テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.10.03

最強と言われる「楽天経済圏」とは何か?

 楽天と聞くと、まず何が浮かぶでしょうか。楽天市場、楽天ゴールデンイーグルス、楽天銀行、楽天モバイル……。ここで挙げただけでもショッピングモールから球団経営、銀行などと幅広いですが、楽天グループはもっともっとあります。楽天トラベル、楽天ブックス、楽天ペイ、ラクマ、楽天でんきといったところを利用している人もいるでしょう。あらゆる分野で知名度がありますが、これらの楽天グループでは「楽天ポイント」を媒介してユーザーを囲い込んでおり、ここで生じる「楽天経済圏」は、かなり強いようです。

サービスを横断的に使える「楽天ポイント」

 楽天Marketing Platform naviによると、楽天エコシステム(経済圏)は、Eコマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など、70を超えるサービスを展開しているとのこと。世界での楽天会員数は1億以上、楽天市場出店店舗数47,940店舗、連結売上高は1.1兆円となっています。

 ではなぜ、一つのグループがなぜこんなに幅広い分野に進出し、これだけのユーザーを獲得できているのでしょうか。鍵はやはり「楽天ポイント」です。消費や貯蓄、投資まで楽天経済圏に集約することでポイントが効率良く貯まり、このポイントをまたさまざまな楽天グループのサービスで現金同様に利用できます。つまり、楽天のサービスを利用してもらえるポイントは、楽天グループ内での限定通貨といってもいいかもしれません。また、この枠組(楽天グループ)が、広い分野に拡大すればそれだけポイントを使えるジャンルの幅が上がります。この作用が楽天経済圏をより拡大させる力となっています。

楽天ポイントは投資やスマホ利用料の支払いにも使える

 楽天カード(クレジットカード)は、基本となるカードの年会費は無料です。電子マネー決済は楽天Edy、また最近急速に拡大しているQRコード決済では楽天ペイがあります。楽天市場で買い物をする際は、他の楽天グループのサービスの利用状況に応じて、最大○倍といったように、獲得ポイント率が上がります。つまり、複数のサービスに加入していればいるほど、多くのポイントが貯まります。また、貯めたポイントを使って楽天証券で投資信託を購入できたり、楽天モバイルの利用料を支払ったりすることも可能。さらに、提携している会社のポイントやANAのマイルなどは、一定の割合で楽天ポイントに交換できたりするなど、利用の幅は広がっています。

 すでに、買いものは楽天市場、ケータイは楽天モバイル、お金は楽天銀行に預けて、資産運用は楽天証券で、という人もいるでしょう。ちなみに楽天銀行と楽天証券の両方の口座を作ってマネーブリッジという設定をすると、楽天銀行の普通預金の利率は大幅にアップするといった特典も。また、ほとんどのサービスで共通したIDとパスワードを使えるので、いくつもIDとパスワードをメモしておく必要もありません。こうして経済圏に入ってしまえば、かなり得をすることは間違いないでしょう。では問題はないのでしょうか。

広告メールは多いかも知れない

 もちろん、楽天経済圏に問題がないわけではありません。他社のポイントから楽天ポイントに交換するのは制限があり、やや面倒で時間がかかります。また、キャンペーンによっては、エントリーすると必要のないメールマガジンに自動登録させられたりすることも。また、ポイントアップキャンペーンが楽天の都合によって改悪されることも起こります。クレジットカードや銀行といった生活の基盤は、なかなか他の会社のものに変更するのも億劫ですよね。こうして、納得はいかないけれど、まぁ大きな損はないからしょうがないか、となることも考えられます。

 また、さまざまな楽天のサービスを使えば楽天ポイント還元率が高くなることは間違いないのですが、分野や状況によっては、楽天外のサービスのほうが安く済むこともあります。グループ内全てでサービスの質が高いというわけでもありません。

フィッシング詐欺に気をつけよう

 問題の一つは、もしフィッシング詐欺によってIDが盗まれてしまった場合、被害が大きくなることが考えられます。実際に過去、楽天を装った偽メールに応じるままにIDとパスワードの入力を要求するものもあったようです。もちろん、このあたりは、ユーザーのリテラシーの問題でもあるとは思われます。しかし、さまざまなサービスを共通IDとパスワードで利用することのリスクの存在は否めません。

 一方、楽天もセキュリティにはかなり意識を持っていることも確かです。楽天銀行での取引はセキュリティの側面からログインするたびにスマホで認証をとる二段階認証を推奨したり、楽天カードでは多くの場合、利用してしばらく経つと利用確認メールが送られてきたりします。もちろん、楽天のサービスに限らず、こういった、セキュリティに対する意識も利用者はしっかり持っておかなければなりません。

<参考サイト>
・1分で分かる楽天エコシステム(経済圏) │楽天Marketing Platform navi
https://adsales.rakuten.co.jp/business/rakuten/
・楽天から不正ログインされたというメールが届いた|INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/dlis/1133705.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授