10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.09.02

【仕事と年収】プリセールス(27歳男性)

 今回は「プリセールス」の方にお話をうかがいました。「プリセールス」とは、システム構築やソフトウェアを販売する際に、技術的な知識を用いてクライアントに提案を行い、営業担当者をサポートする職業です。別名「セールスエンジニア」とも言われます。

 そんな「プリセールス」の年収などのリアルなお金事情、その仕事の内容はどのようなものなのでしょうか?

【年齢】27歳(男性)
【住まい】東京都
【独身or既婚】既婚

経歴を教えてください。

 某私立大学を卒業し、新卒で今の会社に就職しました。お客様の課題を共に考え、最適な提案を行う業務にやりがいを感じ、自分自身が成長できる環境だと感じたため、この職業に決めました。

年収/月収/賞与について教えてください。

 額面で年収550万円、月収30万、賞与は190万です。グレードに応じて昇給します。

貯蓄額はおいくらですか?

 500万円です。

年間休日は?

 120日ほど。

仕事の内容は?残業はどれぐらい?

 プリセールスの仕事は、法人顧客の課題をヒアリングし、それに沿った最適な提案を行うことです。細かくブレークダウンすると、顧客分析、ヒアリングを基にした顧客課題の整理、その資料作成、改善策の提案、プレゼンテーション、自社及び他社サービスの学習、最新のITサービスの動向把握など、多数あります。

 残業はおおよそ月50時間くらいです。残業代も出ます。

この仕事の良い点は?

 自分自身の成長を感じやすいところです。お客様の課題を解決するために動く中、金融やIT知識が身につき、かつヒアリングやプレゼンスキルも高めることができるので、非常に楽しくやりがいを感じます。また、今の会社は給与についても成果に応じて評価される側面があるので、能動的に動くモチベーションにもなります。

この仕事の悪い点は?

 自分自身でプログラムを行なったり、サーバの設定などを行なったりはしないので、知識やスキルが広く浅くなってしまうことです。そもそも、プリセールスという職種自体が日本ではまだまだ馴染みがない側面があり、転職活動時には、まず相手に仕事を理解してもらう必要があります。

 さらに、多くの方が他のスペシャリスト(IT領域やファイナンス領域など)からプリセールスへ転職してきていますが、私は新卒からプリセールスの職に就いたため、専門的な知識や経験が足りないと感じることが多いです。

――――――――――

 「プリセールス」と聞くと、この方がおっしゃる通り、なじみのない方も多いかもしれません。しかし、国税庁が実施した平成28年度の民間給与実態統計調査の結果を見ると、20代後半の平均給与額は351万円。もちろん、会社の規模にはよるとは思いますが、27歳でこの年収とは、なかなか高給取りの職業のようです。

<参考サイト>
・国税庁HP「民間給与実態統計調査」より
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf
(10MTV編集部)

あわせて読みたい