テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.12.09

「同性受けがいい」男と「女にモテる」男が違う理由

 男性からは人気があり友達も多いのに、なぜか女性にはモテない。そんな男性はあなたの学生時代にもいたはず。「いい男なんだけどなあ...」と同性からは思われていても、女性にはさっぱりウケない男性には、どんなモテない理由があるのでしょうか。

男性に聞く「男から慕われる男」とは?

 まずは男性20人に、同性から人気のある男性の特徴やその理由についてアンケートしてみたところ、以下のようなポイントが「男モテ」には必須だという結果に。

・正直で裏表がない
 「見栄っぱりや裏表のある男は男同士ならすぐ分かるから、ストレートな性格の男を友達にしたい」、「裏で何を考えているか分からないやつより、飾り気がないくらいの男が信用できる」と、やはり男の友情には信頼できるかどうかがポイントのよう。男が惚れる男は、竹を割ったような性格です。

・女性の前で急にカッコつけない
 女性が絡むと激変する男性は同性から嫌われています。「いつも一緒にバカやっているのに、女性の前では”俺はお前らと違う”みたいな態度のやつは人気ない」とか「女性には気を遣ってもいいけれど、男女で態度を変えない男はかっこいい」と誰に対しても同じように振る舞う男性は慕われています。

・フットワークが軽く付き合いがいい
 「明日早いから…」「彼女がうるさい…」と、付き合いの悪い男性は男からはモテないよう。「引越しの時に頼んでないのに車を出して手伝いに来て、進んで家具も組み立ててくれた友達。いい男だなと思う」という声や、時には後先考えずに飲みに付き合ってくれるタイプが男性に人気があります。

・ケチケチしていない
 男同士でも「ケチ」かどうかは見られるポイント。「金欠な人にはサラっとおごったり、誰かが多く支払う時は”俺も出すよ”と出し惜しみしない男。男から自分もこうなりたいと思われるタイプ」「お金の払い方でずるいやつかどうか分かる」と、お金の扱い方で男性からの信用度は測られます。

・ノリが良く、面白い
 盛り上げ役ができたり、バカになれるお調子者くらいの男性も「男モテ」するよう。「特に男同士で居る時は、おもしろいやつが欲しい」「ノリのいい男がひとりいるだけで楽しい雰囲気になるので重宝される。年上男性からもモテる後輩力のあるやつは、とりあえずノリが良い」と大人気。

「男にモテる男」の特徴を女性視点でチェック

 上記のような、「男にモテる男」の特徴は、女性から見るとどう見えるのでしょうか。そこで女性20人に、それらの男モテポイントに意見を出してもらい、その違いを探ってみました。

・正直で裏表がない
「そこは女性にとっても大切ですが、不器用過ぎる印象だとモテない」、「陰がある男性に魅かれる女性も多いので、正直どストレートなキャラだと色気を感じないかも…」などの厳しい意見が。ありのまま生きているタイプや、バカ正直な男性は、それだけで女性にモテるのは難しそう。

・女性の前で急にカッコつけない
 「女性の前でカッコつけないのは、どうせモテないとか、女に媚びるのはカッコ悪いとか、頑なでプライドが高い印象で逆効果なことも」、「ちょっとはカッコつけられる男性の方が、自分を女として見てくれているのを感じるしモテるのでは?」という声も。多少は女性の前でカッコつけるのも必要?

・フットワークが軽く付き合いがいい
 「便利な人になってしまい女性に都合良く使われることも多いのでは?」という意見や、「こういうタイプは男同士でばかりつるんでいてモテない」「彼女より男友達優先になる男性のパターン。自分を優先してほしい女性にはモテないかも…」と、女性への優先度の低さが気になる女性が多くいました。

・ケチケチしていない
 こちらのポイントは「出す時には出す男はモテる」と女性からも賛同の声が多く集まりました。しかし「あんまり金遣いが荒くてすぐおごっちゃうタイプは先々心配」、「大盤振る舞いしちゃう男性は、金銭感覚がルーズでお金が貯まらない」という意見も。無理をするより、メリハリが大事なようです。

・ノリが良く、面白い
 「あんまりノリが良い男は遊んでそうで苦手。太鼓持ちっぽい男性も嫌」「おもしろい男性はモテますが、お調子者や自虐ギャグで盛り上げるタイプは痛くてモテないかも」と、冷静な見方も。女性が男性に求めるおもしろさは、みんなに笑われるのではなく自分を笑わせてくれる男性ということなのかも。

男にモテる男は、「男友達」にはちょうどいい?

 アンケートを読むと、男性には信頼できて仲間意識を持てる男性が人気がありました。一方、女性からするとそんな男性は「色気を感じない人」、「子どもっぽい人」、「皆にいい人」に映ってしまうこともあるようです。女性たちにはもう少し男としての特別感があるキャラクターがモテるという印象がありました。

 もちろん男性から嫌われている男性は、女性にも嫌われることが多いはずですが、よく言われる「男にモテる男こそがいい男」というのは、ベースであってそれだけでは女性にはモテないもののよう。「男にモテる男」は、女性にとっても「男友達としては合格」というライン上。モテるためには、もう一歩女性へのアピールが必要なのではないでしょうか。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本企業の弱点と人材不足の克服へ(1)膠着する日本経済の深層

日本経済はこの20~30年行き詰まりの状態にある。理由としては、会社の多角化によって生まれた各事業部の規模が小さすぎることが挙げられる。また、「技術があればいい」というマーケット軽視の姿勢も理由の一つだ。日本と業態...
収録日:2020/10/28
追加日:2020/12/27
西山圭太
東京大学未来ビジョン研究センター客員教授
2

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

地政学入門 歴史と理論編(5)地政学理論の先駆者たち

地政学の理論は、歴史的な事象の読み解きを可能にするだけでなく、同時代的な軍事的動向にも影響を与えていた。今回はその先駆的な提唱者として、アルフレッド・マハン、フリードリッヒ・ラッツェル、ハルフォード・マッキンダ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/28
小原雅博
東京大学名誉教授
3

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
4

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
5

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

石田梅岩の心学に学ぶ(8)鈴木正三『万民徳用』を読む(下)

江戸初期の商人は利を求めるのに忙しく、信心と離れた存在だと自らを卑下していたようだ。鈴木正三は『万民徳用』の「商人日用」において、彼らに対し、利益を追求するには「身命を賭して、天道に抛(なげうっ)て、一筋に正直...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/27
田口佳史
東洋思想研究家