テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.09.16

男性に聞く「追う恋/追われる恋」どちらが理想?

 恋愛の駆け引きはなかなかスリリングです。男性にとって、アプローチが激しすぎる女性は敬遠ぎみという話を聞いたことはありませんか。「追う恋/追われる恋」どちらがよいのか、男性の声を取材してみました。

「追う恋」派

・追われるよりは追うパターンが多いですね。声をかけられることや誘惑はそれなりにあるのですが、好みでないことが多くて、つきあうこともあったけど、やはり、何か物足りなくて、自分の理想にできるだけ近づけたいというのが本音です。(30代・自営業)

・ガツガツこられるとひきますね。最近の女の子は積極的なので。対応間違えると、ひどいことにもなるので、そんな雰囲気の子は避けるようにしてます。自分からは、積極的に攻めるんですけどね。なんでだろ。(20代・会社員)

・恋愛は駆け引き含めて楽しみたいので、ベタに告られたり、つきまとわれたりすると一気に冷めるかな。追い続けるのもしんどいですが、マウント取り合うくらいの駆け引きがしたい感じ...「かぐや様は告らせたい」的なところで。(30代・会社員)

・中学の時に言い寄ってくる子とワケわからないままつきあったコトがあるんだけど、メルヘン系というかメンヘラ系というような「重さ」で、それがトラウマになって、すり寄ってくる子は警戒するようになって、恋愛は自分から行くようにしてます。(20代・学生)

・小中と自分に自信がもてなかったんだけど、いわゆる高校デビュー!積極的に女の子にアピールしてみたら、思いがけなくもウマくいって...それ以来、無理目な女性でもまずは口説くことに!(10代・学生)

「追われる恋」派

・恋愛よりは仕事なので、女性からきてくれるとうれしいかな。(20代・会社員)

・ずっと片思いがつづいて、勇気をだしてコクっても全滅で、恋愛はもういいかなと。でも、優しくされたら、簡単に落ちそう。追われてみたいです...(30代・会社員)

・積極的なキャラではなくて、どちらかというと草食系なので、襲われたい願望あり。(20代・学生)

・ガツガツこられるとひきますが、どちらかというと追われてみたいですね。(30代・会社員)

・ストーカーっぽい粘着系は問題外だけど、タイミング良くアプローチされる分には悪くないかな。好みでない子でも、つきあってみると意外に相性が良かったりすることもあるので、いまは「追われる恋」派です。(40代・会社員)

恋愛経験に応じて積極的に!

 具体的なコメントは少なかったのですが、取材してみると男性は圧倒的に「追われたい」という声が多かったのですが、恋愛経験の多さに応じて「追う恋」派が多くなるという傾向がありました。もともとの狩猟本能が目覚めたのか、よりよい遺伝子をのこしたいという本能なのか、マッチングを楽しむようになるようです。

 総論としてウブな草食系男子はある程度積極的にアピールしてもよさそうですが、恋愛慣れした男性にはベタなアピールは避けたほうがよいようです。男性にしても、女性にしても、ガツガツと踏み込むような身勝手で自己中心的なアピールは歓迎されません。とはいっても、どちらかのアピール無しで恋愛成就はありえません。なので、最初のアプローチは互いに快/不快を念頭に置くようにしたいものです。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之
2

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恆存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
3

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
4

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
5

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地政学入門 歴史と理論編(2)なぜ地理が重要なのか

国際政治を地理的要素に着目して分析するのが地政学だが、なぜ地理が国家間の政治を考える上で重要な要素になるのか。その理由は地理が持つ「不変性」にあると小原氏は言う。また、地理を考えるときに欠かせないのが地図で、見...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/07
小原雅博
東京大学名誉教授