テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.11.28

世代別にみる貯蓄1000万以上の人の割合

 世代や環境にもよりますが、きりのよい数字で、学生時代は100万円、社会人になってからは1000万という貯蓄額の目標値をよく耳にします。低金利の時代に銀行に預けておくくらいなら、投資にまわす人も多いでしょうが、いざというときのための貯蓄額として1000万はあらまほしき金額といえます。今回は、貯蓄額1000万以上を達成している人がどのくらいいるのかについて迫りたいと思います。

「貯蓄1,000万円以上」の割合は?

 2021年1月に公開された金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」をもとに、「貯蓄1,000万円以上」の世帯について、一人暮らし、二人以上の暮らしにわけて、世代別にみていきましょう。ちなみにこの貯蓄とは、金融広報中央委員会が定義する金融資産になります。事業性金融資産や手もとの現金や貴金属等は含まない家計が保有する金融資産全般とし、預貯金は定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、「運用」目的で蓄えている部分のみとのこと。

[単身/一人暮らし世帯]
世代:貯蓄1,000万円以上の割合
20代:1.7%
30代:9.1%
40代:17.3%
50代:20.2%
60代:32.2%

[家族/二人以上世帯]
世代:貯蓄1,000万円以上の割合
20代:4.0%
30代:20.4%
40代:32.7%
50代:42.0%
60代:46.7%

 20代で1,000万円以上貯蓄があるという方はさすがに少数派です。単身よりも家族世帯、また、30代、40代と加齢とともに1,000万円以上貯蓄があると答える割合は増加していきます。注目したいのは家族世帯で、子どもの教育資金など、何かと物入りな40・50代でも30%以上が、60代にいたっては10人中4人以上となる46.7%が貯蓄1,000万円以上を達成しています。

1000万以上お金を貯めるには

 何かと不安要素の多い老後の資金として、1000万以上の貯蓄はしておきたいもの。実際にはどのように貯めればよいのでしょう。

 一般的には、収入を増やす、無駄な支出を抑えるが基本になりますが、生活習慣として「先取り貯蓄」がお勧めです。

 お金が貯まらない世帯の多くは、月々の収入から支出を差し引いて余った額を貯蓄するとように考えます。この場合、差額が0もしくはマイナスにもなりかねない生活習慣になります。

 一定の収入があるのであれば、貯蓄額をあらかじめ差し引いて、支出をコントロールする、これが「先取り貯蓄」です。給与から差し引かれて貯蓄される財形など、システム的に貯蓄する方法もあります。

 貯蓄ゼロから1,000万円を目標にするのであれば、期間設定10年で月額約8.3万円、期間設定20年で月額約4万円、期間設定30年で月額約2.7万円ずつ「先取り貯蓄」していけばよい計算になります。

 ある程度貯まってきたところで、確度の高い投資を組み合わせて運用できれば、金融資産1000万以上も夢ではなくなるでしょう。

<参考サイト>
・知るぼると:家計の金融行動に関する世論調査
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恒存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授