テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.02.15

最新家電でどれぐらいの電気代が節約できる?

 気が付いたらこの冷蔵庫、何十年使っているんだろう?エアコンは家に住み始めてからずっと同じものを使っている。壊れたわけでもないし、最新版を買うのももったいないかな――。そんな家電が思い当たる人は少なくないと思いますが、もしかしたら買い替えた方がお得かもしれませんよ。なぜなら省エネ性能が昔に比べると格段に進化しているからです。

エアコンは6年程度で元が取れる?

 環境省のサイト「しんきゅうさん」では簡単に電気代の比較をすることができます。例えば20年前に購入した500リットル程度の冷蔵庫を使っているご家庭が買い替えをするとしましょう。同程度の大きさの2018年モデルや2019年モデルへ買い替えると、年間で電気代が1万円以上の節約になるのです。具体的な商品名を出すと、パナソニックのNR-F504GV-N(価格コムで最安値16万円強)に買い替えると16470~18900円の節約になる、と「しんきゅうさん」が試算してくれました。8年~10年ほどで元が取れることになります。

 続いてエアコンで比較してみましょう。冷蔵庫と同じく20年前に購入したとし、リビング向けに11~17畳用、しかも新旧ともに三菱電機製品(新規購入はMSZ-ZW4019S。価格コムで最安値は11万円強)と入力してみました。すると、年間の電気代は17880円節約できることになるため、冷蔵庫より短く約6年で元が取れます。この試算はおおまかな条件設定のもと出されたものなので、居住地域や暖房、冷房をそれぞれ何時間使うか、住戸形態や部屋の向きなど細かい条件を入れてより精度の高い節約額を見ることもできます。試しに寒冷地で暖房を長時間使う設定にしてみたら、年間の節約額は3万円を超えました。

 もちろんただ単に電気代が安くなるだけではなく、最新版の家電ならではの新機能も使えるわけです。初期費用こそかかってしまうものの、「買い替えはもったいない」ではなく、「買い替えないのはもったいない」と言っても過言ではないかもしれません。とはいえ、壊れていないものを買い替えるのもなかなか踏ん切りがつかないもの。2019年10月のように消費増税があればその前に駆け込む、というのも選択肢としてあったのでしょうが、そうそうよくあることではありません。消費増税がよくあったら困ってしまいますよね。

各家電が安くなりやすい時期はいつ?

 そのような大きな節目を除けば、値段が安くなりやすい時期を狙うのがおすすめです。「安くなりやすい時期」のポイントは2つ。1つ目はどの家電にも共通して言えるのですが、年末年始のセールや3月の決算時期を狙うこと。もう1つは、ジャンルによって異なってくるのですが、新商品入れ替えの時期を狙うこと。型落ちの製品がグッと安くなります。ドレカウの記事「家電の安い時期っていつ?買い時の解説 」によると、冷蔵庫は9月、縦型洗濯機は6~8月、ドラム式洗濯機は8~10月、エアコンは10~11月、テレビは7~9月とのこと。よっぽど画期的な新商品でもない限り、最新の家電と1年前の旧式の家電で省エネ性能が大幅に変わることはそれほど多くはありません。優先度の高い機能が新商品にしか付いていない!などの事情がない限り、旧式を買ったほうがコスパが良いケースが多いと言えます。

 記事冒頭に挙げた「しんきゅうさん」は例として出した冷蔵庫、エアコン以外にもテレビ、温水洗浄便座、照明器具などの新旧比較ができるほか、省エネランキングも参照できます。省庁がこうした便利なサイトを作っていたのはちょっと意外ですが、民間企業のサイトだと広告の兼ね合いもあるのでフラットに評価するのは難しいのかもしれないですね。今後家電の買い替えを検討する際にはぜひチェックしてみてください。

<参考サイト>
・省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」|COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。
https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/
・価格.com - 「買ってよかった」をすべてのひとに。
https://kakaku.com/
・家電の安い時期っていつ?買い時の解説 | dorekau ドレカウ
https://dorekau.com/6915
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授