10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.06.01

「恋愛依存症」になりやすい人の特徴

「恋」に依存してしまう心の状態

 家族愛、兄弟愛、友愛といった言葉がありますが、「愛」は誰に対しても与え、与えられができるものだと言われています。しかし、「恋」は誰でもいいというわけにはいきませんよね。しかし、なかには「恋」そのものに依存して、頻繁に恋人を変えたり、恋人を優先しすぎて自分を犠牲にしてしまうといったことがあります。これは俗に言う恋愛依存症。依存症とは、日常生活に支障を来すほど、何かにのめり込んでしまい、自分の力だけでは対応が難しい状態のことです。

 依存症には2つのタイプがあるといわれ、お酒やタバコ、薬物など依存性のある物質の接種による物質依存と、ギャンブル、スマホ、ネット、ゲームといったプロセス依存がそれに当たります。なかでも、恋愛依存症は後者に属します。

恋愛依存症に陥りやすい人の特徴とは?

 では、恋愛依存症に陥りやすい人とは、どんな特徴があるのでしょうか?

 ・ネガティブ思考である
 ・感情表現が苦手
 ・頑張り屋
 ・世話好き
 ・自分に自信がない
 ・家庭環境の不和
など

 一言に恋愛依存症といっても、その状態や至った経緯はさまざまだと思いますが、その多くはこのような特徴があげられると考えられています。

 しかし、短所と長所は表裏一体であるように、こうした要素が自分にあるからといって必ずしも恋愛依存症になるわけではありません。「頑張り屋」は、困難を乗り超えようとする「努力家」とも言えますし、「家庭環境の不和」がきっかけとなり、知人や家族を強く愛し、大切にしている人も多いでしょう。

 誰しもが何かの依存症なり得るのと同じで、さまざまな要因が複合的に絡み合い、恋愛依存症となってしまうのです。

カウンセリングは依存症脱却の有効な手段

 恋愛依存症は、恋人、むしろ恋愛そのものに依存してしまっているので、「恋人に捨てられるのが恐い」「嫌われたくない」という気持ちが強くなり、何でも相手に合わせようとして無理をするということがあります。常識的でない時間に会いに行く、無理をして高価なプレゼントを贈る、酷いときはDVなどの暴力に耐えるといったことも……。いくら辛い、不安だ、嫌だと思っても、自分でコントロールができないのが恋愛依存症のみならず、「依存症」の恐ろしいところなのです。

 改善策としては、没頭できる趣味を見つけたり、自分の時間を大切にするなど、恋愛以外のことで充足感を得ることがあげられます。しかし、もっと根深い状態にある場合、思い切って、恋愛依存症を専門にしているカウンセラーや臨床心理士の方に看てもらうというのは有効な手段です。

 カウンセリングというとハードルが高く感じられるかもしれませんが、体は定期的に検診を受けて健康状態をチェックしていますよね? それと同じように、カウンセリングは「心の健康診断」です。話しやすく、人として信頼できる先生を見つけることができれば、一人で悩むよりもずっと状態はよくなっていくはずです。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい