディ」の中深煎り豆が看板商品で、洗練されたおしゃれな店内とあいまって、居心地が良いと評判です。

 また、若い女性を中心に流行った大粒のタピオカを太いストローで飲む台湾発祥のタピオカミルクティーのお店も賑わいを見せており、2018年2月には、インド、ネパール、タイ、ベトナムなど8カ国の料理が食べられる「新大久保 アジア屋台村」もオープンしています。韓国だけではなく、アジアを中心とする多国籍のお店が集まる街であることも新大久保の新しい魅力の一つとなっています。

流行の中心はやはり「女子高生」

 しかし、韓流も以前とはまた違った形で盛り上がっています。2017年にはチーズタッカルビ、2018年にはチーズドッグが大きな話題になるなど、最近ではインスタ映えする「韓国グルメ」が若者たちの人気を集めています。加えて、安くて質が良いと言われる「韓国コスメ」やTWICEやBTS(防弾少年団)をはじめとする「K-POP」アイドルも熱く支持されています。いずれも10代~20代の女性が中心であり、今も昔も流行の中心にいるのは女子高生と言えますが、その移り変わりが激しいのも事実。彼女たちの興味はいつ次に移っていくか、わかりません。

 こうした街の変化に対して、新宿韓国商人連合会のオヨンソク氏は「今の若い人たちは、自分が好きかどうかが判断基準。気軽に町歩きを楽しんでもらい、政治に左右されない街にしたい」と語っています。韓流もそれとは別の新しい流行も、どちらも新大久保には欠かせません。新陳代謝は街の進化を促します。これからどんな街に変貌していくのか、見守っていきたいところです。

<参考サイト>
・朝日新聞デジタル:ハットグ映える新大久保 日韓関係に翻弄されない街へ
https://www.asahi.com/articles/ASLDD3VHSLDDUQIP00P.html
・レコードチャイナ:反韓デモや韓流ブーム衰退が影響、新大久保コリアンタウンの韓国系店舗が4割減
http://www.recordchina.co.jp/b174602-s10-c20.html
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事