テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.06.25

「痛風」の原因とその予防法は?

 風があたるだけでも痛いという「痛風」。最もよく知られた生活習慣病で、苦しんでいるおじさまも少なからず、です。これまで美食とアルコールが原因の「ぜいたく病」と揶揄されてきましたが、近年の研究では食生活以上に遺伝子変異の影響が大きいことがわかってきました。ひどい目にあう前に、どんな症状なのか、原因や予防法について知っておきましょう。

痛風とはどんな病気?

 痛風は最も古くから知られた病気の一つです。よく知られている症状としては、足の親指のつけ根が赤く腫れ、激しく耐えがたい痛みを発するというもの。体内の尿酸がトゲトゲと結晶化し、関節の間にたまり、チクチクと炎症を引き起こすという病状で知られています。

 一般的には、20代以上の男性に多く発症するといわれています。東京女子医大で行った1992年の調査では、男性が98.5%、女性は1.5%と報告されています。女性の発症例が男性より少ないのは、女性ホルモンの働きによるところで、腎臓の尿酸の排泄を促す効果があるためです。

 公益財団法人である「痛風・尿酸財団」のサイトに掲載された歴史を見ていくと、エジプトから発掘されたミイラの関節にも尿酸結晶が確認されただけではなく、紀元前の医学者ヒポクラテスによる症例報告も確認されているとのこと。西洋史上、マケドニアのアレクサンダー大王、プロシア国王フリードリヒ大王、フランスルイ十四世、宗教改革のルター、芸術家レオナルド・ダ・ビンチ、詩人ダンテ、文豪ゲーテ、スタンダールやモーパッサン、物理学者ニュートンなどが痛風に苦しんだことが報告されています。

痛風の原因は?

 痛風の原因は、体内でつくられる尿酸にあるとされています。尿酸は一般的な血液検査の項目にもあるので見たことがあるのではないでしょうか。尿酸値が7mg/dl以上を「高尿酸血症」、高尿酸血症の結果、尿酸が結晶化して関節にたまり、激痛などの発作が加わった場合を「痛風」と呼んでいます。

 多くの国民を悩ませる痛風ですが、驚愕の事実として、日本において痛風は明治以前には確認されていなかったとのこと。安土桃山時代のポルトガル人宣教師のルイス・フロイス、明治時代のドイツ人医師ベルツの記録から検証されているようです。日本で痛風が劇的に増えたのは、食生活が欧米化していく、1960年代以降のこと。こうした歴史から、痛風の原因は、食習慣の影響が大きいと考えることができそうです。

 尿酸はプリン体という成分が肝臓で分解されて生じる老廃物です。食事から摂取されるプリン体は体内で最終的に尿酸に代謝されて尿酸プールを増大させます。そのため、肉や魚介類をたくさん食べると痛風になりやすいことが知られています。また、アルコール飲料では、含まれるプリン体量はあまり多くはありませんが、アルコールの作用が加わって尿酸値が上昇します。お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、特にビールを飲む人の危険度が高いと報告されています。

痛風の予防法は?

 痛風に至る高尿酸血症ですが、その予兆はあるのでしょうか、また予防策はあるのでしょうか。

 第一に、肥満傾向が予兆になります。総カロリーを制限しつつ、偏食を避け、多品目を少量ずつ、ゆっくり噛んで、食べることを心がけましょう

 第二に、アルコールを控えることが重要なポイントです。アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られ、その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積すること、一部のアルコール飲料には尿酸の元になるプリン体が多く含まれていることなどがその主な原因です。アルコール飲料にマッチングするプリン体を多く含む食材もありますが、特にプリン体が多く含むビールを飲み過ぎないように注意しましょう。

 第三に、季節を問わず尿が一日2リットル以上になるようにすることが理想です。少なくとも毎日2リットル以上の水分をとることが肝要です。

 第四に、軽い運動を行うこと。ウォ-キングなどの有酸素運動は尿酸値を上げず、痛風の人に多い高血圧などの合併症にも有効です。

 最後に、精神的ストレスをうまく緩和することを心がけましょう。高ストレス状態は暴飲暴食につながります。のんびりゆっくり過ごすといったストレス対策が必要です。

<参考サイト>
公益財団法人 痛風・尿酸財団
https://www.tufu.or.jp
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者