テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.02.05

あの企業が展開している意外なビジネスとは?

 ミスタードーナツを運営しているのは掃除用具レンタルで知られるダスキン。これは比較的知られているかもしれません。一方、音響機器のオーディオテクニカがすしロボットを作っていると聞くとどうでしょう。また、精密機器メーカーの富士フイルムは化粧品を製造販売しています。いずれもちょっと意外な組み合わせという感じがします。ここではこの3社について、どうしてそうなったのかという点に注目しながら、少し詳しくみてみましょう。

なぜダスキンはミスド事業を始めたのか

 ダスキンがミスタードーナツ・オブ・アメリカと事業提携契約を行ったのは1970年。翌年に第1号店をオープンします。ダスキン創業者の鈴木清一氏は、当時日本では普及していなかったフランチャイズビジネスに興味を持ち、アメリカに渡ってミスタードーナツの創始者に出会います。ここから日本でのミスドがスタートします。今でこそコンビニを始めとして、フランチャイズビジネスはかなり広がっていますが、当時、斬新な手法としてこのビジネスモデルを日本に取り入れて一気に展開したのがミスタードーナツでした。経営の手法としてフランチャイズをいち早く取り入れ、日本で展開させたのがダスキンです。ダスキンは現在では、清掃関連サービスにとどまらず、オフィスへのドリンクサービスや家事代行サービス、自然派化粧品・健康食品の販売などさまざまな新しい分野に進出しています。

オーディオテクニカのすしロボット

 オーディオテクニカと聞けば、その会社名からしてまず思い浮かべるのは、もちろんオーディオ機器です。しかし、実は世界すしロボットを開発・販売しています。しかもシェアは世界2位。音響機器でも評判のいい会社ですが、すしロボットの世界でもトップクラスです。このすしロボットはスーパーや宅配寿司、回転寿司などで用いられ、すでに30年もの歴史があるとのことです。1980年代前半に、CDが発売されたことにより、オーディオ業界でアナログからデジタルへの変化が起こります。この危機感から新事業の模索が始まり、「シャリ玉成形機(すしロボット)」が開発されたとのこと。現在では海外での日本食ブームに乗って世界約50カ国で使われています。

富士フイルムの化粧品

 富士フイルムはフジカラーで知られた写真フィルムの会社です。使い捨てカメラ「写ルンです」は1980年代後半から大ヒット商品となりました。現在でも同社のカメラには手堅い人気があります。一方で、化粧品「アスタリフト」シリーズやヘルスケア商品などもヒットしています。富士フイルムは、写真フィルムの薄い膜の内部に微粒子を安定的に配置する技術「ナノテクノロジー」を開発しました。この写真フィルムの厚みは人の肌の角質とほぼ同じ厚み。また、写真のフィルムは「コラーゲン」を主成分としています。人の肌にとって「コラーゲン」がとても重要であることは誰もが知るところでしょう。つまり、写真フィルムを高精細に表現するための技術は、ひとの肌の健康に応用されています。

 こういった事業開発の背景には、カメラがフィルムからデジタルへと変化する流れがあります。また、医療用医薬品を展開する企業を買収し、バイオ医薬分野の会社を設立するなど、医学分野への展開を進めると同時に、内視鏡やX線画像診断装置といった旧来の映像技術に関連する分野も継続的に発展させています。同社は今後こういった「予防・診断・治療」までを含めたトータルヘルスケアカンパニーを目指していくとしています。

共通点は手元の技術の先への模索かもしれない

 どこも思い切った分野に手を伸ばして多角化しています。共通点としては、どの企業も業界に変化の兆しが見えた段階で新たな事業を展開している点ではないでしょうか。ダスキンが本業以外に手を広げたのは高度経済成長が終わる1970年代初頭、オーディオテクニカはCDが出回りだしてすぐに、富士フイルムもキャノンとニコンがフィルム式カメラから撤退する年には、化粧品を売り出しています。

 もちろん、成功はしていなくとも、これまでにもたくさんの企業がさまざまなチャレンジをしてきたことでしょう。専門家の分析記事を読むと、経営の多角化は一筋縄でいかないようです。少なくとも、自社の持つ技術とは全く異なる業種を買収してうまくいった事例は少ないようです。しかし、自社の技術に固執していても世の変化から置いていかれます。成功している企業で言えることは、現段階でうまくいっている物事の先を見て、次に何をするか、常に次を模索するということなのかもしれません。

<参考サイト>
・ミスタードーナツの歴史│ミスタードーナツ
https://www.misterdonut.jp/museum/history/
・【あの有名企業の異分野進出】音響メーカーのオーディオテクニカが「寿司」で成功した理由|リクナビNEXTジャーナル
https://next.rikunabi.com/journal/20150109/
・富士フイルムについて> 事業領域> ヘルスケア│富士フイルム
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/aboutus/solution/healthcare/index.html
・「本業消滅」を乗り越えた企業の"重要な共通点"|東洋経済ONLINE
https://toyokeizai.net/articles/-/291305
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恆存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授