テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.12.07

降水確率50%は雨が降るのか?

 お出かけするときに気になるのはお天気。傘をもっていくかどうかの判断は天気予報の降水確率だったりしませんか。降水確率80%だったりすると、かなり降りそうなイメージがありますが、実際はパラパラとしたにわか雨程度だったり、逆に降水確率0%だったのに豪雨になってしまったというレアなケースもあります。今回は、そんな人騒がせなイメージを払拭しつつ、降水確率の真実にせまりたいと思います。

降水確率の意味とは?

 降水確率について気象庁のサイトで確認すると、「降水確率予報で確率60%といった場合、そのような予報を100回発表すると約60回で対象時間内に1mm以上の降水があり、約40回で1mm以上の降水がないことを意味しています」と説明されています。

 降水確率の数値はあくまでも確率であり、降水の量を推し量ることはできないということになりそうです。降水については、1mm以上の雨が「降る」「降らない」の2つの可能性があり、「降る」に対する確率のみが発表されることになります。つまり、降水確率の大小は降水量の激しさとは全く関係がなく、降水確率と予測される降水量は比例しないということを覚えておきましょう。

降水確率0%でも雨は降る?

 降水確率は、予報区内で一定の時間内に1mm以上の雨が降る確率になります。注意したいのは、予報区内であれば場所については特定せず、どこでも同じ確率であること、つぎに、数値は平均値として0%から100%まで、四捨五入され10%刻みの値で発表されることです。つまり、「降水確率0%」でも0~4%の間の数値になることから降る可能性があるということ、また、「降水確率100%」でも96~100%の間なので、降らない可能性があることを意味します。

降水確率の精度は?

 降水確率予報が開始されたのは、1986年(東京地方のみ1980年から)になります。意外にも最近のことなんですね。日本において初めて気象観測所が開設されたのが、明治5(1872)年であることからもデータ集積としては少なく、近年の気候変動の大きさを鑑みると確率の精度はまだ伸び代がありそうです。気象庁のデータの分析からの数値予測は、2018年以降、AI(人工知能)などの最新の技術が適用されているとのこと。

 また、民間でも、ウェザーニューズ社のように、気象庁が設置している約1,300地点のアメダスだけでなく、全国に約1.3万地点の気象観測網を備え、さらに、ウェザーニュースアプリのユーザーにも小型気象観測機を3.5万台からのデータ解析により、予報精度の高いサービスを提供してる会社も出てきました。

 異常気象が続く昨今ではありますが、降水確率に限らず、天気予報については官民一体となっての精度向上を期待したいです。

<参考サイト>
・気象庁:降水確率予報との比較
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kisetsu_riyou/explain/prob_precip.html
・weathernews:精度の高い予報を支える3つのポイント
https://weathernews.jp/about_forecast/point.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

「同盟の真髄」と日米関係の行方(1)日本を占う3つの選挙と軍事作戦

2024年は日本にとって重要な選挙が3つある。それは1月に行われた台湾総統選、4月の韓国総選挙、そして11月のアメリカ大統領選である。これらの選挙結果は、ロシア・ウクライナの戦争や、ガザ地区での紛争が収束の気配を見せない...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/06/12
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
3

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

運と歴史~人は運で決まるか(1)ソクラテスが見舞われた「運」

歴史における「運」とはどういうものだろうか。例えば、富裕と貧困という問題について、「運」で決まるのか、あるいは「運」とは異なる努力、教養、道徳などの要素で決まるのかという点でも、思想家たちの考え方は分かれる。第1...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/04/18
山内昌之
東京大学名誉教授