10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.03.29

無駄だと思っても続けてしまう出費は?

 クレジットカードの明細を見て、思ったより出費が多いと感じたことはありませんか。月額課金のいわゆるサブスクリプション型で、毎月一定額を引き落とされている出費もまとまるとそれなりの額になりびっくりします。そんな時に気がつくことが多いのは出費の質や傾向です。

 今回は、無駄だと思っても続けてしまう出費についての声を集めてみました。

チリもつもれば山になる

 「最近、モバイルSuicaにしてから使用明細がスマホで確認できるようになって驚きました。コンビニで買うペットボトル飲料が多いこと多いこと!スーパーなどで買えば、60円台から買えるのに、100円以上も出してコンビニで毎日数本は購入しているという現実をつきつけられた感じで...ということで、なんとなく分かっていたのですがコンビニでの定価購入はかなりムダというか深刻なレベルでした」(27歳、女性)

 「風邪などちょっとした薬代がそうかも。病院に行って処方されたほうが安くすむんだけど、めんどくさくてドラッグストアに駆け込みます」(33歳、女性)

 「最近は、テザリングもそれほど高くないし、ノラも含めて街中のWi-Fi環境は充実しているんだけど、イザというときの保険として契約しているポケットWi-Fi代かな。年間でまとめるとそれなりの額になってしまうので...」(41歳、男性)

 「スマホの契約時にセットされたオプションサービスなど。ムダという認識はあるんだけど、解約する手続きが面倒くさくて放置している状態。でも、経費清算で、スマホの使用明細を確認するたびに、支払っている年間額を想像してウツになる」(41歳、男性)

 「あらためて気づいたのがタクシー代ですね。初乗りが安くなったとはいえ、経費精算でまとまったレシートを見ると、ドキドキします」(36歳、男性)

わかっちゃいるけど止められない

 「『ポケモンGO』の孵化装置代ですかね。ゲームの課金なので、まったくのムダとはわかるのですが、後発スタートで図鑑を早く埋めたくて、かなりムリしてます」(55歳、男性)

 「どうしても欲しいキャラがあって、ガチャ課金(ソーシャルゲーム)はやめられないです」(19歳、女性)

 「ズバリ、パチンコ代。それなりに勝つことはあるんだけど、トータルではかなりのマイナスかな。でも、自分のクリエイティブはパチンコ台に向き合っているときに(アイディアが)降りてくることがあるので、まぁ、仕事のスタイルとして止められない」(49歳、男性)

 「通勤時のスタバ代ですかね。コンビニのほうが安いんだけど、会社の隣にあるので習慣になっています。まとめた額は考えないようにしています」(28歳、女性)

 「観たい作品が分散しているので、複数契約している動画サービスですね。Amazonはもともとプライム会員だったのでよかったのですが、Hulu、Netflix、dTV、U-NEXTなど増えてしまいました」(57歳、男性)

 「コンビニのスイーツやお菓子代ですね。仕事帰りに、どうしても甘いものが欲しくなって...まとめ買いも考えるのですが、コンビニに寄るのが習慣化してしまって、ムダとわかっていてもやめられないコンビニ消費という感じです」(42歳、女性)

 「最近肩身の狭い喫煙族なのですが、やっぱりタバコ代ですかね。まわりに迷惑をかけたり、自分の健康面からも禁煙したところ、仕事に影響がでるほど集中できなくなって...結果、このままタバコを続けることにした次第です」(55歳、男性)

人間の行動傾向から無駄な出費の温床がよく分かる

 無駄だと思っても続けてしまう出費、様々な声が集まりましたが、塵も積もって愕然と反省するケース、生活習慣や仕事のスタイルで、分かっちゃいるけど止められないというように二つの傾向に分けることができそうです。

 こうした、人間の行動傾向から、少額課金にして解約の手間を設定しているサブスクリプションモデル、ゲームやタバコなど依存傾向が無駄な出費の温床になっているのがよく分かるのではないでしょうか。新年度に向かって思い切った仕分けを考えてみてもよいでしょう。
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事