テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.08.12

ビジネスマンの「スニーカー通勤」アリ?ナシ?

 ビジネスマンの間で「リュック」が増加中なのは、満員電車に乗るとすぐわかります。その足元で静かに人気を集めているのが、「スニーカー通勤」です。なぜスニーカー通勤が増えているのか、これからどうなるのかなど、調べてみました。

スーツを着るビジネスマンの保守的な足元意識

 スニーカー通勤を牽引したのは、実はお役所。2017年10月に「FUN+WALK PROJECT(歩きやすい通勤プロジェクト)」の一環として、スポーツ庁がスニーカー通勤を提唱したのが、ことの始まりでした。

 その時点での意識を、「週に4~5日はスーツを着用する」20代から50代の男性を対象に調べたアンケートがあります(調査元は、靴の輸入・販売を手がけるロックポート ジャパン株式会社)。

 当時、「スニーカー通勤したいですか」の問いに、「とてもしたい」と答えたのは2割以上。「したい」「どちらかというとしたい」を足すと、5割強になります。「どちらとも言えない」様子見族が3割ほどいて、「どちらかというとしたくない」から「絶対にしたくない」の拒否派は2割弱でした。

 一方で、スニーカー通勤が可能だった会社は全国で4割以上(西日本は5割近く)。それでも、実際には「ビジネスシューズを週に4日以上履く」人が96.8%。「スニーカー通勤をしたくて、会社も禁止してはいないのに、履いていない」のが、ほとんどのビジネスマンでした。

 職場で許容されているのにスニーカー通勤をしたくないと回答した人の理由は、1位「スニーカーはスーツに合わない(51.4%)」、2位「ビジネスマンとして革靴を履くことはマナーだ(37.1%)」。この強固な思いは、どのようにくつがえされてきたのでしょうか。

「健康」は東京オリンピックが次代に残すレガシー

 2018年3月、鈴木大地スポーツ庁長官を中心とする「FUN+WALK PROJECT」のキックオフイベントが時事通信ホールで開催されました。登壇した関係者は、もちろん全員がスニーカーで足元を固め、「国民の健康こそ、2020年東京五輪大会のもたらす大きなレガシーである」と、意識の切り替えを促しました。

 健康面でいうと、「20代~50代のビジネス世代は、60代以上よりスポーツ実施率(週に一度以上スポーツをしている割合)が低い」という驚きの結果も発表され、「このままではヤバいかも」と密かに運動不足を懸念していた層を直撃します。

 モデルによる『FUN+WALK STYLE』は、こうすればスニーカーでもビジネス現場にマッチすると提案するファッションショー。「フォーマルスタイル」と「カジュアルスタイル」の男女それぞれ2組の着こなしが紹介された後は、2017年から福井県庁が取り組んできた『スニーカービズ』の実績が伝えられました。一般企業からは、アサヒ飲料、アシックスジャパン、高島屋、ドコモ・ヘルスケアの事例が続々と紹介されました。

 この日登壇したのは人ばかりではなく、ご当地キャラの数々も。1日の歩数にあわせて、これらのキャラがどんどん変身したり、1千歩ごとにたまるポイントが割引クーポンに交換できたりする「FUN+WALK」アプリ発表のためでした。アプリはGoogle Play、App Storeからスマホにインストールできるようになっています。

スニーカー就活もパンプス追放も?

 こうした動きを受け、企業が自ら後押しする動きも活発化しています。

 ロート製薬は、2019年1月から1日の歩数などに応じて社内通貨「ARUCO(アルコ)」がもらえる仕組みを導入し、会社が運営するレストランでの利用や休暇の取得ができるようになりました。住友生命保険やアサヒ飲料も、スニーカー通勤を「解禁」していることが報じられています。

 最近、目を引いたのは、日航が新たに設立したLCCがユニホームに白と黒のスニーカーを取り入れたというニュース。2020年夏に就航する「ZIPAIR(ジップエア) Tokyo」の国際線で導入される予定で、動きやすさを重視した制服にあわせて採用されました。

 さらにジョンソン・エンド・ジョンソンが、スニーカーでの就職活動を解禁し、他社への波及を呼びかけています。絆創膏ブランド「バンドエイド キズパワーパッド」のキャンペーンとして「#スニ活」を提案したのです。「靴ずれが減ると、バンドエイドは売れなくなるかもしれませんが…」と、あえて提唱した姿勢に賞賛が寄せられています。

 折から、SNSでは女性の「仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたい」とグラビアアイドル・女優・ライターの石川優実さんが「#KuToo」のハッシュタグを発信。2019年6月には18,856人の署名とともに要望書を厚生労働省に提出しています。

これならOK!「スーツに合うスニーカー」

 さまざまな広がりを見せる「スニーカー通勤」ですが、メーカー側では通勤を意識したモデルを増やしています。はるやま商事では、スーツにも合う「レザースニーカー」を開発するとともに、アシックスの「テクシーリュクス」シリーズを販売しています。

 セレクトショップのユナイテッドアローズが発売する「ドレススニーカー」やコールハーンの「グランドエボリューション」などは、正面から見ると、とてもスニーカーとは思えない仕上がりです。さらにナイキ、ニューバランス、アディダスといったトップ・メーカーでは、ブランド公式のカスタムサービス(オーダーメイド)を始めており、スーツ用にカスタマイズした一足を発注する手もあります。

 相手あってのビジネスですから、不快感や違和感を与えないマッチングが何より求められます。売れ筋が黒やネイビー、ブラウンなどの落ち着いた色合いなのも納得。日本のビジネス・スタイルは、足元から進化していくでしょうか。

<参考サイト>
・FUN+WALK PROJECT
https://funpluswalk.jp/
・読売新聞:ビジネスにスニーカー、違和感なく履きこなすには
https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180411-OYT8T50080/
・朝日新聞 :スニーカー通勤、あなたもいかが 大企業が続々「解禁」
https://www.asahi.com/articles/ASM285FLCM28PLFA00Z.html
・朝日新聞 :日航新LCC、制服にスニーカー採用 動きやすさを重視
https://www.asahi.com/articles/ASM4C4FGBM4CULFA00F.html
・BAND-AID:「#スニ活」キャンペーン
https://www.band-aid.jp/campaign/sunikatsu
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者