テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.10.23

職場の「怒りっぽい」人の特徴と付き合い方

 怒りっぽい人といえば、誰しも接した経験があるのではないでしょうか。困ってしまうのは、職場での怒りっぽい人です。距離を置ければよいのですが、関係が濃厚となる上司や部下であるなら、その扱いには苦慮します。本コラムでは、このような職場における怒りっぽい人の特徴や処し方について考察します。

怒りと叱り

 怒りの対象がご自身であるなら、相手のみを怒りっぽいと非難することは公平ではありません。まずは、ご自身の非についての反省が必要になります。自分の間違いといった瑕疵が思い当たらずに、怒りをぶつけられつづけると、心身ともに疲弊します。「怒り」とキレやすさは、ともに自身の感情をコントロールできない人の特性とみることができます。注意しておきたいのが、その人のことを考えて、反省を促すための「怒り」である場合です。思慮や配慮のある「怒り」=「叱り」にはきちんと対応すべきことを念頭におきながら、怒りっぽい人の特徴を考察してみましょう

怒りやすい人の特徴

・執着心があり、支配欲が強い
・感情に左右されやすく、さらに感情の起伏が激しい
・自己顕示欲が強く、自身の正当性を疑わないプライドの高さ
・何事にも細かく神経質
・せっかち
・コンプレックスがあり小心者で臆病

 上述した特徴は、思い通りにならないイライラを誘発しやすい気性ということができます。すぐに怒って気分をおさめてくれればよいのですが、対応の仕方によっては怒りを増幅させる可能性があるのが恐ろしいところで、なおかつ、対処のヒントにもなっています。怒りの感情は、思い通りにならないことがその要因として想定できます。職場の上司の怒りは、思い通りにならない部下の行動や成果に向けられます。怒りの発露ともいうべき、大声や暴言・暴力は相手を竦ませる効果があり、怖い人間であることをアピールして、部下の恐怖心を煽って支配することを狙います。

上手な付き合い方

 怒りっぽい人のタイプにもよりますが、上手な応接の仕方や対処方法があります。

 怒り人の特徴からその心理を想像すると、思い通りにならないことから、「支配したい」「優位にたちたい」「自分が正しい」ことのアピールと捉えることができます。

 怒られた場合、感情を感情で返さずに、冷静になって、第三者視点で状況を分析しましょう。相手の思い通りにならなことの原因は何か、冷静になればその意味を考えることができます。避けるべきは、逆ギレや反論などです。

 例えば、プライドが高く、自身の考えに疑念のない上司には、TPOをわきまえて、何か話しているときには異論や反論があっても口を挟まずに聞き流すのが肝要です。聞き流す=話を聞いていないと誤解されないように適度な相づちを打つことも必要です。また、「○○さんの××なアイディアは我々部下からはでてこないものですが、~」というように、意見するときには、上司のプライドを損なわないよう配慮を欠かさないように。

 怒りっぽい人で小心者・臆病なタイプには、否定的な言葉を避け、肯定的な言葉と文脈になるように会話するのが上手な付き合い方になります。

 プライドに配慮したり、地雷を踏まないよう、気を遣う対処法にはエネルギーが必要です。怒りにさらされるとそれどころではないことも。そんな時には、気張らずに受け流しつつ、距離を置くようにしましょう。

あわせて読みたい