テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2024.02.15

「デリカシーがない」と感じる他人の行動は?

 「忖度」と聞くと、保身や身内贔屓の常套手段としての悪いイメージを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。しかし本来の「忖度」は悪い意味ではなく相手の気持ちや立場を推し量って配慮することで、言ってみれば「デリカシーがある」ということ。あり過ぎるのも問題ですが、デリカシーの欠如は日常生活において他人との摩擦の原因となることもよくあり、最近では「空気が読めない」という言い方のほうが使われていますが、人は他人のどんな言動に「デリカシーがない」と感じるものなのでしょうか。

 そこで今回は、20~40代の男女別に各15人ずつに「デリカシーがないと感じる他人の言動」についてアンケートしました。

女性が「デリカシーがない」と感じる人や行動は?

1:なぜ結婚しないの?なぜ子どもを作らないの?と聞く人
 
 「結婚したくてもできないのに、なぜ?と聞かないで。例えば、結婚願望は?とか、聞き方もあるでしょうに」(35歳)、「実は子どもが欲しくて不妊治療をしている人もいるのに、当然のように“子どもは?”と聞く伯母に腹が立つ」(33歳)。
 
 いずれも男性から聞かれればセクハラにもなる類いの質問ですが、既婚で家庭持ちのポジションの人からのこの手の質問が、最も「デリカシーがない」と思ってしまうというのが女性の意見。もし心配して聞くならば、一対一の場で聞くべきという声もありました。

2:コンプレックスや気にしていることを指摘する人
 
 「ちょっと太った?とすぐ言う人。それ言って誰が楽しくなるの?」(28歳)、「白髪が増えたんじゃない?とか、そのシミ早く取った方がいいとか皆の前で言い、サロンや薬などを薦めてくる友だち。親切心なのかもしれないが、余計なお世話」(41歳)。
 
 あなたのために、黙っているのが友だちじゃない、そんな世話焼き体質の人は、自分の意見を押し付けたいだけで言われた人の気持ちが分からないというケースもよくあること。求められていないアドバイスをするとデリカシーがないと思われがちです。

3:女性の年齢や外見に関する話を、女性の前でする男性

 「取引先の40代女性のことを、あのオバサンと呼ぶ同僚。同じ年の私も陰ではオバサンと言われているんだなと感じてしまう」(43歳)、「年上女性に、母と同じ歳だけど全然きれいで若いです、とか悪気なく言う後輩男子」(38歳)。
 
 年齢や、それに伴う容姿に関することに女性は非常にデリケートで、その場にいない女性のことを言っても「私も言われているのかも」と思ってしまうもの。また「若い子が好き」アピールをしている男性も、年上女性からはデリカシーのない男認定をされてしまうので要注意です。

男性が「デリカシーがない」と感じる人や行動は?

1:ウケればいい、面白ければアリ、と思っている人
 
 「すぐ人をハゲとかデブとかいじって笑わせようとする上司がいますが、その度に傷ついている部下に気づいていない」(35歳)、「飲み屋で、下ネタや異性関係の話を大声でする友だち。笑えるネタを持っていると自分に酔っていますが、他のお客さんにも嫌がられるし迷惑」(27歳)。

 特に男性にとっては、面白いと思われることに価値があるのかも知れませんが、そのために払う犠牲に気付いていないタイプは女性だけでなく同性間でも疎まれがち。ウケを狙ったつもりでも、聞く人の気持ちや場の雰囲気を考えないと火傷します。

2:成功自慢を繰り広げるナルシストな人

 「同級生で集まった時に、調子がいい自分のビジネスの話をずっとしているやつ。転職したり、異動で苦労してる仲間もいるので、控え目にやれと思う」(41歳)、「誰だって人の自慢話を長々聞くのは嫌なもの。それに気づかず自分の過去の栄光や武勇伝を、聞かせてやっているとばかりに話してくる上司にうんざり」(29歳)。

 上記の「面白いと思われたい」タイプと同様に、「すごいと思われたい」タイプもデリカシーのない人が多いよう。自分の話に自分で夢中になり、人の気持ちを考えられなくなるのは、鈍感さの顕われかもしれませんね。

3:散らかし放題、汚しっぱなしな大雑把な女性

 「泊まりに来ても、使ったタオルは床に、食器も洗わず帰って行く彼女。礼儀もデリカシーもなくて別れました」(33歳)、「妻の友達数人が遊びに来た時、料理の手伝いもせず飲み散らかして潰れ、起きたと思ったら終電がなくなると言って片付けもせずダッシュで帰っていった女性」(40歳)。

 男性の目から見ると、女性は男性よりもきれい好きで気配りができる生き物、という先入観があるものです。そのため、女性の衛生面や気遣いの部分に問題があると、他がきちんとしていても「デリカシーがない女」の烙印を押されてしまうことに。

悪気はないものの他人との関係性への意識が低いという共通点

 いかがでしたか?

 女性は自分自身のデリケートなことやプライベートに土足で踏み込んでくるような人に、男性はプライドを傷つけるような言動をしてくる人にデリカシーのなさを感じるという傾向が見えました。また、自分中心で周りが見えなくなる人、お節介にも他人事に首を突っ込む人、思ったことをそのままやってしまう人など、デリカシーがない人の多くは悪気はないものの、他人との関係性への意識が低いという共通点が。

 考えてみれば、デリカシーとは他者のために存在すること。空気が読めない、とデリカシーの足らなさを指摘されたことのある人は、自分の思いよりも、先ずは相手がどう感じるかを考えてから行動する心掛けをしたいものですね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本企業の弱点と人材不足の克服へ(1)膠着する日本経済の深層

日本経済はこの20~30年行き詰まりの状態にある。理由としては、会社の多角化によって生まれた各事業部の規模が小さすぎることが挙げられる。また、「技術があればいい」というマーケット軽視の姿勢も理由の一つだ。日本と業態...
収録日:2020/10/28
追加日:2020/12/27
西山圭太
東京大学未来ビジョン研究センター客員教授
2

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

地政学入門 歴史と理論編(5)地政学理論の先駆者たち

地政学の理論は、歴史的な事象の読み解きを可能にするだけでなく、同時代的な軍事的動向にも影響を与えていた。今回はその先駆的な提唱者として、アルフレッド・マハン、フリードリッヒ・ラッツェル、ハルフォード・マッキンダ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/28
小原雅博
東京大学名誉教授
3

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
4

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
5

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

石田梅岩の心学に学ぶ(8)鈴木正三『万民徳用』を読む(下)

江戸初期の商人は利を求めるのに忙しく、信心と離れた存在だと自らを卑下していたようだ。鈴木正三は『万民徳用』の「商人日用」において、彼らに対し、利益を追求するには「身命を賭して、天道に抛(なげうっ)て、一筋に正直...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/27
田口佳史
東洋思想研究家